阪神ドラフト2016の評価は失敗?ブーイングの理由や新戦力まとめ

 

阪神ドラフト2016・評価
阪神のドラフト2016の評価が話題になっています。

当初阪神のドラフト1位予想選手として桜美林大の佐々木千隼投手が有力候補として見られていましたが、阪神がドラフト1位で指名したのは

白鴎大の大山悠輔選手です

そのことで、阪神のドラフト2016の評価が失敗でブーイングが起きてることが取り上げられていますね。金本監督は打者出身なだけに阪神の大砲不足を誰よりも気がかりに思っているはずなので、今後の采配が楽しみではありますね。

何かと賛否両論の声がありますが人気球団の宿命といったところでしょうか。

というわけでこの記事では、阪神のドラフト2016の評価は失敗だったのか?ブーイングの理由とドラフト新戦力選手紹介についてもまとめていきますのでご覧ください~★

スポンサーリンク

阪神のドラフト2016の評価は失敗?ブーイングの理由も

阪神はドラフト1位で白鴎大の大山悠輔選手を指名したわけですが、会場で指名が発表されると驚きの声があがっていました。

誰もが創価大の田中正義投手か、桜美林大の佐々木千隼投手だと思っていたからでしょう。

ブーイングの理由については、阪神は以前から即戦力右腕を最優先していたことが明らかだったのです。

阪神は打力が弱いチームですが、それよりもまず先発ローテーションの補強が妥当だということだったのですが、急きょ金本監督の意向から大山悠輔選手をサプライズ指名したということでブーイングの声に繋がっているんだと思います。

阪神のドラフト2016の評価は失敗?

阪神のドラフトの評価についていろいろ賛否の声があがっていますが、結果論的なことが後付けされているわけです。

ドラフト1位:佐々木千隼
ドラフト2位:大山悠輔

このように最高のドラフト1位2位の形にできたからです。

何故なら佐々木千隼をどこの球団もドラフト1位指名をしなかったので、結果的に阪神が佐々木投手を一本釣りできたというわけで、ドラフト2位でも大山悠輔選手を十分に獲得できたのです。

大山選手をドラフト1位でとらなくてもドラフト2位でも十分にとれたということで各球団のスカウト陣は阪神のドラフト2016について「最悪」という評価をしています。

このようにいろんな意見がありますが、一番の問題は阪神の大砲不足なんじゃないかなと思います。

金本監督がどの選手よりも大山選手と優先したかったことには違いがないので、佐々木投手を同時に獲得できたことについて勿体無いなという概念はないんじゃないですかね。

それよりも大山選手をほかの球団に譲りたくはないという思いが何よりも強いのがよくわかります。

というよりも、佐々木投手がドラフト1位でどこの球団も指名しなかったとかその時にならないとわからないことなので、あとから言われても金本監督からしたらたまったもんじゃありませんけどね(笑)

阪神のドラフト2016の評価についてはいろいろ言われることがありますが、失敗か成功についてはシーズンが始まって1年目で活躍する選手もいれば数年後に活躍する選手もいるのでそのときになってみないとわからないので、ドラフトの評価を終わってからすること自体おかしいのかなと思っています。

今回のドラフト選手が将来的に活躍すれば成功ですし、活躍できなければ失敗ということになるのかなと。

続けて、阪神ドラフト2016に入団する新戦力を紹介していきます~!

スポンサーリンク

大山悠輔(白鴎大)・ドラフト1位

大山悠輔・阪神
生年月日:1994年12月19日
出身:茨城県下妻市
身長:181センチ
体重:85キロ
投打:右投右打
ポジション:内野手

右の大砲候補として金本監督の期待に1年目から応えることができるのか注目ですね。

ドラフト1位指名の発表では色々嫌な思いもしたでしょうけど、結果を残して挽回してほしいですね。内野の守備にも高評価で二遊間か三塁か、ポジション争いに加わって昨年のルーキー高山選手のときのように開幕スタメンを迎えれる選手になれば最高でしょう。

長打だけじゃなくてしなやかさにもあるということで、ヤクルトの山田選手にもタイプが近いんだとか。阪神の将来の4番に座っている逸材なだけに1年目から期待しています。

大山悠輔(阪神)の評価や背番号は?母と彼女を調査!出身中学高校も 

小野泰己(富士大)・ドラフト2位

小野泰己・阪神
生年月日:1994年5月30日
出身:福岡県北九州市
身長:183センチ
体重:77キロ
投打:右投右打
ポジション:投手

最速152キロの直球が武器で、佐々木千隼投手を断念しただけに小野投手にかかる期待は大きいです。

今回の大卒選手は藤浪投手と学年が一緒なので、その辺についても注目したくなります。阪神の先発ローテーションはまだまだ空きがあるので、是非とも1年目からローテーション狙ってほしいですね。

スローカーブも魅力で緩急をつけたピッチングシーズン通して登板できれば阪神の投手陣は一気に分厚くなるだけに楽しみです。

才木浩人(須磨翔風高)・ドラフト3位

才木浩人・阪神
生年月日:1998年11月7日
出身:兵庫県神戸市
身長:188センチ
体重:79キロ
投打:右投右打
ポジション:投手

中学2年から投手を始めたとうことで、歴は浅いですが修正能力が高いということが評判です。

性格的には明るいのでファンから愛されるタイプなんだろうなという印象がありますし、公立高校からプロ入団ということで応援したくなりますね。

12球団から調査されていただけに将来性は間違いないので、早く1軍登板が見たいですね、金本監督なので1年目からの登板は十分にありえます。

藤浪投手を越えることを掲げているだけに期待したいですね。

濱地真澄(福岡大大濠高)・ドラフト4位

濱地真澄・阪神
生年月日:1998年5月25日
出身:福岡県福岡市
身長:184センチ
体重:88キロ
投打:右投右打
ポジション:投手

高校に進学してから常に進化しており、150キロも計測しています。

素材はそろっているので2年~3年で1軍に入ってくるといったところでしょうか。
ストレートがいいだけにそこにスライダーとチェンジアップに磨きがかかれば十分な戦力になれるという評判があります。

阪神の高卒投手の1軍デビューは比較的早いので、2017シーズンの1軍登板も十分にありえるのかなと。

糸原健斗(JX-ENEOS)・ドラフト5位

糸原健斗・阪神
生年月日:1992年11月11日
出身:島根県雲南市
身長:175センチ
体重:80キロ
投打:右投左打
ポジション:内野手

シャープな打撃で足も速いということで3割を期待できる内野手

相手投手からタイミングをずらされても対応できる技術が評価されているだけに将来的にはファールで粘ったり相手からくせ者と言われる2番打者への期待といったところでしょうか。

体作りができたら職人タイプといわれる選手になっていくんだろうなという予感もあります。

福永春吾(徳島インディゴソックス)・ドラフト6位

福永春吾・阪神
生年月日:1994年5月14日
出身:大阪府
身長:185センチ
体重:90キロ
投打:右投左打
ポジション:投手

最速152キロに恵まれた体格が魅力な投手

重心のかかったストレートで独立リーグでは最多奪三振のタイトルを獲っているだけに先発としても魅力的ですが、ここ一番で三振がほしいときにリリーフとしての登板でも頼れる選手になってほしいところですね。

球種のスライダー、カーブ、チェンジアップが1軍のマウンドでどれだか通用するか見ものです。

スポンサーリンク

長坂拳弥(東北福祉大)・ドラフト7位

長坂拳弥・阪神
生年月日:1994年4月28日
出身:群馬県富岡市
身長:173センチ
体重:78キロ
投打:右投右打
ポジション:捕手

小柄な選手ですが、遠投95mの強肩やリード面などの守備力の評価が高いです。

打撃に関しても力強いスイングで長打も期待できることで、体格的にも西武の森捕手に近い印象があります。小学、中学、高校、大学時代は全てキャプテンとしての経歴があるので将来的には阪神の野手キャプテンとしての期待したくなりますね。

原口選手が有力といわれるなかで守備面ではアピールできれば1年目からスタメンマスクを被ることも出てきそうですね。

藤谷洸介(パナソニック)・ドラフト8位

藤谷洸介・阪神
生年月日:1996年2月12日
出身:山口県
身長:194センチ
体重:90キロ
投打:右投右打
ポジション:投手

第2の藤浪?と思わせる体格ですね。

球速については140キロ前後ですが、194センチから角度のついたボールに落差のあるカーブということで打たせながら抑えていくタイプでしょうか。ソフトバンクの二軍試合で柳田悠岐をゴロで打ち取ったことがあるそうです。

相手打者からすれば球速以上の感覚があるのではと思います。

関連記事

阪神タイガースのまとめ 

管理人のまとめ

ということで、阪神ドラフト2016の評価とブーイングの理由、そしてドラフト新戦力についてまとめてみました。

ドラフトの評価があまりよろしくないですが、阪神は毎年何かについて話題にされる宿命があるので今回もその一環なのかなと思われます。大事なことは今回ドラフト入団した選手がどれだけブレイクしてくれるかですね。

やっぱり一番期待しているのは大山選手になります。金本監督と同じ大砲選手ということでキャンプとオープン戦次第で高山選手に引き続き開幕一軍あるかもですね。

先発ローテーション、中継ぎ、野手についてもまた1からの競争になる阪神なだけに今回入団した選手も大いにチャンスがあるといえますね。

個人的にも大山選手の開幕1軍は期待したいです。

2016年、阪神にドラフト入団した選手の活躍を期待しています☆彡

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 髙藤直寿
  2. 高橋由伸
  3. 太田雄貴1
  4. 武尊
  5. 板橋美波
  6. 田口良一
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016クリスマスまとめ

2016年秋ドラマ

秋ドラマ2016のまとめ一覧♪

2016年秋ドラマ

秋アニメ2016のまとめ一覧♪

2016年秋アニメ

プロ野球2016の記事はこちら♪

baseball

美人アスリートのまとめ♪

美人アスリート

声優に関しての記事はこちら♪

特撮俳優はこちら

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです