プロ野球契約更改2017【ヤクルト編】注目選手の年俸一覧まとめ

 

プロ野球契約更改2017・ヤクルト
プロ野球契約更改2017!

今回はヤクルト編ということで、勢いのある若手からベテランまで注目選手をピックアップしてみました~!

ヤクルトは昨シーズン優勝したことでチームの総年俸が21億3180万(2016年)ということで12球団中5位です。

ですが、2016シーズンは5位だったので、複数年契約以外の選手は年俸面でもなかなか右肩上がりの選手も少なくなってきますね。

山田選手を中心に打線は凄いチームですが、投手陣の弱さは毎年の課題でもあります。

そこさえクリアできれば別のチームなるくらいの強さを発揮してくることでしょう。

というわけでこの記事では、プロ野球契約更改2017【ヤクルト編】の個人的に気になる選手を一覧でまとめてみましたのでご覧ください~★

スポンサーリンク

山田哲人

ヤクルト契約更改2017・山田哲人
2016シーズン成績:133試合/打率.304/38本塁打/102打点/30盗塁
2016シーズン年俸:2億2000万

2017シーズン年俸⇒3億5000万円

前代未聞の2年連続でトリプルスリー達成。

言うまでもない選手ですが、チームが低迷してもこの選手は相変わらずやってくれますね。性格が謙虚過ぎるのでもっと強気な発言もいいかなって思いますがそれが山田選手のいいところなんでしょうね。

長打があって、率も残せて、足も速い、今までこれほどの選手っていましたっけ?

3年連続トリプルスリーも何かやってくれそうな雰囲気がありますね。

川端慎吾

ヤクルト契約更改2017・川端慎吾
2016シーズン成績:試合103/打率.302/1本塁打/32打点/3盗塁
2016シーズン年俸:1億6000万

2017シーズン年俸⇒1億6000万(現状維持・複数年契約)

昨シーズンは首位打者に最多安打

今シーズンも期待されましたが、今シーズンは怪我の影響もあって不本意な成績に終わっています。

とはいえ、3割をキープするところが流石ですね。打てる2番打者が流行っていますが川端選手の影響が大きいといえるだけに来シーズンは2番打者として返り咲いて欲しいですね!

畠山和洋

ヤクルト契約更改2017・畠山和洋
2016シーズン成績:45試合/打率.245/1本塁打/18打点/盗塁
2016シーズン年俸:1億3000万

2017シーズン年俸⇒1億3000万円(現状維持・複数年契約)

今シーズン散々な結果でしたね。
ぎっくり腰の影響で調整ができずに開幕を迎えてしまったのが痛かったですね。シーズン途中でも怪我で3度の離脱では話にならないかなと。

好条件で複数年契約をした1年目は大きく出遅れただけに来季はやり返しに期待したいです。

昨シーズンの打点王をプライドが黙っていません~!

バレンティン

ヤクルト契約更改2017・バレンティン
2016シーズン成績:132試合/打率.269/31本塁打/96打点/盗塁
2016シーズン年俸:3億6000万

2017シーズン年俸⇒3億3000万円

退団決定的かと思いましたが、残留となりました。
年俸もほぼ現状維持で出来高払いになったわけですが、ここまで退団のことが報じられているので単年契約ですから来季は少しでも数字が落ちると退団の可能性は十分に考えれますね。

2013シーズンの60本塁打は期待しすぎですが、この選手なら最低でも30本は求めたいところでしょう。

ただ、あの守備のやる気のなさとか見ててヤクルトファンはどう思っているんでしょうね。。。

その前にWBC2017にも選ばれる可能性も高いので開幕までの調整を万全にしておきたいですね。

小川泰弘

ヤクルト契約更改2017・小川泰弘
2016シーズン成績:25試合/8勝9敗/防御率4.50
2016シーズン年俸:9400万

2017シーズン年俸⇒8800万円

球団最速3年で1億円を達成しましたが、2016シーズンは過去最低の成績に終わってしまいましたね。
といってもチームで規定投球回数をクリアしているのは小川選手だけです。こういうところをみるとヤクルトの投手陣の薄さを感じます。

来季はエースとして新人王を獲ったルーキーイヤーの16勝を超えてほしいですね。

スポンサーリンク

秋吉亮

ヤクルト契約更改2017・秋吉亮
2016シーズン成績:70試合/3勝4敗/10H/19S/防御率2.19
2016シーズン年俸:6800万

2017シーズン年俸⇒1億円

今シーズン途中からオンドルセク投手の退団でストッパーに転向して見事成功しました。
当時ヤクルトに在籍していた林昌勇投手のような絶対的ストッパーになる日も近いかもしれませんね。同じサイドスローなので(笑)

WBCでも絶対的な安定感を見せたら日本のストッパーとして称されることにもなりますのでチャンスですね~!

ルーキ

ヤクルト契約更改2017・ルーキ
2016シーズン成績:69試合/6勝6敗/33H/防御率3.06
2016シーズン年俸:3600万

2017シーズン年俸⇒7500万

ヤクルト1年目から勝利の方程式の一角として見事な活躍でしたね。
秋吉投手とルーキ投手は欠かせないので年俸も上がって来季はさらなる飛躍に期待がかかります。

ここまでの登板数やホールドを記録しているので状態によっては秋吉投手と入れ替わるのも面白いかもしれませんね。

松岡健一

ヤクルト契約更改2017・松岡健一
2016シーズン成績:53試合/2勝1敗/4H/S/防御率3.74
2016シーズン年俸:3600万

2017シーズン年俸⇒4300万

国内FA権を取得していましたが残留
2008シーズンから中継ぎ転向してからほぼ30試合以上の登板や70試合を超えるシーズンもあるくらいなので体は相当タフなんでしょうね。

悔しくも昨シーズンは年俸ダウンとなりましたが、かつてのように勝利の方程式の一角を担うような内容なら緊迫した場面で使われていくでしょう。

30代半ばでも阪神を引退した福原投手の例もあるのでまだまだ一線レベルで期待したいところはありますね。

石川雅規

ヤクルト契約更改2017・石川雅規
2016シーズン成績:20試合/8勝8敗/防御率4.47
2016シーズン年俸:2億

2017シーズン年俸⇒1億8000万円

今シーズン見事通算150勝達成
昨シーズン14年目で初めての優勝の立役者となりましたが、今シーズンはぱっとしない成績で終わったので年齢的にも来季は覚悟のシーズンとなりそうですね。

現役を引退した黒田投手の日米通算200勝にもっとも近い投手でもあるので踏ん張ってほしいところです。

成瀬善久

ヤクルト契約更改2017・成瀬善久
2016シーズン成績:22試合/3勝2敗/防御率5.60
2016シーズン年俸:1億4400万

2017シーズン年俸⇒1億4400万(現状維持・複数年契約)

ヤクルトにFA移籍してきてからはロッテ時代の輝きはありませんね。
在籍2年間で6勝はきついです。来季で契約が切れますがこのままでは大幅ダウンか戦力外の可能性もあるかもしれません。

投手陣の層は厚くないのでシーズン先発ローテを守ってやっぱり10勝はしてほしい投手なので来季は背水の陣で挑んでほしいところです~!

坂口智隆

ヤクルト契約更改2017・坂口智隆
2016シーズン成績:141試合/打率.295/0本塁打/39打点/盗塁7
2016シーズン年俸:3000万

2017シーズン年俸⇒7000万

オリックスを自由契約となって今季から入団したわけですが、チームトップの141試合は立派ですね。
自身も5年ぶりの規定打席を達成したということでヤクルトとしてもいい選手を獲りましたね。

来季も1番打者として今季以上の活躍を見せてオリック時代の年俸を超えたいところでしょう。

スポンサーリンク

雄平

ヤクルト契約更改2017・雄平
2016シーズン成績:108試合/打率.296/7本塁打/55打点/7盗塁
2016シーズン年俸:6500万

2017シーズン年俸⇒7000万円

今シーズン国内FA権を取得してますが残留がほぼ決定しています。
もともと投手だったわけですが、野手になっても4番を務めることもあるくらいなので打撃センスの評価は高いですね。

何といっても昨シーズンは雄平選手のサヨナラヒットで優勝が決まったわけなので、このシーズンは一生忘れることはないでしょう~!

来シーズンは全試合出場を果たしてほしいですね、

中村悠平

ヤクルト契約更改2017・中村悠平
2016シーズン成績:106試合/打率.187/3本塁打/37打点/2盗塁
2016シーズン年俸:6700万

2017シーズン年俸⇒5100万円

昨シーズンはセ・リーグで唯一規定打席に到達
絶対的な正捕手として期待されますが、今シーズンの成績を見るとそう甘くはなかったようです。

ヤクルトがまた優勝するには中村選手がシーズン通してスタメンマスクで出場していかないとダメだと思いますし、古田敦也さんがつけてた背番号「27」を継承できたときが正捕手として認められたときなのかなと思います。

相川選手が抜けたらダメだ~って言われないようにしたいですね。

村中恭兵

ヤクルト契約更改2017・村中恭兵
2016シーズン成績:52試合/7勝3敗/6H/S/防御率3.90
2016シーズン年俸:2400万

2017シーズン年俸⇒3700万円。

近年ずっと苦しいシーズンが続いてましたけど、中継ぎが正解かもしれませんね、
入団当初から先発としてかなり期待されていただけに背番号降格やいろいろ悔しいことも経験して今があるんでしょう。

このまま中継ぎで当時の輝き以上のものを取り戻してほしいなと思います。

まだ29歳ですからまだまだいけますね~!

館山昌平

ヤクルト契約更改2017・館山昌平
2016シーズン成績:10試合/1勝4敗/1H/S/防御率7.24
2016シーズン年俸:1億2000万

2017シーズン年俸⇒1億2000万(現状維持・複数年契約)

怪我などでここまで波乱万丈な投手もあまりいません。
今シーズンも右肘のクリーニングを受けたため、1勝止まり。昨年の優勝から3年契約されましたが不甲斐ない結果に終わったので、来季は是非とも先発ローテに入ってきてほしい投手ですね。

2009シーズンの最多勝の輝きをもう一度見てみたいヤクルトファンも沢山いますよ~!

関連記事

プロ野球契約更改2017の関連記事
プロ野球契約更改2017【巨人編】 

プロ野球契約更改2017【広島カープ編】 

プロ野球契約更改2017【阪神編】

プロ野球契約更改2017【中日編】

プロ野球契約更改2017【横浜DeNA編】

プロ野球契約更改2017【日本ハム編】 

プロ野球契約更改2017【ソフトバンクホークス編】 

プロ野球契約更改2017【西武編】 

プロ野球契約更改2017【ロッテ編】 

プロ野球契約更改2017【楽天編】 

プロ野球契約更改2017【オリックス編】

ヤクルトスワローズの関連記事
ヤクルト・まとめ 

管理人のまとめ

ということで、プロ野球契約更改2017のヤクルト編の注目選手についてまとめてみました~

2016年はリーグ5位だけあって、山田選手以外は個人成績も大幅に落ちていますね。
年俸は山田選手とバレンティン選手でかなりの割合を占めることになりますが、この2人の話にならないと思うので来季も凄い破壊力を見せて貰いたいところです。

優勝した翌年は何かとマークも厳しくなりますが、どうしても投手陣が気がかりなんですよね~
チーム防御率「4.73」は12球団でワーストなのでここを修正されたら総合的には凄いチームになっていくのでその辺は楽しみです。

現状、年俸に見合った活躍は山田選手のみなので2017シーズンはいろんな選手が飛躍することが必須となりますね。

特に、若手の年俸アップがヤクルトの成績に比例しているのかなというイメージはあるだけに優勝争い見せてほしいです~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 皆川夏穂1
  2. 新井良太
  3. 阪神ドラフト2016
  4. ユスラ・マルディニ (3)
  5. 石田健大
  6. プロ野球契約更改2017・広島カープ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです