プロ野球契約更改2017【巨人編】注目選手の年俸まとめ一覧!

 

プロ野球契約更改2017・巨人
プロ野球契約更改2017!

巨人編をピックアップしていきます~!

2016シーズンの巨人は2位に終わっていますが、優勝した広島とは大差をつけられています。

とはいえ年俸総額が32億9853万(2016年)ということで12球団で2位となっているだけに、各選手の個人成績を見ても正直に年俸に見合ってない選手が多いと言われても仕方のないところでしょう~!

もともと高額年俸者の多いチームですが、世代交代の時期に入っているため年俸の方も気になるところですね。

というわけでこの記事では、プロ野球契約更改2017【巨人編】ということで、注目選手の年俸を一覧にしてまとめてみました~!

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

阿部慎之助

巨人契約更改2017・阿部慎之助
2016シーズン成績:91試合/打率.310/12本塁打/52打点/
2016シーズン年俸:3億2600万

2017シーズン年俸⇒2億6000万

捕手と一塁を併用するシーズンが続いて2016年は捕手登録に戻りますが、開幕前に故障で出遅れて不本意なシーズンとなりました。
結局捕手として固定されることはなかったので今後は一塁に専念といったところでしょうか。

相手チームからすると巨人の4番で一番警戒するのは未だに阿部選手だと思うので一番手としてシーズン通して出場となれば未だに驚異かなって感じはしますね。

菅野智之

巨人契約更改2017・菅野智之
2016シーズン成績:26試合/9勝6敗/防御率2.01
2016シーズン年俸:1億3000万

2017シーズン年俸⇒2億3000万円

2016年の内容的に9勝止まりっていうのが不運としか言いようがないですね。

打線の援護があれば十分に最多勝を狙えていたシーズンだったと思います。
完全に巨人のエースに君臨してるわけですが、侍ジャパンとしても主力投手としての活躍が期待されます。

2017シーズンの年俸も相当期待できるでしょう。

田口麗斗

巨人契約更改2017・田口麗斗
2016シーズン成績:26試合/10勝10敗/防御率2.72
2016シーズン年俸:1800万円

2017シーズン年俸⇒5000万

巨人のなかでもっともブレイクした投手は田口投手ですね。
内海投手の年齢的なこともありますので、近い将来巨人の左のエースとして長年活躍できそうな雰囲気があるだけに来シーズンも楽しみです。

2017の巨人は投手陣の補強もされていきますが、田口投手は先発ローテの三本柱に入ってくるでしょうね。

坂本勇人

巨人契約更改2017・坂本勇人
2016シーズン成績:137試合/打率.344/23本塁打/75打点
2016シーズン年俸:2億5000万

2017シーズン年俸⇒3億5000万円

近年は成績に伸び悩みましたが、2016シーズンは見事に復帰しました。
初のゴールデングラブ賞も獲って年俸も変動制契約のため2017シーズンは相当な年俸アップが期待できるのかなと。」

一気に巨人の年俸トップ選手になりそうな感じはありますね。

プロ野球イケメンランキングに坂本勇人が一位!

村田修一

巨人契約更改2017・村田修一
2016シーズン成績:143試合/打率.302/25本塁打/81打点
2016シーズン年俸:3億

2017シーズン年俸⇒2億2000万円

2013年以来の3割越に全試合出場で坂本選手と同様に見事復活といったところですね。
年齢的なこともいわれますが、守備の評価も相変わらず高くて3度目のゴールデングラブ賞を受賞されているだけに来季も一線級の活躍の期待ができますね。

まだまだ岡本選手にはポジションを渡す気はないといったところでしょうか。

スポンサーリンク

長野久義

巨人契約更改2017・長野久義
2016シーズン成績:143試合/打率.283/11本塁打/42打点
2016シーズン年俸:1億7500万円

2017シーズン年俸⇒2億2500万円

2016シーズンから選手会長を務めながら、全試合出場を果たしたのかなりの評価基準でしょう

下平さやかさんの支えが大きかったかもしれませんね
一時期4番も任されていましたが、成績は長野選手にしては物足りなさを感じますので、来季こそはV奪回に大きく貢献して貰わないと。

意外にもホームラン数がシーズン20本以上の打ったことがないので、長野選手に狭い東京ドームなら普通に越えそうな感じはあるので2017は初の20本の大台に期待したいですね!

ギャレット

巨人契約更改2017・ギャレット
2016シーズン成績:123試合/打率.258/24本塁打/68打点
2016シーズン年俸:3億

2017シーズン年俸⇒1億6000万円

巨人の歴史で初となる外国人選手の開幕4番ということで期待されましたね。

ホームラン数はそこそこ評価できますが、変化球に苦しんでた印象が強いです。
とはいえ、巨人の外国人左打者で規定打席まで到達したのは歴代の外国人で有名なクロマティ以来なので、巨人としては最高の収穫といえるのかもしれませんね。

小林誠司

巨人契約更改2017・小林誠司
2016シーズン成績:129試合/打率.204/4本塁打/35打点
2016シーズン年俸:2600万円

2017シーズン年俸⇒5000万円

2016年は阿部選手に代わってスタメンマスクを被ると見事規定打席にも到達しましたね。

今シーズン12球団で規定打席に到達した捕手は小林選手だけなので、捕手がシーズン通して出場し続けることがどれだけ大変か改めてわかります。
“打てる捕手”ではありませんがそれを補うくらいの守備があるので今後の巨人の正捕手は小林選手以外考えにくいですね。

侍ジャパンの捕手争いにも注目~!

澤村拓一

巨人契約更改2017・澤村拓一
2016シーズン成績:63試合/6勝4敗/4H/37S/防御率2.66
2016シーズン年俸:1億

2017シーズン年俸⇒1億5000万

抑えとしての存在感が徐々に出てきて最多セーブのタイトルを獲得しましたが、評価はそこまで高くありません。

これはどこのチームでも言えることですが、ある意味抑えの評価ってエース以上に厳しかったりするので仕方ないかもしれませんね。とくに「沢村劇場」といわれるのは人気球団の宿命かなと。
先発復帰の噂もありますが、力で押すタイプなのであれば抑えのままでいってもらいたいかなと思います。

内海哲也

巨人契約更改2017・内海哲也
2016シーズン成績:18試合/9勝6敗/防御率3.94
2016シーズン年俸:4億

2017シーズン年俸⇒2億

2016シーズンは二桁には届きませんでしたが、2015シーズンが散々だったことを思うと比較的良いシーズンだったのかなとと思われます。
何かと言われ続けますが、コーナーに集まるボールと投球技術があるのでまだまだ通用するといった印象がありますので、先発投手陣が手薄と言われる巨人にとって内海投手の完全復帰は必須でしょう~!

大竹寛

巨人契約更改2017・大竹寛
2016シーズン成績:17試合/6勝6敗/防御率3.55
2016シーズン年俸:1億

2017シーズン年俸⇒7000万

巨人にFA移籍して3年間、大きな活躍は見られません。

年齢的にはまだまだできますが、巨人のFA補強選手の流れを見ていると2年連続活躍できなかった選手は這い上がってこれないことが多いので、大竹投手もそろそろ正念場の時期に入ってかなという感じです。

力があることはわかっているだけに、何かのきっかけを掴めば広島時代の輝きを取り戻してほしいですね!

スポンサーリンク

高木勇人

巨人契約更改2017・高木勇人
2016シーズン成績:25試合/5勝9敗/防御率4.31
2016シーズン年俸:4200万円

2017シーズン年俸⇒???(※契約更改後に更新※)

ルーキーイヤーが衝撃的な活躍でしたが、2年目のジンクスにやられたという印象があります。
高木投手が1年目のような活躍をしてたらもっと優勝争いに踏み込めたかもしれないだけに今後も巨人の先発陣のキーマンであることには違いありません

“タカギボール”復活で3年目は過去最高の成績を残して欲しいところですね。

マイコラス

巨人契約更改2017・マイコラス
2016シーズン成績:14試合/4勝2敗/防御率2.45
2016シーズン年俸:2億5000万

2017シーズン年俸⇒2億5000万(現状維持・複数年契約)

巨人1年目は最高勝率を挙げるも2年目は故障の影響でわずか4勝止まり、高橋監督の大きな誤算だった投手でもあります。
2018シーズンにメジャー復帰の噂もありますが、2017年の活躍がないとその話もなくないと思うので来シーズンは本来の力を発揮してくれそうですね。

メジャーに復帰したら嫁・ローレンさんが見れなくなるのが寂しい気もしますが^^;

マシソン

巨人契約更改2017・マシソン
2016シーズン成績:70試合/8勝4敗/41H/1S/防御率2.36
2016シーズン年俸:2億4000万

2017シーズン年俸⇒2億8500万円

最優秀中継ぎにも選ばれて巨人の絶対的セットアッパーは健在です。

投手陣が不安定な巨人にとっては70試合登板も心強いですね。
コントロールに苦しむこともありますがあれだけのボールがあればまだまだやっていけそうな気配は十分にあります。

来季も中継ぎの中心としてフル回転してくれそうですね。

山口鉄也

巨人契約更改2017・山口鉄也
2016シーズン成績:63試合/1勝6敗/19H/1S/防御率4.88
2016シーズン年俸:3億2000万

2017シーズン年俸⇒3億2000万(現状維持・複数年契約)

近年は衰えを感じる部分もありますが、9年連続60試合以上登板されていることが凄いです。

仮に2017シーズンも60試合以上登板するとあの元ヤンキース守護神・マリアノ・リベラ投手の記録を塗り替えることになるので何とか踏ん張ってほしいですね!
中継ぎ補強もあるので今シーズンの成績では60試合登板できるが微妙ですから、万全な状態で開幕を迎えたいところです。

関連記事

プロ野球契約更改2017の関連記事
プロ野球契約更改2017【阪神編】 

プロ野球契約更改2017【広島カープ】 

プロ野球契約更改2017【中日編】 

プロ野球契約更改2017【横浜DeNA編】 

プロ野球契約更改2017【ヤクルト編】 

プロ野球契約更改2017【日本ハム編】 

プロ野球契約更改2017【ソフトバンクホークス編】 

プロ野球契約更改2017【西武編】 

プロ野球契約更改2017【ロッテ編】 

プロ野球契約更改2017【楽天編】 

プロ野球契約更改2017【オリックス編】 

読売ジャイアンツの関連記事
巨人・まとめ

管理人のまとめ

ということで、プロ野球契約更改2017の”巨人編”についてまとめてみました~!

結果さえ残せば年俸は期待できるチームなだけに2017シーズンが楽しみですね。

やはり巨人の最大の弱点は投手陣なのでそこを補強することによって大きくチームが変わっていきそうな感じはあります。

あとは主力選手がある程度の数字を残して、生え抜き野手が育つと巨人の黄金期復活も近いかもしれませんね。

とりあえず契約更改2017が済んだ選手は随時更新していきます~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. プロ野球契約更改2017・中日
  2. ロッテ戦力外2016
  3. 女子バレーボール
  4. 鳥谷敬(ツーブロック)
  5. 女子テニス美人ランキング・海外編
  6. 吉川尚輝・巨人
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016クリスマスまとめ

2016年秋ドラマ

秋ドラマ2016のまとめ一覧♪

2016年秋ドラマ

秋アニメ2016のまとめ一覧♪

2016年秋アニメ

プロ野球2016の記事はこちら♪

baseball

美人アスリートのまとめ♪

美人アスリート

声優に関しての記事はこちら♪

特撮俳優はこちら

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです