中田翔はFA(2017)で阪神か巨人?カープやメジャー移籍の噂も

 

中田翔・FA
プロ野球のシーズンオフとなるとFA権取得した選手が取り上げられますね。

“中田翔がFA権取得したらどうなるの?”

ということですが中田選手は2017シーズン終盤には国内FA権を取得されるはずなのでその後の動向が注目されていくことでしょう

阪神?

巨人?

2018シーズンオフまで待って

メジャー?

という感じで侍ジャパンの4番候補なだけにFA権行使した場合の進路が気になるところです。

この記事ではそんな中田翔選手がFA権取得した場合について、いろいろまとめてみましたのでご覧ください~★

スポンサーリンク

中田翔は2017にFA取得で阪神?広島カープもある?

中田選手が国内FA権を行使した場合、真っ先に狙ってるくると思われるのが阪神です。

阪神ファンの間では中田選手がFA権行使した場合「一塁・4番」という構想もされているんだとか(笑)

高校時代に大阪で過ごしているだけに中田選手にとって甲子園は特別な思いもあるみたいですよ。

阪神は中田選手をドラフト1位で指名していましたので何かと近い縁を感じます。年俸面においても高額条件で複数年契約となるでしょうから中田選手にとってもチャンスなのかなと思いますね。

それに中田と同じ大阪桐蔭出身には西岡選手、藤浪投手、岩田投手がいますし何かとプラスなのかなと。

中田翔が大阪桐蔭で仲良しな選手は? 

そして何よりも金本監督と中田選手の関係です。

金本監督と仲良し?

阪神の金本監督が現役時代のオフは地元広島のジムでトレーニングされていたわけですが、2010年オフに中田選手と一緒にトレーニングされた過去があるんです。
中田翔・阪神

当時から金本監督は中田選手のこと“翔”と呼んでおり、中田選手も父親に近い年齢の金本監督を尊敬しているのがよくわかるコメントも残しているわけです。

噂では、飲みの場所になると阪神で現役を終えるのが夢だという説もあるくらいなのでこれが冗談だとしても阪神に対する印象は悪くはないのかなと思います。

ただ、同時に金本監督じゃないと阪神への移籍はないのかなと。

あと、中田選手が国内FA権を取得したときに広島カープに移籍するんじゃないかという声もあったりますが、これは中田選手が広島出身っていうことが大きいのかなと。

まず、広島カープはFA選手は獲らないという球団の方針があるので中田選手が実際に国内FA権を行使してもカープ獲得に動くことはないでしょう~

中田選手が国内FA権を取得して行使するともちろん、日本ハム側から猛烈な引き止めが入るのは間違いないので、争奪戦が予想されるでしょう。

トレードの噂も

中田選手の移籍話はFAだけじゃなくてトレードもあると言われています。

実現されたら大型トレード以上の話題となるでしょうけど、阪神側が中田選手に釣り合う選手を放出できるかという問題になります。

普通に考えて1対1のトレードはありえませんが、日本ハムも投手陣が手薄ということで比較的投手が良い阪神から数名いくことになるのかなと。

日本ハム側が阪神に条件を出すとすると

先発ローテを守れて10勝が計算できる投手1名
今後期待される若手投手2名

というくらいの条件は提示したいところなので阪神としてもなかなかすんなりいかないところもありますよね。

というのも過去に阪神と日本ハムは下柳剛投手、金村暁投手といった大型トレードを成立したことがあるだけに、中田選手が大型トレードの対象に入っても不思議じゃないという見方もできます。

FAとトレードの両方からでも阪神は中田選手を調査し続けていくことになりそうですね。

スポンサーリンク

中田翔は2017にFA取得で巨人?

中田選手が国内FA権を取得した場合に獲得に動き出すと言われているのが巨人です。

まだ本格的な動きはないとはいえ、チーム状況を見れば一目瞭然ですね

こちらの記事でも書いていますが、主力選手の衰えが目立っているのと、若手が伸び悩んでいることが問題視されています。

2007年から数年間はこれまでの巨人にはない生え抜き中心のチームになったわけですが、衰えに関しては仕方のないとことだけに補強が必要になりますね。

特に4番がここまでコロコロ変わる球団は珍しいのでそこまでチーム情報がよろしくないのがわかります。まぁ、求められるものが他球団よりも強いってのも関係しているんだなという印象もあります。

中田選手をFAだ獲得した場合は、間違いなく4番・ファーストとなるんでしょうけど、本拠地が広い札幌ドームでもあれだけのホームランを量産でできるわけですから巨人の本拠地である東京ドームなら軽くホームランのタイトルが獲れそうですね。
中田翔・巨人

ここ3年間のホームラン数です

2014年:27本
2015年:30本
2016年:25本

これが本拠地東京ドーム計算ならどのシーズンも40本は超えているのかと。

巨人が中田選手をどれだけ獲得に動き出すかはわかりませんが、年俸面でも相当な条件を出せるだけに欲しくないわけがありませんよね。

中田選手が巨人にFA移籍はある?

可能性的には低いと思いますけど、、、

スポンサーリンク

2018シーズンオフにメジャー移籍の可能性は?

中田選手はメジャーに対して以前から興味を示しています。

“30歳でヤンキースに移籍してA・ロッドになる”

実際に入団当初にもこのように公言していますのでプロに入団する前からメジャー志向だということがわかりますね。

入団した3年間は苦しみましたけど、“日本ハムの4番”から“日本の4番”とまで呼ばれる選手になっているので、性格的にも次はメジャー球団の4番?ってことも意識していることでしょう~(笑)

でも日本球界で残している実績ならメジャー球団も欲しいところですよね。

メジャーに移籍なら技術的にもいろいろ克服しないと難しいと言われることもありますが、ホームラン打者としてメジャーにいくならあの松井秀喜さんのようにメジャーでもホームランを量産する姿は是非とも見てみたいです。

WBC2017・侍ジャパンでもアピールするチャンスがあるので活躍次第で一気にメジャー移籍の可能性が広がっていきそうですね。
中田翔・メジャー

年俸面でも2016年は2億4500万円ということで中田選手自身は満足はしていません。

日本ハム側が用意できる年俸にも上限があるだけに、資金面が中田選手が一番に求めていることならメジャー挑戦は固いといえますね。同じ日本ハムからメジャーにいったダルビッシュ投手かもすでにいろんな話を聞いていることだと思います。

大谷選手のメジャーも間違いないだけに日本ハムからしたら4番とエースがダブルで放出するのは避けたいところですが、時間の問題になってきたのかなと。

メジャー移籍なら最短でも2018シーズン終盤になりますので、2017シーズンに国内にFA移籍しなかった場合はメジャー挑戦する可能性が高いといえるでしょう。

メジャー移籍については国内FA権を取得したその後の動向次第でほぼ見えてくるだけに注目ですね

関連記事

日本ハム・まとめ

管理人のまとめ

以上、中田翔のFA情報についてまとめてみました。

やっぱり注目は国内FAになります。

実際に国内FA権を取得して行使したら数々の球団が興味を示すことは間違いありませんが年俸面でいい条件を出せる球団に限ります

そうなると2017シーズンオフには阪神、巨人にソフトバンクも有力と考えれますし、、2018シーズンオフにメジャーに挑戦もあります。

大谷選手もメジャーにいくでしょうし、中田選手に抜けられたら日本ハム側からすれば大ダメージなので全力で引き留めにいくことでしょう。

国内FAか、メジャーか、

中田選手のFAについては今後の目玉になっていくので注目していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 西川遥輝・日本ハム
  2. サッカー日本代表歴代イケメンベスト30
  3. 高梨裕稔・彼女
  4. オナイウ阿道
  5. 岩貞祐太 (2)
  6. 公家響
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016クリスマスまとめ

2016年秋ドラマ

秋ドラマ2016のまとめ一覧♪

2016年秋ドラマ

秋アニメ2016のまとめ一覧♪

2016年秋アニメ

プロ野球2016の記事はこちら♪

baseball

美人アスリートのまとめ♪

美人アスリート

声優に関しての記事はこちら♪

特撮俳優はこちら

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです