アドゥワ誠(松山聖陵)の母は元ダイエー?兄や出身中学にドラフトも

 

アドゥワ誠
第98回全国高校野球選手権大会が繰り広げらて、既に敗退した高校も数多くなってきていますね。

今回は松山聖陵を初の甲子園出場に大きく貢献した3年のアドゥワ誠投手をピックアップします~!

アドゥワ誠投手はナイジェリア人の父を持つハーフということで1年前に高校野球で注目された楽天のオコエ選手と比べられることも多いです。

秋のドラフトの注目選手でもあるので、また何かと話題になってくる投手です。

熱い甲子園が始まるということで、アドゥワ誠の話題も増えてくると思うのでこの記事では松山聖陵・アドゥワ誠投手の出身中学や、母親と兄に進路となるドラフトについてもまとめていきますのでご覧ください~!

スポンサーリンク

アドゥワ誠(松山聖陵)のプロフィール!出身中学は?

アドゥワ誠投手のプロフィールはこちら~!
アドゥワ誠 (2)
生年月日:1998年10月2日
出身:熊本市
身長:196センチ
体重:86キロ
投打:右投右打
ポジション:投手

アドゥワ誠投手は小学校1年の時に「熊本中央リトル」に所属して野球を始めると小学5年のときには全国大会で優勝されています。

そして「熊本市立出光中学」に入ると熊本中央シニアに所属するわけですが、中学時代では投手兼遊撃手を務めていたそうですね。

「松山聖陵高」に入学すると1年の秋からベンチ入、2年の秋にはエースとしてチームの中心となりますが、夏の予選では悔しくも初戦敗退という結果で終わります。

そして、3年の夏で松山聖陵を春夏、初の甲子園に導きました。

196センチの長身から投げられる角度のあるボールに相手打者は打ちにくそうですね、長身の高校球児で思い出されるのが藤浪晋太郎投手(阪神)と大谷翔平投手(日ハム)です。
アドゥワ誠投手はこの2人のような豪腕タイプではありませんが、身体能力が凄いだけに今後が楽しみな投手なことは間違いありませんね!

夏通じて初めての甲子園出場のエースなわけですから全国の舞台で見れるのが楽しみです。

同じハーフの高校球児といえば横浜高校の万波中正選手がいますね~
万波中正(横浜高校)の中学は?父・母・姉も調査!ドラフト進路も

アドゥワ誠(松山聖陵)の母は元ダイエーのバレーボール選手?兄も甲子園出場!

アドゥワ誠投手の母親についてはご存知の方も多いですがバレーボール選手の酒本純子さんです。

母・純子さんはVリーグの名門・ダイエーでプレーされており、ポジションがセンターだったそうです。

母・純子さんはナイジェリア人のアントニーさんと結婚されてるので、アドゥワ誠投手は毎年話題となるハーフな高校球児となりますね。母・純子さんはバレーボール選手時代のポジションがセンターということで恐らく長身で、父・アントニーさんから受け継いだ高い身体能力もあるということでプロから注目されるのも納得です。

同じナイジェリア人の父を持つオコエ選手が着々とプロで結果を残し始めているので、日本のプロ野球にも斬新とも言える選手が今後増えてくるのは良いことかなと
思いますね~

そして、アドゥワ誠選手には2歳上の兄、東農大北海道でプレーするアドゥワ大選手がいます。
アドゥワ大

アドゥワ大選手は高校時代、九州国際大付の控え投手として甲子園に出場してますが、残念ながら登板機会はありませんでした。

父・アントニーさんは大選手には厳しかったようでアスリート出身の母・純子さんですら厳しいと思えるくらいのスパルタだったそうです。

ナイジェリアに野球文化が無いのにも関わらず中学時代にメンタルと技術を指導されていたそうですよ。そういう環境で育ったのもあってか現在のアドゥワ大選手があるんだと思います。

大学卒業した頃には是非ともプロ野球の世界で活躍できる程の選手になって貰いたいですね。

アドゥワ誠投手の家族構成を見ればアスリートになるために生まれて来たといっても過言じゃないかもしれませんね。

ドラフトが本当に楽しみです。

アドゥワ誠(松山聖陵)のドラフト進路は?

アドゥワ誠投手は既に甲子園の切符を手に入れていますが、地方予選ではプロ9球団のスカウトが視察されています。

視察された日の最速は143キロということで、プロのスカウト陣からはこのような評価を得ております。

ヤクルト・小川淳司SD

体ができれば150キロは間違いなく出る。大きな可能性を秘めている投手

巨人・山下哲治スカウト部長

コントロールに課題はありますが、指に掛かったストレートはものすごいです。リーチが長いし、球速も140キロ台中盤から後半が出る。まだいいボールを続けて投げられませんが、化けたらすごい投手になるでしょう

中日・中田宗男スカウト部長

僕が見たときは連戦で疲れていましたが、長い手足を生かして投げ下ろす角度が持ち味。まだ体はできていませんが、母親も元バレーボール選手で、今後パワーがつきそうな気がするし、そのときはとんでもない選手になるかも

このように将来性を高く評価されていますので、アドゥワ誠投手がプロ志望届を提出されるならドラフト2~4位、甲子園の活躍次第ではドラフト1位指名もあるかもしれませんね。

前回のドラフトではオコエ選手に注目がいきましたので、そういう意味でもアドゥワ誠投手の注目度はこれから増していくことでしょう~!

追記
アドゥワ誠投手は広島カープがドラフト5位で交渉権を獲得しました。
最も勢いのある広島カープでアドゥワ誠投手が数年後、マツダスタジアムのマウンドで活躍されていることを期待しています。

スポンサーリンク

高校野球の関連記事

高校野球についての記事についてはこちらからまとめてご覧頂けます~!
高校野球のまとめ

管理人のまとめ

というわけで、松山聖陵のアドゥワ誠投手の中学、母、兄やドラフトの進路についてまとめてみました。

比べられるのは同じナイジェリア人の父を持つオコエ選手になりますが、アドゥワ誠投手ということで違った意味の楽しみがあります。

ですが、日本のプロ野球界のピッチャーのレベルは世界的に見てもトップクラスのレベルになるので細かい制球力が今後の課題となってくると思うので当然ながら大きな壁が待っていることだと思いますので頑張ってほしいですね。

今後のアドゥワ誠投手の進路について注目していきたいなと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 岡田俊哉・中日
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです