万波中正(横浜高校)の中学は?父・母・姉も調査!ドラフト進路も

 

万波中正 (2)
高校野球2016の出場校が全てきまり、いろんな注目選手や高校がピックアップされています。

今回は横浜高校の大型1年生、万波中正(まんなみ・ちゅうせい)選手をピックアップします~!

万波選手はコンゴ人の父を持つハーフで190センチ92キロという恵まれた体格で強肩強打がストロングポイントの外野手です。

高校1年生でこの体格ということだけでも将来が楽しみな選手ですね。ここ最近はハーフの高校球児の注目度が高いだけに万波選手の今後が楽しみです。

オコエ2世とも呼ばれる程の身体能力とういうことで、早くもドラフト進路が話が出るくらいなので、高校3年の秋が凄いことになりそうですね。

というわけで、この記事では横浜高校・万波中正選手の出身中学、父、母、姉に今後注目されるドラフト進路についてもまとめていきます~!

スポンサーリンク

万波中正(横浜高校)の経歴やプロフィール!出身中学は?

万波中正選手のプロフィールはこちらになります~!
万波中正
名前:万波中正(まんなみ・ちゅうせい)
生年月日:2000年4月7日
出身:京都練馬区
身長:190センチ
体重:92キロ
投打:右投右打
ポジション:外野手

万波選手が野球を始めたのは小学2年のときで「ブルーフェニックス」に所属します。小学校入学当時で身長がすでに135センチもあったそうです。平均が120センチに対してこの身長は校内でも目立っていたんでしょうね。

小学校6年になると、打撃練習のときに場外弾を連発して防球ネットを超えて何度も民家にボールが直撃していたという規格外のパワーだったそうです。

金属バットではボールが飛びすぎるということで、万波選手は途中から木のバットに替えられますが同じようにボールが場外へ飛んでいったんだとか。

本人いわく、木のバットの方が気持ちよく打てるみたいで益々プロ向きだなという印象がありますね。小学校卒業時には177センチもあったんだとか。

そして中学校は「練馬区立開進第二中学校」に進学します。中学時代は陸上部に入部しながら地元の「東練馬リトルシニア」に所属していたそうです。

陸上部では中学1年のときには100メートルハードルで都大会2位という記録を残したり、砲丸投げで都大会で優勝して全国大会にも出場しています。

野球の方では「東練馬リトルシニア」のエースとして全国大会ベスト4までいったということで、陸上と野球の二刀流で神は二物を与えたといった感じでしょうか。

その後、横浜高校に進学したわけですが、1年春からベンチ入りして既にこの1年夏からレギュラーとして出場していますので、早稲田実業高の清宮選手のように今後も注目されていきそうですね。

同じ横浜高校のエース・藤平尚真投手、公家響選手についての記事はこちらになります~!
藤平尚真(横浜高校)の中学や進路は西武?彼女は?高跳びが評判!
公家響(横浜)の出身中学・会津ボーイズ時代は?ドラフト進路も調査 

万波中正(横浜高校)の家族構成は?父・母・姉をチェック

ここまで身体能力が高い万波選手ですから家族構成の方も気になるところですよね~!

万波選手はハーフの父を持つということで

父親は「ウィリーさん」日本人の母「有里子」さんです。まだ詳しい情報まではありませんが、ドラフトの時期になればさらに注目されるはずなのでその時に父と母に対してもコメントが求められることでしょう~!

きっと規格外の子供だったと思いますが、時に父親のウィリーさんも凄い体格なんだろうなと勝手にイメージしてしまいますね~!

そして、万波選手の姉は2つ年上の「アイシャさん」です。
万波中正・姉

姉のアイシャさんも万波選手と同様に陸上部で中学時代には砲丸投げで全国大会4位に入賞すると「最優秀競技者」にも選ばれる程の選手です。

現在は「岩倉高校」の陸上部で砲丸投げ、円盤投げ、やり投げの種目で東京予選で優勝して全国にいってます。

つまり、万波選手がプロ野球、姉のアイシャさんが陸上選手としてオリンピックに出場ということもあり得るほどの身体能力の高い家族ということですね。

普通に書いていますが、これあり得ますよね~
また、姉のアイシャさんついても追っていきたいと思います~!

スポンサーリンク

万波中正(横浜高校)のドラフト進路は?

冒頭でもお伝えしたように万波選手は1年生でありながら早くもドラフト候補に入ってる選手で各球団スカウトからの視察も熱いようで2年後のドラフトでの上位指名は間違いと言われています。

中でも日米のスカウトからも注目されており、高校1年生としてのクオリティに度肝を抜かれています。

西武鈴木球団本部長はこのように評価しています。

オコエ(楽天)より体が大きいし、すごい飛距離だ。足も速い。楽しみな選手が出てきた

やはり注目されているのが長打力と強肩いうことで、脅威の身体能力ということです。横浜高校でも最終的には4番を打っているんだとうなと思いますし、プロにいっても将来はクリーンアップを任されそうですね。

同じ1年生には早実の野村大樹選手が清宮選手から4番を奪っていますし、今後この2選手も注目していきたいなと思います。

野村大樹(早実)の宝塚出身で小学校と中学は?スイングスピードが凄い! 

高校野球の関連記事

高校野球についての記事についてはこちらからまとめてご覧頂けます~!
高校野球のまとめ

管理人のまとめ

ということで、横浜高校1年生、万波中正選手の出身中学、父、母、姉やドラフト進路についてまとめてみました。

万波選手は、楽天のオコエ選手級の身体能力ということで比べられていますが、長打力に関しては万波選手の方があるということで将来プロの世界でも「トリプルスリー」を狙える選手になるのかなという印象がありますね。

年々1年から活躍する高校球児が増えていってますので、今後の高野野球もまた盛り上がっていくことでしょう。

そして、万波中正選手の今後についても注目していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 伊藤義弘
  2. 阪神ドラフト2016・評価
  3. 福留孝介 (2)
  4. 阿部慎之助・引退
  5. 広島カープイケメン人気ランキング
  6. 中田久美
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです