プロ野球戦力外予想まとめ【2016・2017ソフトバンク編】

 

ソフトバンク戦力外2016
プロ野球戦力外予想2016~2017!

福岡ソフトバンクホークスの戦力外予想についてピックアップします~!

ソフトバンクは毎年首位を独走して、どこの球団からも羨ましがられる選手が揃っていますよね。

その半面、競争が激しい球団ということにもなりますので、戦力外通告される選手も続々出てくるというわけです。

2016~2017のオフシーズンにはどのくらいの選手が戦力外通告されることになるんでしょうか。

というわけでこの記事では、福岡ソフトバンクホークス2016~2017のオフシーズンに戦力外通告予想選手を一覧にしてみましたのでご覧ください~★
スポンサーリンク

細川亨

細川亨
2016シーズン成績:42試合 打率.221 1本塁打 5打点
通算成績:1367試合 打率.203 83本塁打 364打点

西武の名捕手として君臨して、FAでソフトバンクに移籍してからも見事な活躍を見せていますが、2015シーズンから全体的に衰えが見えています。
競争の凄まじさは他の球団にはないものがあり、今季までの契約ということで年俸大幅ダウンの場合は事実上戦力外という捉え方もできます。

このオフの注目ポイントとなりますね。

山田大樹

山田大樹
2016シーズン成績:4試合 1勝1敗 防御率5.93
通算成績:68試合 23勝26敗  防御率3.41
 

育成選手から一度自由契約となりますが、見事這い上がって支配下登録、先発ローテーション入りを果たしたことは凄いですよね。
2014シーズンから不調や補強の影響でほとんど登板がありませんので、ソフトバンクというチームを考えると今後なかんかチャンスがないのかなという印象はあります。

個人的には応援したい選手でもありますので、何とか復活を果たしてほしいですね。

巽真悟

巽真悟
2016シーズン成績:1軍登板なし
通算成績:24試合 1勝4敗 防御率7.50

プロ2年目から開幕ローテーションに入りますが、結果が出ず2軍生活が続いています。
2015シーズンにようやくプロ初勝利を果たしますが、好不調の波があってリリーフに転向してからもインパクトのある活躍は残せていないということで2016シーズンオフに戦力外通告を受ける可能性は高いと言えますね。

追記:戦力外決定

エディソン・バリオス

バリオス
2016シーズン成績:11試合 0勝2敗 3H 防御率7.82
通算成績:46試合 2勝5敗 1S 23H 防御率4.43

ソフトバンクに移籍して3年目の2015シーズンに中継ぎとして力を発揮しますが、対戦相手から研究されたことも影響してか乱調のイメージが強くなってしまいました。
このチームでしかも外国人投手として考えた場合は今後の去就は微妙かなと。

追記:退団決定

柳瀬明宏

柳瀬明宏
2016シーズン成績:2試合 0勝0敗 防御率4.50
通算成績:216試合 11勝6敗 52H 8S 防御率3.00

ソフトバンクに入団してからは2年目、3年目と活躍して飛躍が期待された2009シーズンには怪我に苦しみ、手術の影響で戦力外通告を受けました。

その後、育成選手契約、2012には支配下登録に復活したとうことで波乱万丈から這い上がった精神力は素晴らしいですね。
ただ2015、2016シーズンの登板数をみたら再び戦力外通告される可能性はあります。

追記:戦力外決定

スポンサーリンク

嘉弥真新也

嘉弥真新也
2016シーズン成績:5試合 0勝0敗 防御率8.59
通算成績:97試合 3勝3敗 6H 防御率3.59

入団2年目に40試合に登板して翌年も結果を残して首脳陣からの信頼を勝ち取りますが、2015シーズンから打ち込まれて試合数も激減します。
2016シーズンはさらに悪化していますので、選手層を考えたときに戦力外予想には入ってしまいます。

金子圭輔

金子圭輔
2016シーズン成績:7試合 打率.000 0本塁打 0打点
通算成績:250試合 打率.200 0本塁打 17打点

ダイエーホークス時代に入団してトレードでオリックス、さらにトレードでソフトバンクに復帰。

守備固めとして出場する機会が多いですが、2015から2016シーズンと出場機会に恵まれないところを見るとこれだけのチームだけに来季の構想から外れてもおかしくはありません。

追記:戦力外決定

塚田正義

塚田正義
2016シーズン成績:1試合 0本塁打 0打点 打率.000
通算成績:17試合 打率.125 1本塁打 2打点

プロ3年目の終盤から1軍での出場を果たしますが、それ以降の出場を見ると今後の出場は難しいかなという印象です。
外野と内野のあらゆるポジションを経験してるだけに控え選手として、何とか1試合でも多く結果を残したいところですが、与えられるチャンスが少ないチームだけに現状厳しいです。

バーバロ・カニザレス

カニザレス
2016シーズン成績:16試合 打率.179 0本塁打 3打点
通算成績:38試合 打率.259 1本塁打 8打点

様々な球団を渡り歩いて2014シーズンからソフトバンクに加入したわけですが、これまでほとんど2軍生活となっています。
二軍では結果を残しているということもあり、2016シーズン開幕前には李大浩選手が抜けたことで期待されましたが現状戦力外通告も近いのかなという感じですね。

追記:退団決定

スポンサーリンク

釜元豪

釜元豪
2016シーズン成績:1軍出場なし
通算成績:1軍出場なし

2011年の育成選手ドラフト1位で入団しますが、3年間で支配下登録がなかったため規約に基づき一度自由契約となります。

再び、育成契約を結び、支配下登録も果たして期待されますが、これまで1軍出場はありません。身体能力が高い大型選手で俊足に強肩ということで球団側がどこまで猶予を見てくれるかがわからない状態ですね。

伊藤大智郎

伊藤大智郎
2016シーズン成績:1軍出場なし
通算成績:1軍出場なし

2010年の育成ドラフト3位で入団して中継ぎとして期待される投手。
6年在籍でまだ支配下登録されたことがなく、2015シーズンの2軍でも防御率も6点台ということで不安定を感じさせる結果となっています。

時期的にそろそろ戦力外通告されてもおかしくはないでしょう。

関連記事

プロ野球戦力外予想2016~2017についてはこちらまとめてご覧頂けます~!

巨人2016戦力外予想についてはこちら~!
プロ野球戦力外予想【2016・2017巨人編】引退や退団選手一覧

広島2016戦力外予想についてはこちら~!
プロ野球戦力外予想【2016・2017広島編】引退や退団選手一覧

阪神2016戦力外予想についてはこちら~!
プロ野球戦力外予想【2016・2017阪神編】引退や退団選手一覧

横浜2016戦力外予想についてはこちら~!
プロ野球戦力外予想【2016・2017横浜編】引退や退団選手一覧 

中日2016戦力外予想についてはこちら~!
プロ野球戦力外予想【2016・2017中日編】引退や退団選手一覧

ヤクルト2016戦力外予想についてはこちら~!
プロ野球戦力外予想【2016・2017ヤクルト編】引退や退団選手一覧

北海道日本ハムファイターズの2016戦力外予想についてはこちら~!
プロ野球戦力外予想まとめ【2016・2017日本ハム編】 

東北楽天ゴールデンイーグルスの戦力外予想2016についてはこちら~!
プロ野球戦力外予想【2016・2017楽天編】引退や退団選手一覧 

埼玉西武ライオンズの戦力外予想2016についてはこちら~!
プロ野球戦力外予想【2016・2017西武編】引退や退団選手一覧 

千葉ロッテマリーンズの戦力外予想2016についてはこちら~!
プロ野球戦力外予想まとめ一覧【2016・2017ロッテ編】 

オリックス・バファローズの戦力外予想2016についてはこちら~!
プロ野球戦力外・引退予想一覧【2016・2017オリックス編】 

管理人のまとめ

ということで、プロ野球戦力外予想2016~2017の福岡ソフトバンクホークス編についての記事をまとめてみました。

とにかく常勝球団で競争が激しいので、チャンスの機会が他の球団と比べても極端に少ないのが特徴的ですよね。当然のように活躍できないと戦力外通告されていきますが、今回紹介した選手が残留、移籍、引退とそれぞれの道を歩んでもそのステージでの活躍を期待したいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 鈴木誠也 (2)
  2. プロ野球契約更改2017・巨人
  3. 甲子園
  4. 和氣慎吾 (3)
  5. 広島ドラフト2016
  6. 畠山愛理
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016クリスマスまとめ

2016年秋ドラマ

秋ドラマ2016のまとめ一覧♪

2016年秋ドラマ

秋アニメ2016のまとめ一覧♪

2016年秋アニメ

プロ野球2016の記事はこちら♪

baseball

美人アスリートのまとめ♪

美人アスリート

声優に関しての記事はこちら♪

特撮俳優はこちら

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです