豪栄道の結婚や彼女は?父親と母親は離婚?出身地や国籍も調査

 

豪栄道

2016年秋場所も終了して、優勝した大関・豪栄道関が非常に話題になりましたね。

カド番での全勝優勝という快挙に日本中が盛り上がったことは記憶に新しいと思います。

もしかしたら横綱への昇格も期待されている豪栄道関に、相撲を知っている人も普段あまり見ない人も興味が湧いてきているのではないでしょうか?

というわけでこの記事では、豪栄道関の結婚や彼女の噂、父親と母親が離婚しているという事実や出身地・国籍についても調査してみました。

スポンサーリンク

豪栄道の出身地や国籍は?プロフィールも

豪栄道2
四股名:豪栄道 豪太郎(ごうえいどう ごうたろう)
名前:澤井 豪太郎(さわい ごうたろう)
生年月日:1986年4月6日
出身:大阪府寝屋川市
身長:183cm
体重:160kg
所属部屋:境川部屋

豪栄道関の本名は澤井 豪太郎(さわい ごうたろう)。

男らしくて力強さを感じる名前でピッタリですよね~。

また、豪栄道関の生涯戦歴は544勝385敗26休(70場所)となっています。

受賞歴は優勝1回、殊勲賞5回、敢闘賞3回、技能賞3回。

出身地は大阪府寝屋川市で、国籍はもちろん日本です。

モンゴル出身の強豪力士が増えて生きている中で、日本人力士が活躍をするとやはり嬉しいものがありますよね。

故郷の寝屋川市で10月16日(日)に優勝祝賀パレードを行うことも決まっており、当日は大きな盛り上がりが期待されています。

ちなみに、カド番とは「大相撲の本場所において負け越しをした場合に、その地位から陥落するという状況」です。

つまり負け越した場合は豪栄道関は関脇に落ちてしまっていたわけですね。

大関に昇進した当時の豪栄道関はその成績の悪さから史上最弱の大関とまで言われてしまいました。

■豪栄道関の主な成績

2014年9月場所:8勝7敗
2014年11月場所:5勝10敗
2015年1月場所:8勝7敗
2015年3月場所:8勝7敗
2015年5月場所:8勝6敗1休
2015年7月場所:9勝6敗
2015年9月場所:7勝8敗
2015年11月場所:8勝7敗
2016年1月場所:4勝11敗
2016年3月場所:12勝3敗

しかし2016年秋場所でまさかの全勝優勝

これは誰一人として想像をしていなかったことであり、驚きと称賛の声が非常に多かったですね。

実は今まで稽古場では非常に仕上がりが良かったのに本場所となると力が出し切れていないということが多かった豪栄道関。

怪我なども今までいくつもしてきた中で、今場所は稽古場通りの相撲、自分の相撲をしっかりと取ることができたのが勝因と言われています。

では次にそんな豪栄道関のプライベートな部分にも触れてみたいと思います♪

スポンサーリンク

豪栄道の結婚や彼女は?

優勝で非常に周りから祝福ムードではありますが、豪栄道関のご結婚や彼女の噂などはどうなのでしょうか?

関取の結婚相手は非常に綺麗な方が多いですし、そういう相手が豪栄道関にもいるんじゃないかなと思い調べてみましたが現在はお付き合いされているような方はいらっしゃらないようです。

豪栄道関が結婚相手に求める理想として「落ち着き」があるようで、やはり勝負事の世界で戦っている身としては落ち着く場所を求めているのかもしれませんね。

今後、良いお相手と巡り合うことをお祈りしつつ、豪栄道関の結婚や彼女の情報について引き続きチェックしていきたいと思います♪

豪栄道の父親と母親は離婚?家族構成も

豪栄道関の家族構成について調査してみたところ、父親・母親・姉となっていました。

豪栄道家族

豪栄道関の父親は沢井雅博さんで、母親は沢井真弓さんというお名前です。

お姉さんは笠原優雅(ゆうや)さん

名字が豪栄道関と違うのは現在ご結婚されているということがわかります。

写真を見てもわかるように非常にきれいな方ですね。

お姉さんは6歳年上で、お子さんもいらっしゃるようです。

ちなみに一部の噂で父親の沢井雅博さんと母親の沢井真弓さんが離婚しているのではないか?ということが囁かれています。

どうやら豪栄道関が優勝した瞬間に立ち会っていた母親へのインタビューが非常に注目されてしまい、父親が映っていないことから「夫婦仲が悪いのではないか?」という想像が独り歩きして「離婚しているのでは?」というように噂に尾ひれがついてしまったようです。

ご両親は豪栄道関のご実家の寝屋川市で仲良く暮らしているということで心配はいらないようですね♪

管理人のまとめ

ということで豪栄道関の結婚や彼女の噂、父親と母親が離婚しているという事実や出身地・国籍について記事にしてみました。

カド番から優勝という快挙を成し遂げて日本中がお祝いムードとなった豪栄道関。

しかもその優勝が全勝優勝ですから喜びもひとしおだったのではないでしょうか?

横綱昇格もあるのでは無いかということでますます今後の取組に豪栄道関も力が入っていくことかと思われます。

次場所ではプレッシャーも半端ではないと思いますが、相撲というものは心の在り方で勝負がひっくり返ることもある競技です。

豪栄道関にはこの優勝を糧にして自分の相撲を大事にしていって欲しい所ですよね♪

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 吉田正尚・オリックス
  2. プロ野球契約更改2017・ロッテ
  3. 保田賢也
  4. 吉川尚輝・巨人
  5. リオ五輪海外イケメンアスリートランキング
  6. 藤平尚真 (2)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです