プロ野球契約更改2017【ソフトバンクホークス編】年俸一覧まとめ

 

プロ野球契約更改2017・ソフトバンクホークス
プロ野球契約更改2017!

今回はソフトバンクホークス編をピックアップします~!

毎年圧倒的な強さですが、2016シーズンは悔しくも2位に終わりましたね。

とはいってもチーム年俸は41億7577万(2016年)ということで12球団でダントツの1位です。この球団の規模からいくと当然かなという感じかなと。

さすが孫さん~!

ドラフトでも5球団が競合した田中正義投手を獲得して投手陣もさらに分厚くなりますね。

年俸が億を超える選手がぞろぞろいくソフトバンクですが、主力選手は複数年契約が比較的多いので契約更改2017も凄い額が動くことになりますね。

というわけでこの記事では、プロ野球契約更改2017【ソフトバンクホークス編】のもっとも気になる選手の年俸を一覧でまとめてみましたのでご覧ください~★

スポンサーリンク

松田宣浩

ソフトバンクホークス契約更改2017・松田宣浩
2016シーズン成績:143試合/打率.259/27本塁打/85打点/6盗塁
2016シーズン年俸:4億

2017シーズン年俸⇒4億(現状維持・複数年契約)

ソフトバンクきっての“熱男”ぶりでチームをけん引した松田選手。

プロ11年目となった2016年も全143試合に出場し、きっちりその役目を果たした感がありますね。

打率や本塁打数はもちろんですが、自ら率先して大きな声を出し、若手の見本となるその姿は、チームにとっては欠かせない存在です。

球界トップクラスの年俸も納得のいくところでしょう。

内川聖一

ソフトバンクホークス契約更改2017・内川聖一
2016シーズン成績:141試合/打率.304/18本塁打/106打点/3盗塁
2016シーズン年俸:3億3000万

2017シーズン年俸⇒3億5000万

工藤監督が就任してからソフトバンク不動の四番打者。

一塁に転向した2016シーズンは、チーム最多となる169安打を放ち、2年ぶりとなる打率3割台を残しましたね。

侍ジャパンでもチームの中心的存在で、まだまだ力の衰えを感じさせません。
2017年も相手チームにとって大きな脅威となる選手ですね。

柳田悠岐

ソフトバンクホークス契約更改2017・柳田悠岐
2016シーズン成績:120試合/打率.306/18本塁打/73打点/23盗塁
2016シーズン年俸:2億7000万

2017シーズン年俸⇒2億6000万円

2015年は、流行語大賞も獲得した“トリプルスリー”を達成した柳田選手。

2016年も打率では3割台をキープし、中堅選手としては十分すぎる活躍を見せてくれました。

シーズン中には16試合連続四球というパ・リーグ新記録を達成するなど、相変わらずの存在感。

残念なのはシーズン終盤のケガのため、CSで活躍できなかったことでしょうね。
WBC2017には間に合わせてくださいね~!

サファテ

ソフトバンクホークス契約更改2017・サファテ
2016シーズン成績:64試合/0勝7敗/8H/43S/防御率1.88
2016シーズン年俸:5億

2017シーズン年俸⇒5億(現状維持・複数年契約)

NPBでは広島、西武と渡り歩いてきた苦労人。2016シーズンは、ソフトバンクの絶対的守護神として65試合で登板しました。

43セーブを挙げ、2年連続の最多セーブを獲得。自ら持っているパ・リーグ記録を2つ更新する活躍でした。

日本シリーズに出場して、自らを自由契約にした広島にリベンジしたかったところでしょうが、CSファイナルでその夢は破れましたね。

その思いは来年へのモチベーションになるでしょう。

スポンサーリンク

武田翔太

ソフトバンクホークス契約更改2017・武田翔太
2016シーズン成績:27試合/14勝8敗/防御率2.95
2016シーズン年俸:7000万

2017シーズン年俸⇒1億2000万円

2011年ドラフト1位で入団の武田投手。

最速152キロといわれるストレートに加え、わかっていても打てそうにない大きなカーブが魅力ですね。

2016シーズンもきっちりと先発ローテの一角を担い、2年連続となる2桁勝利(2015年11勝、2016年14勝)。年俸もいよいよ大台といったところですね。
ますます脂が乗ってくる2017年、さらなる活躍が期待できそうです。

攝津正

ソフトバンクホークス契約更改2017・攝津正
2016シーズン成績:7試合/2勝2敗/防御率5.59
2016シーズン年俸:4億

2017シーズン年俸⇒4億(現状維持・複数年契約)

先発ローテの一角として、5年連続の2ケタ勝利を挙げてきた摂津投手ですが、2016年は残念なシーズンになりましたね。

開幕投手を務めたものの打ち込まれ、敗戦。その後も調子は上向かず、シーズン序盤でニ軍落ちとなってしまいました。

結局今季は7試合の登板で2勝2敗。

年俸ダウンは避けられない状況でしょうね。

和田毅

ソフトバンクホークス契約更改2017・和田毅
2016シーズン成績:24試合/15勝5敗/防御率3.04
2016シーズン年俸:4億

2017シーズン年俸⇒4億(現状維持・複数年契約)

2016年、5年ぶりの日本球界復帰となった和田投手。
古巣・ソフトバンクはやはり居心地がよかったのでしょうね。

24試合に先発し15勝5敗で最多勝利投手を獲得。また、勝率.750でこちらもリーグトップでした。

高額年俸も伊達ではなかったですね。

五十嵐亮太

ソフトバンクホークス契約更改2017・五十嵐亮太
2016シーズン成績:33試合/0勝1敗/7H/防御率3.62
2016シーズン年俸:3億5000万

2017シーズン年俸⇒3億5000万(現状維持・複数年契約)

2017年にはプロ17年目を迎えるベテラン右腕。
2016シーズンはケガもあって33試合の登板に終わり、3勝1敗、31ホールド、2セーブという成績。

本人としても納得のいく成績ではなかったということで、今オフはメキシコでのウインターリーグで武者修行。

アラフォーでも、闘志はまだまだ健在ですね。

長谷川勇也

ソフトバンクホークス契約更改2017・長谷川勇也
2016シーズン成績:122試合/打率.271/10本塁打/51打点/2盗塁
2016シーズン年俸:2億

2017シーズン年俸⇒2億(現状維持・複数年契約)

ソフトバンク選手会長の長谷川選手。
2015年はケガの影響もあって低調な成績に終わりましたが、2016年はDHを中心に122試合に出場。

規定打席には達しませんでしたが打率.271、10本塁打(3年ぶりの2桁本塁打)と復活を印象づけました。

まだまだ、これから頑張ってもらわなければいけない選手の一人ですね。

中村晃

ソフトバンクホークス契約更改2017・中村晃
2016シーズン成績:143試合/打率.287/7本塁打/50打点/6盗塁
2016シーズン年俸:1億2000万

2017シーズン年俸⇒1億5000万円

守備では左翼や右翼、打撃では1番、3番、6番、7番をこなす、貴重なユーティリティプレーヤー。

打撃には定評があり、2014年には176本で年間最多安打を獲得。
2016年も140安打と、十分な活躍を見せてくれましたね。

侍ジャパンの強化試合でもホームランを放つなど、日本球界に欠かせない存在に成長していますね。

2017年も楽しみな存在です。

今宮健太

ソフトバンクホークス契約更改2017・今宮健太
2016シーズン成績:137試合/打率.245/10本塁打/56打点/8盗塁
2016シーズン年俸:9000万

2017シーズン年俸⇒1億4500万円

華麗な守備でスタンドを沸かせる今宮選手。

2016年も相変わらず鉄壁の遊撃手として136試合に出場しました。
打撃面では、打率.245とそこそこですが、自身初めての2桁本塁打を達成。ちょっと開眼したのかもしれませんね。

2016年はシーズン中に結婚。打撃好調の理由はこれだったでしょうか。

2017年も楽しみですね。

スポンサーリンク

中田賢一

ソフトバンクホークス契約更改2017・中田賢一
2016シーズン成績:17試合/7勝3敗/防御率3.01
2016シーズン年俸:9500万

2017シーズン年俸⇒9500万(現状維持・複数年契約)

中日から移籍して3年目の中田投手。
過去2年はきっちりローテを守ってチームに貢献しましたが、今季はケガの影響で開幕に出遅れ。

それでも全17試合に登板して7勝3敗と、それなりの存在感は示しましたね。

2015年に朝日放送の角野友紀アナと結婚。嫁のためにももっと頑張らないとね。

東浜巨

ソフトバンクホークス契約更改2017・東浜巨
2016シーズン成績:23試合/9勝6敗/防御率3.00
2016シーズン年俸:1800万

2017シーズン年俸⇒3600万円

2012年ドラフト1位で亜細亜大学から入団。
最速152キロのストレートと、ツーシーム、カットボールなどの動くボールで相手打者を打たせてとるのが得意ですね。

2016シーズンの開幕は二軍で迎えたものの、一軍昇格後は先発ローテの一角に加わり、23試合に登板。9勝6敗、防御率3.00という成績でした。

9勝は自身最高記録ですから、頑張った1年と言えるでしょうね。

本多雄一

ソフトバンクホークス契約更改2017・本多雄一
2016シーズン成績:110試合/打率.280/1本塁打/27打点/23盗塁
2016シーズン年俸:1億8000万

2017シーズン年俸⇒1億8000万

ソフトバンクの「2番・セカンド」といえば、やっぱり本田選手がいちばんハマる感じですね。

過去2シーズンはケガの影響もあって思うような働きができませんでした。

心機一転臨んだ2016シーズンも、前半はなかなか調子が上がらず、7月末に登録抹消。
8月下旬に復帰した後はセカンドのレギュラーに定着し、チームに貢献しましたね。

3年ぶりに3桁試合出場を果たし、打率.288は立派なもの。

2017年はケガに十分気をつけて。

松坂大輔

ソフトバンクホークス契約更改2017・松坂大輔
2016シーズン成績:1試合/0勝0敗/防御率18.00
2016シーズン年俸:4億

2017シーズン年俸⇒4億(現状維持・複数年契約)

今やソフトバンクの巨大不良債権となっている感のある松坂投手。

2016年10月、日本球界復帰後初の1軍マウンドに上がりましたが、満足にストライクが入らず大炎上したことも記憶に新しいところです。

かつての輝きにはほど遠い姿で、ファンも寂しい思いがあることでしょう。

そろそろ進退をはっきりさせる時期が来ていますよね。

2017年は複数年契約の最終年になります。

このままじゃ終われません~!

関連記事

プロ野球契約更改2017の関連記事
プロ野球契約更改2017【巨人編】 

プロ野球契約更改2017【広島カープ編】 

プロ野球契約更改2017【阪神編】

プロ野球契約更改2017【中日編】

プロ野球契約更改2017【横浜DeNA編】

プロ野球契約更改2017【ヤクルト編】

プロ野球契約更改2017【日本ハム編】 

プロ野球契約更改2017【西武編】 

プロ野球契約更改2017【ロッテ編】 

プロ野球契約更改2017【楽天編】 

プロ野球契約更改2017【オリックス編】

福岡ソフトバンクホークスの関連記事
ソフトバンクホークス・まとめ 

管理人のまとめ

以上、プロ野球契約更改2017のソフトバンクホークス編についてまとめてみました~!

相変わらず凄い年俸の選手が揃っていますね~

いくらでも補強できる球団なので不思議ではありませんが、凄いなと思うのがソフトバンクって生え抜き選手の育成も上手いというところです。

あえて書きませんが球団によっては補強頼みでしか強くなれない球団もいるなかでソフトバンク理想的なチームだと思います。

その分、毎年優勝の義務付けが半端ないのでいろんな意味で大変な工藤監督ではありますが、野手では柳田選手、投手では武田投手のような生え抜きを生み出してほしいですね。
とにかく12球団でもっとも年俸が高いソフトバンクホークスでした~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 江越大賀 (3)
  2. 美人・美女アスリートランキング
  3. 鈴木武蔵
  4. 菊池雄星
  5. リオ五輪競泳(水泳)女子美人・美女ランキング
  6. NEXT4
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです