鈴木昭汰(常総学院)の出身中学は?両親や弟も調査!ドラフト進路も

 

鈴木昭汰
高校野球2016夏!

今回は常総学院のエース・鈴木昭汰投手をピックアップします~!

鈴木投手は2年の春からエースとしてチームを引っ張りプロからも注目を浴びています。

でも、3年になった春のセンバツでは優勝候補として期待されながらもまさかの初戦敗退と悔しい結果に終わりましたので、今回の夏の甲子園でも春の屈辱を晴らすいい機会ですね。

プロ注目左腕のドラフト候補がどこまでの結果を残せるが見どころです。

この記事ではそんな常総学院、鈴木昭汰投手の出身中学、両親に弟、気になるドラフト進路についてもまとめていきますのでご覧ください~★

スポンサーリンク

鈴木昭汰(常総学院)の出身中学は?両親と弟も調査

鈴木投手のプロフィールからまとめていきます~!
鈴木昭汰 (2)
名前:鈴木昭汰(すずき・しょうた)
生年月日:1998年9月7日
出身:茨城県土浦市
身長:176センチ
体重:77キロ
投打:左投左打
ポジション:投手

鈴木投手は「土浦市立東小学校」に入学すると小学1年から野球を始めると「永国東ジャイアンツ」でプレーします。

中学は「土浦市立土浦第四中学校」「土浦霞ヶ浦ボーイズ」に所屬すると、中学三年のときには全国大会で優勝を果たしています。

そして、U-15日本代表にも選ばれると、チームのエースとしてアジアチャレンジマッチで優勝投手に輝いたという実績の持ち主です。
鈴木昭汰

高校球児で有名になる選手の多くは日本代表を経験していますよね。

同じ世代ではこの2選手もU-15日本代表に選ばれています。
横浜高校・藤平尚真 

京都翔英・石原彪 

特に、横浜高校・藤平投手とは今後プロの世界にいっても比べられることが多くなっていきそうですね。

その後、高校野球の名門でもある「常総学院」に入学すると1年の春からベンチ入りしてその秋には関東大会ベスト4を達成し、29.1イニングで4失点に防0.92という素晴らしい成績を残します。

2年になると春の選抜に出場して、14年ぶりのベスト8に貢献して絶対的なエースに成長したわけです。

ドラフト候補として注目されていますので、将来が楽しみですね!

そして、鈴木投手の家族構成ですが、両親に弟がいるということですが、現在家族についての詳しい情報はありません。

日本代表や甲子園出場という経歴をもつ投手なので、どういう教育をされてきたのか気になるところではありますね、弟さんも野球人なんでしょうか?

今後、プロにいって明かされていくことでしょう!

その辺についてもまた追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

鈴木昭汰(常総学院)のドラフト進路が気になる

鈴木投手は最速143キロの左腕ということで、豪腕タイプではありませんが、スライダー、チェンジアップ、シュート、ツーシーム、カーブ、カットボールといった球種が多彩なピッチャーです。

特に縦と横に変化するスライダーに定評がり全国でもなかなかここまでの切れ味のスライダーはないとい評価されています。プロのスカウト陣からはどのような評価を受けているのか見てみましょう~!

▼広島・尾形スカウト▼

左打者にも右打者にも内角へのボールが素晴らしい。左腕で試合を作る力が高い。当然リストに入ってくる

▼中日・佐藤スカウト▼

両サイドにしっかり投げられて自滅しない。左腕で、変化球でストライクも取れる。おもしろい投手

▼中日・中田宗男スカウト部長▼

現時点では上位に食い込むまではないが、左投手としてのセンスがある

▼日本ハム・岩舘スカウト▼

センバツよりは確実に成長している。今年見た中で一番いいんじゃないかな

既に10球団が鈴木投手を視察していますが、広島カープと中日ドラゴンズからの評価が高いようです。

ボールのキレが生命線のように思えますし、両サイドに投げ分けることができるコントロールが武器なのかなという印象です。

高卒から豪腕投手としてプロにいくピッチャーはコントロールに苦しむことが多いので、その辺は強みなのかなという印象がありますね。

ドラフト上位指名に入るのは厳しいと言われていますが、ドラフト下位の選手は結構一流選手に育つことが多いので数年後が楽しみです。

夏の甲子園の活躍次第ではドラフト上位指名もあるかもですね。

鈴木投手がどこの球団でプレーすることになるのかこれからが楽しみです~!

高校野球の関連記事

高校野球についての記事についてはこちらからまとめてご覧頂けます~!
高校野球のまとめ

管理人のまとめ

ということで、常総学院、鈴木昭汰投手の出身中学に両親や弟にドラフト進路についてまとめてみました。

超高校級といわれる投手は豪腕タイプが多いですが、鈴木投手に限っては常に安定した内容というか、コントロールが良いということで乱調が少ないというのは魅力です。

体格的にはそこまで大きくありませんが、巨人の杉内投手のように140キロ前半のストレートでも相手バッターからすれば球速以上の体感速度を感じるタイプかもしれませんね。
鈴木投手が最後の夏の甲子園、そしてドラフト進路について注目していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 坂本誠志郎 (2)
  2. 岡田久美子2
  3. ビシエド
  4. 鈴木武蔵
  5. プロ野球選手・女子アナ結婚まとめ
  6. プロ野球2017・期待の若手・ブレイク
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです