糸井嘉男がFAで阪神か巨人?天然伝説も!筋肉画像や嫁と子供も調査

 

糸井嘉男
オリックス・バファローズの糸井嘉男選手をピックアップします~!

糸井選手のことをプロ野球ファンで知らない人はいませんが、おさらいします~

もともと日本ハムに投手として入団して、なかなか芽が出なかったのですが抜群の身体能力と打撃センスで外野手に転向してからは数々のタイトルを受賞して一流選手の仲間入りすることになりました。

その後、オリックスへの電撃トレード。

そして糸井選手は2016年にFA権を取得しているということで、オフのにFA権を行使するのか話題となっていきますね。

糸井選手ならどこの球団も欲しいのは当然のことで、移籍先の球団が阪神、巨人だという噂もあります。

というわけで、この記事ではそんな糸井選手のFA権行使した場合の移籍球団、常に話題の伝説や筋肉、嫁と子供についてもまとめていきますのでご覧ください~★

スポンサーリンク

糸井嘉男は2016年FA権行使?阪神?巨人?

プロ野球2016シーズンにFA権を取得された選手は複数しますが、その中でも最も目玉となるのが糸井選手ですね。

糸井選手程のレベルなら全12球団欲しいのは間違いありませんが、年俸の問題もあるので球団は限られてきます。

水面下で糸井選手を獲得に動き出しているといわれているのが阪神と巨人です。両チーム人気球団で大型選手を獲得する力は十分にありますよね。

そこで阪神と巨人のチーム現状をまとめてみました

阪神の現状

阪神は金本監督になってから超変革ということで若手育成を中心に戦っていますので、ここで大型補強の糸井選手が入団するとなると賛否両論の意見がかなり出てくると予想されます。

阪神の外野手といえば絶対的な信頼があるのは福留選手のみです。ルーキーの高山選手も開幕スタメンを果たすなど素晴らしい成績をあげていますがまだ成長過程ともいえます。

超変革が機能するまでにはあと数年はかかるといわれる中で球団側はどういう決断をするのかですね。

福留選手の年齢的なこともあるので、いろんな意味で厳しくなってきそうですが個人的にはこのまま生え抜き選手で外野も揃えてほしいなという思いがある反面、糸井選手がFA移籍したら相当盛り上がるだろうなというのもあります。

若手だけは目の前の優勝は難しいのでそのなかでベテラン選手が1人加わることで間違いなく戦力は大幅にアップします。

阪神の外野は若手の高山選手、江越選手、中谷選手、横田選手が今後のポジション争いになってくるかと思います。

そこに糸井選手が加わることで、レギュラーが福留選手と、糸井選手になってくると思うので外野は1枠しか空きませんので若手のチャンスが一気に軽減しますね。

金本監督もシーズン前はこのようにコメントしています。

チャンスはやる。だけど、それでダメなら大型補強もする。ダメならお前たち(若手)の責任。だから、大型補強をさせるな

とのことなので、若手選手が金本監督の信頼を勝ち取らないといけないということになりますのでオフに入って球団側と金本監督との話し合いでどうなっていくのかが注目されることになります。

巨人の現状

巨人の2016シーズンは開幕か貧打に苦しんでおり、外野のポジションで固定されているのは長野選手のみといっても過言ではありません。

そう考えると糸井選手の加入は願ってもいない補強となりますよね。あと糸井選手の家族は現在東京に住んでいるということで巨人にFA移籍することが糸井選手からしてもベストではないかという声もあります。

そして、巨人はユニホームのスポンサー「アンダーアーマー」と契約しているのですが、このスポンサーが糸井ともアスリート契約を結んでいるということでも巨人とは何かと縁があると言われていますね。

いろいろ見てみると糸井選手にとってもFA宣言したときの条件は巨人の方が良さそうですし、巨人側からしてもここまで条件が一致してるだけにチーム現状を考えると糸井選手の獲得は必須にも思えます。

両チームとも糸井選手の獲得に興味はあるようですが、阪神は目の前の優勝よりも若手の育成にフォーカスしている分、糸井選手がFA宣言した場合、可能性的には巨人に入団する可能性の方が高いのかなという印象はありますね。

こちらの選手のFA移籍情報も気になるところです。
陽岱鋼がFAでソフトバンク? 

平田良介はFAで阪神? 

どちらにしてもオフになれば糸井選手のFAについて話題になってくるので今後の去就に注目していきたいと思います。

追記:糸井が阪神入り決定

糸井選手が阪神への入団が決まりましたね。
すでにオリックス側に伝えているということで、阪神にとっては大きな戦力となりますね。

打順は1番?3番?金本監督は2番も面白いと仰っていましたけど、スタメンオーダーが楽しみです!

スポンサーリンク

糸井嘉男の天然伝説が面白い!

糸井選手は昔か”天然”ってことは有名でいろんな面白い「伝説」があります。そこでこちらではその「伝説」をまとめてみました。

豪速球伝説

投手時代に投球練習でカーブを投げるはずが、ロージン(滑り止め剤の粉末)を触ったりするうちに忘れて豪速球を投げてしまって叱られる。

三塁に逆走伝説

投手から野手に転向して初めての試合で打った瞬間に本来野球は一塁に向かって走りますが、糸井選手はなぜか三塁に向かって逆走。

エビフライ伝説

ドラフト指名を受けたときに、日本ハムの球団側との会食の後にインタビューを求められた糸井選手は「エビフライ!」と食事したメニューを答えてしまう。

ハイタッチ伝説

大学時代に投手であった糸井選手は乱調して、ベンチに帰った糸井選手の頭を監督が叩こうとした瞬間に糸井選手は「ハイタッチ」で返してしまう。

濃紺伝説

投手時代にコントロールが悪かった糸井選手は「ノーコン」と言われると「濃紺じゃないですよ!」と着ていたシャツの色を指摘されたと勘違いしてしまう。

リップクリーム伝説

契約更改でサインするときに、ハンコを出そうとしたら「リップクリーム」だった。

このように糸井選手の「伝説」は普通ならあり得ないことばかりですが、ファンの間というか、プロ野球界でも有名ですよね~!

これだけの一流選手だかこそここまでピックアップされると思いますので、今後も糸井選手の伝説に期待しています(笑)

糸井嘉男の筋肉が評判!嫁は誰?子供はいる?

糸井選手といえばスバ抜けた身体能力ということで筋肉が凄いことは常に評判になっていますよね。

その凄まじい筋肉画像はこちら~!
糸井嘉男・筋肉
糸井嘉男・筋肉 (2)

まさに完璧な体形ともいえますね!

こちらが外野に転向して間もない頃の糸井選手だと思われます~
糸井嘉男・筋肉 (3)

今と違って体の線が細いですね~

野手に転向したことがきっかけでウエイトトレーニングを本格的に始めたそうですね、プロ野球選手は入団当初よりも体は遥かに大きくなることは当然なのですが、糸井選手の場合は筋肉の質が全然違うようにも思えます。

シーズン中で披露が溜まると選手にとってはトレーニングできない選手もいるといいますが、糸井選手はそういうときでも試合前にきちんとメンテナンスされているのがよくわかりますね。

糸井選手は実際の年齢よりも体内年齢はかなり若いはずなので、まだまだ一線の活躍が期待できることでしょう~!

気になる子供についても調査してみました~!

糸井選手は2005年に一般女性の「佐藤恵美」さんという方と入籍されています。一般人の方なので詳しい情報まではわかりませんでしたね。

あと、2人の子供に恵まれたということではありますが、男の子なのか、女の子なのかは公表されていません。

父親の糸井選手がこれだけの身体能力なので、お子さんで男の子がいたらアスリートになった場合有名選手になっていきそうな気もしますね~!

きっと4人家族ということで、上記で書いたように東京に住まれているようですよ。

家での糸井選手はどんなお父さんなのかなかなか想像つきにくいですが(笑)

プロ野球の関連記事

プロ野球についてはこちらからまとめてご覧頂けます~!
プロ野球のまとめ

管理人のまとめ

ということで、オリックス・バファローズの糸井嘉男選手のFA権取得で移籍の噂について、伝説や筋肉、嫁と子供についてまとめてみました。

糸井選手は以前からメジャーでも十分活躍できる選手といわれており、本人もそれを視野に入れていましたが最近はそういう話はありません。

ということでますます国内移籍について気になるポイントとなりますね~!

毎年オフシーズンにはFA移籍の目玉として注目されますが、今回は糸井選手が最もその対象になっていくのではないでしょうか?

今後の糸井嘉男選手の動向を追っていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです