リオ五輪イケメンアスリートランキング!海外選手の男前を調査

スポンサーリンク

リオ五輪海外イケメンアスリートランキング
今回は、リオデジャネイロオリンピック出場する海外のイケメンアスリートをランキングでまとめていきます~!

4年に1度の大舞台で各国を代表するアスリートのパフォーマンスが楽しみではありますが、やはりイケメンアスリートはどの大会でも注目されますよね。

ちなみに、リオ五輪日本の代表のイケメンアスリートはこちらでご紹介してます

スポンサーリンク

こちらの記事ではリオ五輪代表の海外のイケメンアスリートランキングベスト15にしてみましたのでご覧ください~!

リオ五輪代表の海外イケメンランキングベスト15~11位

リオ五輪代表の海外のイケメンアスリートベスト15~11位はこちらです~!

15位:ケビン・ラブ

ケビン・ラブ
生年月日:1988年9月7日
国籍:アメリカ合衆国
身長:208センチ
体重:118キロ
競技:バスケットボール

パス能力が高く、頭の良くポストプレイではベテランレベルということで、ロンドン五輪でも金メダルを経験してしており、2大会連続の金の期待がかかります
ケビン・ラブ (2)
また髭が似合ってますね~

14位:アレクセイ・オスタペンコ

アレクセイ・オスタペンコ (4)
生年月日:1986年5月26日
国籍:ロシア
身長:208センチ
体重:94キロ
競技:バレーボール

ジュニア代表時代から輝かしい成績を残しています。
アレクセイ・オスタペンコ (3)
2007年ワールドカップで銀メダル、北京五輪では銅メダルということで、金メダルに輝いたことがないので今回のリオでは悲願の金を狙いにいきたいところですね。
スタニスラワ・コマロワ
奥さんはロシアを代表する美人スイマーのスタニスラワ・コマロワ選手

13位:リッチー・グレイ

リッチー・グレイ
生年月日:1989年8月24日
国籍:スコットランド
身長:208センチ
体重:128キロ
競技:ラグビー

長身でこのイケメン。スコットランド代表のセットプレーヤーでもあり、リッチー・グレイの熱血なファンは金髪のカツラを被って応援するんだとか。
リッチー・グレイ (2)
ランニング能力にも定評があるということで本番でもファンを魅了するんでしょうね

12位:林丹(リンダン)

林丹(リンダン)
生年月日:1983年10月14日
国籍:中国
身長:178センチ
体重:70キロ
競技:バドミントン

バドミントンファンの間では知らない人はいない選手です。
林丹(リンダン) (2)
長年バドミントン界のトップに君臨し続けてきましたが、2013年の世界選手権で優勝した後、引退が噂されましたけど、今回のリオ五輪出場が決まって喜んでいるファンも多いでしょう。

11位:マルクス・ヴィニシウス

マルクス・ヴィニシウス
生年月日:1998年1月30日
国籍:ブラジル
身長:
体重:
競技:アーチェリー

ブラジルのアーチェリー界、期待の星として注目されています。
マルクス・ヴィニシウス (2)
コロンビアで開催された世界大会では72回矢を放って670得点を挙げるなど注目を集めています。

年齢とこのルックスでリオでは日本人女性からのファンも数多くGETしそうですね。

リオ五輪代表の海外イケメンランキングベスト10~6位

ベスト10位から6位はこちら~!

10位:アンドレ・ゴメス

アンドレ・ゴメス
生年月日:1993年7月30日
国籍:ポルトガル
身長:188センチ
体重:83キロ
競技:サッカー

名門バルセロナFCに所属するイケメンMF
アンドレ・ゴメス (2)
ポルトガル代表では、すでにA代表にデビューを果たし期待ホープでもあります。強いフィジカルに巧みなボール捌きが定評でビッグクラブに移籍したということで全世界から注目されることになるでしょう。
リオでもプレーも楽しみですね。

9位:ニーク・キマン

ニーク・キマン
生年月日:1998年生まれ
国籍:オランダ
身長:
体重:
競技:自転車(BMX)

BMXジュニア世界王者
ニーク・キマン (2)
普段から見ることがない競技ですが、表彰台に立ったときの人気度が凄いようですね。
今回のリオでも全世界から注目されて一気に人気アスリートとなることでしょう。

8位:張継科(ジャン・ジーカ)

張継科
生年月日:1988年2月16日
国籍:中国
身長:175センチ
体重:70キロ
競技:卓球

前回のロンドンオリンピックでも男子シングルス金メダルを獲っていますが、世界選手権などでもメダルを総なめしている卓球かいの英雄。
張継科 (2)
日本でも認知度は高く、2大会連続の金メダルが期待されますね。

7位:カミーユ・ラクール

カミーユ・ラクール
生年月日:1985年4月22日
国籍:フランス
身長:200センチ
体重:85キロ
競技:競泳

背泳ぎのスペシャリストとして有名ですが、どう見てもモデルですね~
カミーユ・ラクール (2)
シャネルのパリコレに参加したりとアスリート以外での活動にも注目してるファンも沢山いるそうです。

今回のリオ五輪でも人気が爆発しそうですね。

6位:ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール

ネイマール
生年月日:1992年2月5日
国籍:ブラジル
身長:174センチ
体重:68キロ
競技:サッカー

オーバーエイジで選出されて、日本としては脅威ですね。
ネイマール (2)
実力と実績に関してはいうまでもありませんが、イケメンアスリートとなれば必ずランクインされますよね。

リオ五輪代表の海外イケメンランキングベスト5~1位

リオ五輪代表の海外のイケメンランキングベスト5はこちらです~!

5位:チャド・ル・クロス

チャド・ル・クロス
生年月日:1992年4月12日
国籍:南アフリカ
身長:186センチ
体重:83キロ
競技:競泳

前回のロンドン五輪では200mバタフライの金、100mバタフライでは銀メダルを獲得しています。2013年に行われた世界選手権ではバタフライ100mと200mで2冠を達成。
チャド・ル・クロス (2)
日本人の同世代では萩野公介選手と瀬戸大也のライバルでもあります。
今回のリオ五輪でも注目の選手です。

4位:トーマス・デーリー

トーマス・デーリー
生年月日:1994年5月21日
国籍:イギリス
身長:177センチ
体重:74キロ
競技:水泳・飛び込み

英国の飛び込み王子
トーマス・デーリー (2)
ロンドン五輪では、銅メダルを獲得し、この甘いルックスに各国のファンはキュンキュンすることでしょうね。
リオでは金メダルの期待がかかります。

3位:カーメロ・アンソニー

カーメロ・アンソニー
生年月日:1984年5月29日
国籍:アメリカ合衆国
身長:203センチ
体重:107キロ
競技:バスケットボール

ニューヨークでもかなりの人気で日本でも認知度が高い選手です。
カーメロ・アンソニー (2)
パワープレーの印象がありますが、シュートフォームも綺麗でバスケットファンからすれば文句のつけようが無いのかなと。
今大会でも注目の目玉です。

2位:マット・アンダーソン

マット・アンダーソン (3)
生年月日:1987年4月18日
国籍:アメリカ合衆国
身長:202センチ
体重:86キロ
競技:バレーボール

最高到達点が360cmを超えるジャンプ力に強烈なサーブが武器

トップリーグで活躍してきた実績も申し分がありません。ロンドン五輪ではメダルを逃しているのでリオでの雪辱に燃えていることでしょう
マット・アンダーソン (4)
今回もマット・アンダーソン選手のサーブに注目ですね。

1位:クリストフ・ルメートル

クリストフ・ルメートル
生年月日:1990年6月11日
国籍:フランス
身長:190センチ
体重:74キロ
競技:陸上

今回のリオ五輪のイケメン代表としてみるならこの選手が1位となりました。
クリストフ・ルメートル (2)
アスリート一家に生まれ、幼い頃はハンドボールやサッカー、ラグビーもしていたそうですが、足が速いということで15歳から陸上を始めるとその1年後には10秒96という驚異的な記録を残したんだとか。
今大会での注目度も高いということで期待しましょう~


リオ五輪の関連記事記事はこちらからまとめてご覧頂けます~!

リオ五輪のイケメン日本代表選手は?かっこいい順にランキング!

サッカーリオ五輪世代・日本代表イケメンランキング!男前を招集!

リオ五輪陸上男子イケメンランキング!かっこいいアスリート10人

リオ五輪注目の美女・美人アスリートのランキングまとめ【日本編】

リオ五輪注目の美女・美人アスリートのランキングまとめ【海外編】

リオ五輪競泳(水泳)女子美人・美女ランキングベスト10【海外編】 

リオ五輪新体操女子美人ランキング!日本・海外の美女アスリート! 

リオ五輪サッカーの日程や日本時間の放送は?組み合わせに優勝候補も 

リオ五輪女子バレーの日程組み合わせは?放送時間や出場国もチェック 

リオ五輪注目選手のまとめ一覧【日本代表女子編】メダル候補も調査 

リオ五輪女子バレーボール美人ランキング!かわいい美女選手のまとめ 

イケメンアスリートの関連記事

イケメンアスリートの記事についてはこちらからまとめてご覧頂けます~
イケメンアスリートのまとめ

管理人のまとめ

ということで、リオ五輪代表イケメンアスリートランキング海外編ということでまとめてみました。

比較的ロンドン五輪に出場した選手が多い印象があります。どのアスリートも前回以上の記録や成績を目指していると思うので凄い戦いになりそうですね。

今回は海外イケメンアスリートということで、大会中もチェックする方もいてることだと思うのでよければこの記事を参考にしてみてください~

では、今回紹介したアスリートがリオ五輪で輝けるよう応援しています。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA