ラグビーイケメン選手のまとめ一覧!人気のかっこいいラガーマンは?

 

ラグビーイケメン選手

ラグビーワールドカップ2019が日本での開催となります。

日本では五郎丸歩選手の活躍と知名度上昇によりラグビーを知らなくても興味を持ち始める方がだんだんと増えてきたのではないでしょうか?

ルールがちょっと難しいというイメージもありますが鍛え抜いた男達のぶつかり合う姿は見ていて非常に魅力的です。

そして何より、ラグビー界にもイケメン選手はたくさんいらっしゃいますので気になる選手がいる方いるのではないかと思います。

というわけでこの記事では、ラグビーイケメン選手のまとめ一覧として人気のかっこいいラガーマンをまとめてみました。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ラグビーイケメン選手のまとめ一覧!人気のかっこいいラガーマンをご紹介!

ではラグビー界で活躍しているイケメン選手をずらっとご紹介致します♪

五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)

五郎丸歩
生年月日:1986年3月1日
生まれ:福岡県福岡市
身長:185cm
体重:98kg
学歴:早稲田大学

ラグビーワールドカップ2015で日本代表として活躍した五郎丸歩選手。
今知名度で言えばおそらく日本で一番名前が知られているラガーマンではないでしょうか?
お馴染みのルーティーンポーズは日本中でブームになりましたし、その正確無比なキックはベストキッカー賞を受賞するほど。
ちなみに大学を卒業してすぐにご結婚されているそうで、かなりの美人さんだとか。
お子さんは2人いるそうで今後も活躍が期待できる選手の一人ですね~。

フランソワ・ステイン

フランソワ・ステイン
生年月日:1987年5月14日
生まれ:南アフリカ アリワル ノース
身長:191cm
学歴:GREYカレッジ

南アフリカ共和国のフランソワ・ステイン選手。
2014年から2シーズン、日本の東芝ブレイブルーパスにも所属してプレーしたこともある選手ですね。
長い距離の出るキックに加えて力強いタックルにも定評がある、まさに最強といっても差し支えないスペック。
当初、もっと髪が長かった時は王子様のようなルックスですが現在はかなりワイルドな感じにイメージチェンジしています。

アダム・アシュリークーパー

アダム・アシュリークーパー
生年月日:1984年3月27日
生まれ:オーストラリア シドニー
身長:185cm
体重:98kg

イギリスの由緒ある貴族の家系に生まれたアダム・アシュリークーパー選手。
イングランド貴族シャフツベリ伯爵の第6代、元英国議会議員クロプレイ・アシュリー=クーパーの家系にあたるそうです。
落ち着きのあるその風体はやはり貴族の生まれだからこそ出せる雰囲気なのかもしれません。
複数のポジションをこなし、ミスもほとんどないプレイスタイルは派手さこそないもののチームになくてはならない選手ですね。

リッチー・マコウ

リッチー・マコウ
生年月日:1980年12月31日
生まれ:ニュージーランド オマルー
身長:188cm
引退:2015年

溢れる野生に加えて知性も兼ね備えているのがこのリッチー・マコウ選手。
世界中全てのラグビーチームに通算成績で勝ち越しているニュージーランド代表の「オールブラックス」。
このチームでキャプテンとして10年以上務めたことはもはや伝説の域として語られています。
頭脳明晰な点も含めて国民のファンも非常に多く、首相よりも有名なと男と呼ばれているんだとか。
現在は引退し、ヘリコプターのパイロットを目指して頑張っているそうです。

フアン・マルティン・エルナンデス

フアン・マルティン・エルナンデス
生年月日:1982年8月7日
生まれ:アルゼンチン サン・ニコラス・デ・ロス・アロヨス
身長:187cm
体重:93kg

南米の情熱的な雰囲気をもつイケメン、フアン・マルティン・エルナンデス選手。
途中まではサッカー選手を目指しマラドーナ監督のクラブでプレイしていたこともあるそうですが父親が偉大なラグビー選手だったことから同じ道を歩むことにしたそうです。
ラグビー界の勢力図を塗り替えたとされるアルゼンチン代表で主力を務めていたことフアン・マルティン・エルナンデス選手は鋭いステップやノールックパス、芸術的なキックとまさに魅力満載で人気はかなり高いんだとか。

長友泰憲(ながとも やすのり)

長友泰憲
生年月日:1985年5月3日
出身地:宮崎県児湯郡
身長:177cm
体重:84㎏
大学:中央大学

2016年現在トップリーグのサントリーサンゴリアスに所属している長友泰憲選手。
日本代表としても選ばれたことのあるイケメン選手です。
ラグビーを始めたのは16歳の時でお兄さんの影響で始めたんだとか。
今後日本のラグビー界で間違いなく話題になってくるであろう選手の一人だと思いますのでチェックしておくと良いかもしれませんね。

ベリック・バーンズ

ベリック・バーンズ
生年月日:1986年5月28日
生まれ:オーストラリア ブリスベン
身長:183cm
体重:87kg

現在、パナソニックワイルドナイツに所属しているベリック・バーンズ選手。
出身はオーストラリアで幼い頃から競泳、ゴルフ、クリケットなど様々なスポーツでその才能を発揮してきています。
2011年には原因不明の偏頭痛で引退の危機もあったようですが見事復帰しチームの勝利に貢献したそうです。

中村亮土(なかむら りょうと)

中村亮土
生年月日:1991年6月3日
出身地:鹿児島県鹿児島市
身長:178cm
体重:92㎏
大学:帝京大学

鹿児島実高入学後にラグビーを始め、2年と3年の時にチームを2年連続花園に導いたのが中村亮土選手。
帝京大学在籍時には主将を務めており大学選手権5連覇にも貢献しています。
現在はサントリーアンゴリアスに所属、今後も期待が出来る日本人選手でしょうね。

スポンサーリンク

内田啓介(うちだ けいすけ)

内田啓介
生年月日:1992年2月22日
出身地:滋賀県
身長:179cm
体重:86㎏
大学:筑波大学

パナソニックワイルドナイツに所属している内田啓介選手。
ラグビーを始めたのはなんと小学校2年生の頃からなんだそうです。
伏見工業高校時代には日本代表に選ばれたこともあり、筑波大学ではラグビー部主将も務めた頼れる兄貴です。
2015年ラグビーワールドカップのバックアップメンバーにも選出されており次回のラグビーワールドカップでも期待が高まっているのではないでしょうか?

マシュー・ジャネイ

マシュー・ジャネイ
身長:185cm
体重:85㎏
大学:オックスフォード大学

オックスフォード大学のラグビー選手であるマシュー・ジャネイ選手。
マシュー・ジャネイ選手はあの映画・ハリーポッターシリーズで知られているエマ・ワトソンさんの恋人として知られていました。
現在は破局されているようですね。
ラグビーの実力も高く、チームの司令塔として素晴らしい活躍をしています。

クレイグ・ウィング

クレイグ・ウィング
生年月日:1979年12月26日
生まれ:オーストラリア シドニー
身長:180cm
体重:90㎏

日本代表としても活躍されてたクレイグ・ウィング選手。
イケメンとしても知られ、特にダンディさが非常に魅力的な為にダンディプレーヤー総選挙で1位になるほど。
男のエステでおなじみのダンディハウスのモデルにも起用された経験もあるんだとか。
神戸製鋼コベルコスティーラーズでも活躍をされていましたが現在は退団されています。

山田章仁(やまだ あきひと)

山田章仁
生年月日:1985年7月26日
生まれ:福岡県
身長:181cm
体重:90㎏
大学:慶應義塾大学

パナソニックワイルドナイツとスーパーラグビーのサンウルブズに所属している山田章仁選手。
5歳でラグビーを始めてから17歳以下、19歳以下、23歳以下と各世代の代表にも選ばれているトッププレイヤー。
2015年春に結婚しており、双子のお子さんが誕生しています。
「山田がボールを持てば、スタンドが沸く」とまで言われるほどそのプレーは注目を集め、日本代表間違いなしの人物です。

松井千士(まつい ちひと)

松井千士
生年月日:1194年11月11日
出身地:大阪府大阪市
身長:183cm
体重:77㎏
大学:同志社大学

松井千士選手の兄・松井謙斗選手も豊田自動織機シャトルズでラグビーの選手として活躍されています。
リオ五輪では7人制日本代表バックアップメンバーとしても選ばれました。
特筆すべきはその駿足で、50メートルを5.7秒で走破しています。

竹山晃暉(たけやま こうき)

竹山晃暉
生年月日:1996年9月25日
出身:栃木県宇都宮市
身長:176cm
体重:80㎏
大学:帝京大学

3歳からラグビーを始めたという竹山晃暉選手は50メートルを6秒で駆け抜ける足ももっているさわやかイケメン。
帝京大学では1年生にしてレギュラーを勝ち取り活躍。
2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京五輪でもぜひとも両方で活躍して欲しい選手でもあります。
実は父親は元力士だそうで、星鶴王という四股名だったそうです。

伊藤鐘史(いとう しょうじ)

伊藤鐘史
生年月日:1980年12月2日
生まれ:兵庫県神戸市
身長:191cm
体重:102kg
学歴:京都産業大学

神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属の伊藤鐘史選手。
激しくぶつかりあうロックというポジションを担当しながらも冷静さを保てることが強みで、チームの司令塔もこなしています。
大柄の体格であっても地を這うようなタックルができることが伊藤鐘史選手の強い武器の一つですね。

以上ラグビーのイケメン選手達をご紹介してきましたがその他のスポーツにもイケメン選手はたくさんいらっしゃいます♪
こちらでも詳しくまとめていますのでぜひご覧ください★

⇒⇒イケメンアスリートのまとめ

管理人のまとめ

ということでラグビーイケメン選手のまとめ一覧として人気のかっこいいラガーマンを記事にしてみました。

皆さんやはり鍛えに鍛えた男の魅力溢れる肉体をしていますね。

しかも筋肉が凄いだけでなく足もかなり速かったりと本当に驚かされるばかりです。

ラグビーはルールが難しい、よくわからない、というイメージもあってなかなかとっつきにく感じがしてしまいますが実際見てみてその迫力を楽しむだけでもまずは良いんじゃないのかなと思います。

今後絶対盛り上がってくるスポーツジャンルだと思いますし、ワールドカップや東京五輪に向けて今から少しずつ触れてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 鳥谷敬 (4)
  2. オナイウ阿道
  3. 初瀬亮 (2)
  4. 石崎剛
  5. 武尊
  6. プロ野球選手・女子アナ結婚まとめ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016クリスマスまとめ

2016年秋ドラマ

秋ドラマ2016のまとめ一覧♪

2016年秋ドラマ

秋アニメ2016のまとめ一覧♪

2016年秋アニメ

プロ野球2016の記事はこちら♪

baseball

美人アスリートのまとめ♪

美人アスリート

声優に関しての記事はこちら♪

特撮俳優はこちら

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです