プロ野球契約更改2017【中日編】注目選手の年俸一覧まとめ

 

プロ野球契約更改2017・中日
プロ野球契約更改2017!

今回は中日編の注目選手をピックアップしていきます~!

ここ数年沈黙しているわけで残念ながら2016シーズンも最下位に終わってしまいましたね。

年俸総額が16億1515万(2016年)で12球団で11位。

年俸はもともと高い球団ではありませんが、落合GMがコストカットの達人的な感じで驚きの大幅減俸も時期もありました。

チーム力が低迷しているとはいえ、選手のモチベーションにも影響していってるのかなという見方もできます。

落合さんが監督のときのような黄金期にはまだまだ時間がかかるのかなといった印象もありますが、投手王国を築いた森新監督がどういった戦略になっていくのか楽しみですね。
というわけでこの記事では、プロ野球契約更改2017【中日編】の注目選手の年俸などを一覧にしてみましたのでご覧ください~★

スポンサーリンク

森野将彦

中日契約更改2017・森野将彦
2016シーズン成績:68試合/打率.268/1本塁打/15打点
2016シーズン年俸:1億4000万

2017シーズン年俸⇒8400万円

年齢のこともあってか昨シーズンの怪我から状態上がってこない印象を受けます。

世代交代のこともあるので、今後レギュラーとして出場を続けていくのは険しいですが、これだけの実績のある選手なのでいろんな意味で戦力になってくれるでしょう。
2017年俸も減額制限いっぱいの40%ダウンの8400万円。一線で活躍した選手が年齢を重ねていくとこういうケースはもう珍しくはありませんね。

来季の復活に期待しています!

大島洋平

中日契約更改2017・大島洋平
2016シーズン成績:143試合/打撃.292/3本塁打/27打点
2016シーズン年俸:9000万

2017シーズン年俸⇒1億5000万円

国内FA権行使の噂がありましたけど、残留が決まって中日からすると一安心ですね。

年俸面でもこれまでは不満を感じていたと思いますが、6000万円増の1億5000万円に3年契約。こういう評価されるのであればチームを出ていく必要もないかなと。

チームで唯一の全試合出場してるだけに、1番打者に大島選手がいないと違和感がありますよね。
残留&年俸大幅アップおめでとうございます~!

平田良介

中日契約更改2017・平田良介
2016シーズン成績:118試合/打率.248/14本塁打/73打点
2016シーズン年俸:7000万

2017シーズン年俸⇒1億2000万

2016年はFAの目玉だっただけに残留が決まり、よかったですね。

大島選手とダブルで放出の噂からダブルで残留は大きいです。5年の複数年契約ということで、中日で生涯を終える気持ちになっているはずなので個人成績ももっと上げていきたいですね。
打率が低すぎるので、平田選手であれば3割近くは残してほしいところです。

まぁ、大島選手と同じく
残留&年俸大幅アップおめでとうございます★

平田良介の嫁や子供の名前は?愛車や大阪桐蔭時代も! 

岩瀬仁紀

中日契約更改2017・岩瀬仁紀
2016シーズン成績:15試合/0勝2敗/2H/0S/防御率6.10
2016シーズン年俸:5000万

2017シーズン年俸⇒5000万

昨シーズンは怪我の影響で登板機会がなく、2億5000万円もダウンした岩瀬投手

2016シーズンに挽回といきたいところでしたけど、復活ならず。通算900試合登板を達成したことはよかったですが複数年契約じゃないため年俸も年々のダウンしていくのも致し方ないといったところかなと。

引退の文字もちらついているのも事実ですが、まだ見たいと思っているファンもいますので頑張ってほしいですね。
歴代のセーブ数は誰も追いつけないでしょう~!

スポンサーリンク

浅尾拓也

中日契約更改2017・浅尾拓也
2016シーズン成績:36試合/1勝1敗/16H/3S/防御率3.19
2016シーズン年俸:9800万

2017シーズン年俸⇒7350万円

近年はずっと肩やひじの故障で苦しいシーズンが続いていますね。

全盛期のボールがあまりにも凄かっただけに、求められるのは大きくなってしまいますが、投球スタイルを変えてでもセットアッパーには浅尾投手がいてほしいところです。
年齢的にもまだまだいけるので、見事復活してほしいですね。

大野雄大

中日契約更改2017・大野雄大
2016シーズン成績:19試合/7勝10敗/防御率3.54
2016シーズン年俸:1億800万

2017シーズン年俸⇒8640万円

エースとして今シーズンは不本意な結果となりましたね。

左肘痛の影響は大きいとはいえ、大野投手に崩れられると話にならないと思いますので2017シーズンは最低でも今季の勝数と負け数が逆にしたいところです。
器的には日本代表クラスなので、今後は減俸なしのシーズンを続けてほしいですね。

田島慎二

中日契約更改2017・田島慎二
2016シーズン成績:59試合/3勝4敗/18H/17S/防御率2.44
2016シーズン年俸:4200万

2017シーズン年俸⇒8200万

ここ3年間はセットアッパーとして素晴らしい成績を残すと、今シーズン途中からストッパーを務めたことでさらに大きく飛躍となりましたね。

森新監督の期待も大きいので岩瀬投手のような絶対的ストッパーとなれば中日再建のキーマンとなっていくでしょう。
本人が口にする「継続」は毎年好成績ということなので、2017シーズンのさらなるブレイクの予感がしますね。

又吉克樹

中日契約更改2017・又吉克樹
2016シーズン成績:62試合/6勝6敗/16H/防御率2.80
2016シーズン年俸:4500万

2017シーズン年俸⇒5000万

ルーキーイヤーから3年間は申し分のない成績を残していますね。

野球センスが高いということで、「四刀流」プランも浮上していましたけど、中継ぎだけじゃなくて先発でもシーズンとして2桁勝てそうな気配もあるんじゃないかなって思います。

体がタフってことで首脳陣がもっとも有り難い要素をもっているところがいいですね!
侍ジャパンの投手陣でも期待しています~!

福田永将

中日契約更改2017・福田永将
2016シーズン成績:89試合/打率.267/10本塁打/37打点
2016シーズン年俸:1500万

2017シーズン年俸⇒2250万円

今季は自身初となる10本塁打を記録しましたが、もっと打ってるイメージがあります。

ビシエド選手の代役として見事な活躍だった今季ですが、もともと長打力にはもともと長打力には定評があるのでシーズン通して4番スタメンの姿を見てみたいですね。
レギュラー争いに勝ち残って是非とも20本塁打近く打って貰いましょう。

スポンサーリンク

ビシエド

中日契約更改2017・ビシエド
2016シーズン成績:119試合/打撃.274/22本塁打/68打点
2016シーズン年俸:1億7000万

2017シーズン年俸⇒1億7000万(現状維持・2年契約)

開幕当初は何本ホームラン打つんだろうと騒がれていましたね。

メジャー通算66本塁打の破壊力なので、もっと日本野球にハマれば軽く40本塁打以上いけそうな雰囲気はあります。
過去の外国人助っ人の大砲でいうとウッズ、ブランコがいますがビシエド選手はそれ以上の器なのかなというイメージがあります。

ビシエド(中日)はホームラン何本打つ?守備の評価や年俸は? 

吉見一起

中日契約更改2017・吉見一起
2016シーズン成績:21試合/6勝7敗/防御率
2016シーズン年俸:8900万

2017シーズン年俸⇒8000万

かつてのエースも故障が続いて2013シーズンから思うような成績を残せていません。

チームの若返りがあっても優勝にはベテランの力が必要不可欠です。その経験を捕手にも伝えていくということですが、2016年ドラフト1位の柳裕也投手にも伝授して投手王国復活を期待したいですね。

あの抜群の制球力も取り戻して先発ローテーションを守り抜いてほしいなと思います。

荒木雅博

中日契約更改2017・荒木雅博
2016シーズン成績:93試合/打率.246/1本塁打/16打点
2016シーズン年俸:8800万

2017シーズン年俸⇒7040万円

20%減俸されて来季は並々ならぬ気持ちで挑むことになりそうですね。

今季は93試合でしたが本人はフルイニング前提で体を作っていくということなので、絶対的な二遊間を誇った時代のような活躍ができるか注目していきます。
あと、通算2000安打も来季に達成できるところまで来てますんで、いろんな意味で2017年は荒木選手にとって特別なシーズンとなりそうですね。

山井大介

中日契約更改2017・山井大介
2016シーズン成績:33試合/1勝8敗/7H/防御率4.52
2016シーズン年俸:1億2000万

2017シーズン年俸⇒1億2000万(現状維持・複数年契約)

山井投手にとって絶不調のシーズンとなりました。

契約が切れる来季も同じような成績なら無条件で大幅減俸となるか、年齢的にも戦力外もあるかもしれませんね。
目立つ選手ではないけど、ノーヒットノーラン達成や、日本シリーズで改善試合目前に岩瀬投手に継投されてたことが話題となりましたがそれだけの実力がある投手ということです。

2017年は本当に勝負のシーズンとなりますね!

関連記事

プロ野球契約更改2017の関連記事
プロ野球契約更改2017【巨人編】 

プロ野球契約更改2017【広島カープ】 

プロ野球契約更改2017【阪神編】

プロ野球契約更改2017【横浜DeNA編】 

プロ野球契約更改2017【ヤクルト編】

プロ野球契約更改2017【日本ハム編】 

プロ野球契約更改2017【ソフトバンクホークス編】 

プロ野球契約更改2017【西武編】 

プロ野球契約更改2017【ロッテ編】 

プロ野球契約更改2017【楽天編】 

プロ野球契約更改2017【オリックス編】

中日の関連記事
中日・まとめ

管理人のまとめ

ということで、プロ野球契約更改2017の中日編についてまとめてみました~!

チームが最下位、主力の個人成績的も減俸になった選手が多いですね。契約更改した選手については順に更新していきます。

落合さんがGMになって年俸面ではいろんなことを言われていますが、ここまで低迷になると仕方ないところもあるのかなと。

中日の黄金期=投手王国のような時代がまたくれば2億、3億円に到達する選手もゾロゾロで出てくるでしょうね。

今回紹介した選手が2017年に飛躍することを期待してます~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 九鬼隆平
  2. 畠山愛理2
  3. 羽生結弦
  4. 新井貴浩 (2)
  5. 矢澤一輝2
  6. 江越大賀 (3)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです