プロ野球契約更改2017【楽天編】則本や注目選手の年俸一覧まとめ

 

プロ野球契約更改2017・楽天
プロ野球契約更改2017!

今回は楽天編の注目選手をピックアップしていきます~!

楽天は2013年に優勝して以来、低迷しているというのもあって、チームの総年俸が17億2044万(2016年)ということで12球団中でも10位です。

とくに生え抜き選手の年俸が極端に低いので、ここが改善されたらチーム力がアップするといえますね。

何せ、シーズン通して二桁のホームランに到達した選手はまだ現れていないのでそろそろ出て来てもいいのかなという感じはします。

投手陣においては過去でいうと岩隈投手、田中将大投手、現在では則本投手という球団を代表する投手がいるだけに、そろそろ生え抜き野手でも一流クラスの選手が現れてほしいですね!

というわけで、この記事ではプロ野球契約更改2017【楽天編】の注目選手を一覧でまとめてみましたのでご覧ください~★

スポンサーリンク

則本昂大

楽天契約更改・則本昂大
2016シーズン成績:28試合/11勝11敗/防御率2.91
2016シーズン年俸:1億5000万

2017シーズン年俸⇒2億円(3年契約)

いまや押しも押される楽天のエース、則本昂大投手。

今年も開幕マウンドを務め、7回3失点11奪三振で勝利。
これで新人からの4年連続開幕投手。2リーグ制になって初めてだそうです。

シーズンを通しても28先発、195.0イニング、216奪三振はいずれもリーグトップ。
2016年の年俸1億5000万円からの大幅アップも納得ですね。

今江敏晃

楽天契約更改・今江敏晃
2016シーズン成績:89試合/打率.281/3本塁打/23打点/2盗塁
2016シーズン年俸:2億

2017シーズン年俸⇒2億

ロッテから移籍し、初めてのシーズンを終えた今江敏晃選手。
通算300二塁打、通算1500安打などを記録し、打率.281、3本塁打という成績を残しました。
その一方でケガや打撃不振などで戦列を離れることも。

ケガさえなければ、もっと活躍が期待できる選手ですね。

2017年からは、登録名を「今江年晶」と変更で気合いが入っています~!

松井稼頭央

楽天契約更改・松井稼頭央
2016シーズン成績:56試合/打率.213/2本塁打/13打点/3盗塁
2016シーズン年俸:1億6000万

2017シーズン年俸⇒7000万

MLBから戻り、楽天に所属して6年目。
頼れるベテランとして、若手からの信頼も厚い松井稼頭央選手。

2016シーズンは一年を通して調子が上がらず、出場わずか56試合、打率.213と、低調な成績に終わってしまいました。

2017年は42歳を迎えるだけに、このまま力が衰えていくのかと少し心配です。

抜群の身体能力の持ち主ですから、もうひと踏ん張りしてほしいものですね。

嶋基宏

楽天契約更改・嶋基宏
2016シーズン成績:80試合/打率.271/2本塁打/17打点/4盗塁
2016シーズン年俸:1億1000万

2017シーズン年俸⇒1億

日本を代表する捕手であり、プロ野球選手会長も務める嶋基宏選手。

2016シーズンは、左手首の骨折などで戦列を離れることが多く、出場は80試合、打率.271、17打点にとどまりました。

シーズンの目標は3割、50打点と公言していたので、残念なシーズンだったと思います。
2017年、復活が期待される選手の一人ですね。

茂木栄五郎

楽天契約更改・茂木栄五郎
2016シーズン成績:117試合/打率.278/7本塁打/40打点/11盗塁
2016シーズン年俸:1200万

2017シーズン年俸⇒3200万円

2015年ドラフト3位で、早稲田大から入団。
名前が古風だからか、新人なのにベテランの雰囲気がありますよね。

ルーキーイヤーの2016年は、「6番・遊撃手」として開幕戦にスタメン出場し、シーズンを通して活躍。

116試合に出場して打率.278、40打点、7本塁打は立派なものです。

パ・リーグ新人では唯一の規定打席到達ですから、素晴らしいデビュー年だったといえるでしょうね。

茂木栄五郎(楽天)の彼女は?新人王はどう?兄弟や家族を調査! 

松井裕樹

楽天契約更改・松井裕樹
2016シーズン成績:58試合/1勝4敗/10H/33S/防御率3.32
2016シーズン年俸:6500万

2017シーズン年俸⇒9000万

2013年ドラフト1位で、桐陰学園高校から入団した松井裕樹投手。

プロ2年目の2015年からクローザーに転向し、活路を見出しましたね。

2016年8月には、11試合に登板して9セーブ2ホールド、防御率0.69をマーク。
パ・リーグ投手部門の月間MVPを初受賞しました。

いよいよ脂が乗ってきた左腕、2017年の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

島内宏明

楽天契約更改・島内宏明
2016シーズン成績:114試合/打率.287/9本塁打/41打点/10盗塁
2016シーズン年俸:2100万

2017シーズン年俸⇒3300万円

プロ5年目の島内宏明選手。
2016年は114試合に出場し、打率.287、98打点、9本塁打と、覚醒しました。
100打点、2桁本塁打まであとわずかでしたね。

ここが一つのカベなんでしょうか。

もともと思い切りのいい打撃が身上ですから、2017年にはこのカベを打ち破ってほしいものです。

ちなみにニックネームは“ウナギイヌ”(笑)。いじられキャラなんですね。

藤田一也

楽天契約更改・藤田一也
2016シーズン成績:120試合/打率.265/0本塁打/46打点/1盗塁
2016シーズン年俸:1億1000万

2017シーズン年俸⇒1億1000万(現状維持・複数年契約)

2016年、2年ぶり3回目のゴールデングラブ賞を受賞した、守備のスペシャリスト。
二塁手としてのシーズン守備率.993、失策4でリーグトップでした。
抜群の安定感ですね。

打撃でも三振の少ない選手として定評がありますね。
プロ13年目となる2017年も、ベテランの妙味を発揮してほしいものです。

後藤光尊

楽天契約更改・後藤光尊
2016シーズン成績:50試合/打率.250/2本塁打/10打点/45盗塁
2016シーズン年俸:9000万

2017シーズン年俸⇒(※契約更改後に更新※)

プロ15年目の大ベテラン。
2016シーズンは代打起用が多く、代打としては15打数6安打。

藤田選手が戦列を離れたときは二塁手として先発出場もしましたが、8月に登録抹消。
オフには戦力外となってしまいました。

12球団合同トライアウトに最年長で挑戦したようですが、2017年はどうなるんでしょうか。

銀次

楽天契約更改・銀次
2016シーズン成績:125試合/打率.274/2本塁打/43打点/1盗塁
2016シーズン年俸:8100万

2017シーズン年俸⇒7600万

プロ入り7年目の銀次選手。

闘志あふれる戦いぶりで若手を引っ張る選手会長でもあります。

ですが、もう一つカベを打ち破れば年俸1億円の大台も間違い存在だけに、現状では少し物足りなさも感じさせますよね。

2017年の覚醒に期待しましょう。

スポンサーリンク

塩見貴洋

楽天契約更改・塩見貴洋
2016シーズン成績:24試合/8勝10敗/防御率3.89
2016シーズン年俸:3000万

2017シーズン年俸⇒4000万

入団5年目の本格派左腕。
2016シーズンは一年を通して先発ローテの一角を担い、新人の年以来となる規定投球回数に到達。

負け越しのシーズンとなりましたが、チームには貢献しましたよね。
2017年は背番号を「11」から「17」に変更し、心機一転でのぞむようです。

オコエ瑠偉

楽天契約更改・オコエ瑠偉
2016シーズン成績:51試合/打率.185/1本塁打/6打点/4盗塁
2016シーズン年俸:1200万

2017シーズン年俸⇒1200万

2015年ドラフトでもっとも注目を集めた新人選手の一人、オコエ瑠偉選手。
高校生ルーキーながら、足と肩はプロでもトップレベルとの高い評価ですね。

ルーキーイヤーだった2016年は、高校生新人で唯一、開幕一軍入りを果たしましたが、やはりプロの壁は厚かったようで、一軍定着はできませんでしたね。

契約更改は現状維持ではありましたが、今後の成長に期待大です。

オコエ瑠偉の身長や父・母の国籍は?平沢大河と比較!彼女の噂や年俸は? 

美馬学

楽天契約更改・美馬学
2016シーズン成績:26試合/9勝9敗/防御率4.30
2016シーズン年俸:3500万

2017シーズン年俸⇒5000万

プロ6年目の本格派右腕。
2015年、4度目の右肘クリーニング手術を受けるなど、なかなかの苦労人です。

2016年はシーズン終盤まできっちり年俸も1500万アップ。

安定感のあるマウンドさばきは、梨田監督の信頼も厚いようです。
本拠地、Koboスタジアム宮城との相性が悪かったようですが、2016年は1シーズンで6勝も。

仙台の野球の神様にようやく好かれた感じで、2017年が楽しみですね。

関連記事

プロ野球契約更改2017の関連記事
プロ野球契約更改2017【巨人編】 

プロ野球契約更改2017【広島カープ編】 

プロ野球契約更改2017【阪神編】

プロ野球契約更改2017【中日編】

プロ野球契約更改2017【横浜DeNA編】

プロ野球契約更改2017【ヤクルト編】 

プロ野球契約更改2017【日本ハム編】 

プロ野球契約更改2017【ソフトバンクホークス編】 

プロ野球契約更改2017【西武編】 

プロ野球契約更改2017【ロッテ編】 

プロ野球契約更改2017【オリックス編】

東北楽天ゴールデンイーグルスの関連記事
楽天・まとめ 

管理人のまとめ

という感じで、プロ野球契約更改2017【楽天編】の注目についてまとめてみました~

徐々に若手が育っているのかなという印象で、特に茂木選手とオコエ選手の将来が楽しみな感じはありますね。

とはいっても生え抜き選手で億以上に達しているのは嶋選手と則本投手だけなのでまだまだ改善しないといけないところは山ほどあると思いますが、岸投手などの補強で来季の戦力は一気に上がっていきそうですね。

個人的には2016ドラフト1位の藤平尚真投手に期待しています~!

次回優勝するときは生え抜き選手がチームの中心となってほしいという思いもありますが、流れを見ていると大型補強を入れながら2度目の優勝を優先されているようなので、まずは2017シーズンのAクラスですね~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 栗原希望
  2. 藤川球児・2016年
  3. 寺島成輝
  4. 巨人2016
  5. プロ野球契約更改2017・ヤクルト
  6. サッカー日本代表歴代イケメンベスト30
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016クリスマスまとめ

2016年秋ドラマ

秋ドラマ2016のまとめ一覧♪

2016年秋ドラマ

秋アニメ2016のまとめ一覧♪

2016年秋アニメ

プロ野球2016の記事はこちら♪

baseball

美人アスリートのまとめ♪

美人アスリート

声優に関しての記事はこちら♪

特撮俳優はこちら

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです