岩貞祐太(阪神)が覚醒!嫁の画像に両親や弟は?高校大学時代は?

スポンサーリンク

岩貞祐太
今回は阪神タイガースの岩貞祐太投手をピックアップします~!

岩貞投手は2013年ドラフト1位で阪神に入団し、1年目1勝、2年目1勝と即戦力ルーキーにしては苦しい2年間でしたけど、2016年見事に覚醒しましたね。

初年度からボール自体は悪くなかったように思うのですが、今年はストレートで空振りをとるシーンが目立ちます。

スポンサーリンク

打ち込まれた試合もありますが、去年一昨年までの岩貞投手とは別人のように違います。
同じ阪神には能見投手という左のエースがいますが、本人もプロ入団前から能見投手のフォームなどを研究していたそうですから左のエースとしての期待がかかりますね!

そんな阪神タイガースの若き左腕、岩貞祐太投手の覚醒した理由やラブラブと噂される嫁と両親や弟のこと、中学と高校や大学時代についてもまとめていきます~!

岩貞祐太(阪神)覚醒した理由は松中の言葉?

阪神ファンの方ならよくご存知だと思いますがプロ入団1年目、2年目の岩貞投手と3年目を迎えた岩貞投手はまるで別人だと感じている方が殆どだとおもいます。

シーズンは長いので良いときもあれば悪いときもあります。

それでも開幕して2ヶ月間で一時期セ・リーグ奪三振、防御率ともに2位だったことは失礼な言い方ではありますが、これまでの岩貞投手からすれば驚く数字です。

ただ、岩貞投手は本当に見違える成長を感じながら見ていますし、藤浪投手にも匹敵するんじゃないかと思うくらいです。

最速148キロのストレートとスライダー、カーブにチェンジアップ、カットボールの球種ですがそのなかでも内角を鋭くつく投球をよく見かけますがそれには大きな理由があったそうなんです。

覚醒したきっかけとして、岩貞投手が2軍の生活を送っていたとき、当時ソフトバンクだった松中信彦さんに2打席連続ホームランを打たれたことがあり、その松中さんが岩貞投手に直々に電話を入れたそうでこのようにアドバイスを貰ったそうです。
松中信彦

左バッターを抑えるには内角を攻めないといけない

ピッチャー心理では相手バッターにぶつけてはいけないという防衛反応が起きて内角を攻めるときの腕の振りが甘くなり、狙われてしまうピッチャーが多く、岩貞投手も当時はそうだったのでしょうね。

松中さんに言われたことがきっかけで岩貞投手はインコースを狙ってもしっかりと腕が振れることになったのが大きいと言われています。

確かに岩貞投手のピッチングを見ているとストレートも変化球も思いっきり腕を振ってるのがよくわかります。これまでの岩貞投手と決定的に見てて違うのはこのポイントだというのがよくわかります。

三冠王を獲ったこともある松中さんから直々に電話貰えるなんて本当に幸せですね、
同じ熊本出身っていうのがあったんでしょうか。

まずはローテーションをシーズン通して守れるように怪我には気をつけてください~

岩貞祐太(阪神)の嫁との馴れ初めに画像は?両親や弟も調べてみた

岩貞投手は2015年オフに結婚されています。

奥さんは高校時代にソフトボール部に所屬してた山形県出身の一般女性でキャッチボールしてたそうですよ。出会いのきっかけは岩貞投手が横浜商大3年のときに、野球部のマネジャーに紹介されたことが馴れ初めだったみたいですね。

「思い切り投げても、捕ってしまうんで、全然おもしろくないんですよ(笑い)」。

岩貞投手はこのように語っており、かなりレベルの高いキャッチボールだったと想像できますね(笑)

プロポーズは岩貞投手からで都内のレストランに呼び出して、「結婚してください」と直球勝負したそうです。何やらそのレストランの窓越しには2人の初デートだったスカイツリーが見えていたとか。

「初めて会って、話した時から印象が良くて。明るくて、友達思いの子だなと。純粋に次も遊びたいと思った」

プロ入団1年目、2年目と苦しんだときも奥さんの支えがあったと語っています。

「彼女はずっとプラス思考でいてくれた。そこから、4年のリーグ戦で結果も出るようになった。自分を支えてくれてるんだと実感した」

「大きなケガが初めてで、ショックすぎて親にも言えなかった。彼女に伝えると“気持ちの整理がつくまで言わなくていいよ”と。時間がないのに関西まで会いに来てくれたり…。本当に支えになりました」

奥さんはソフトボール部だったということで、プライベートだけじゃなくてグランドに関してもこころ強い言葉で岩貞投手を支えてくれたそうですよ。

「もう自分だけの人生じゃなくなったので。気合はもちろん入りますし、やらないといけない思いは倍以上。今まで以上にそばにいてくれることが甘えにならないよう、自分に厳しくしっかり結果を残したい」

そんな岩貞投手の奥さんの画像なのですが、一般の方ということでありませんでしたが、こういう似顔絵画像だけは公開されています~
岩貞祐太・嫁似顔絵

岩貞投手の家族構成についてですが、母親と弟の母子家庭です。幼い頃から野球をさせるには結構お金がかかりますのでお母さんが苦労されたでしょうね。そんな岩貞投手も親思いで性格も好青年だそうです。

ピッチャーにとってずる賢さは必死になってきますが、岩貞投手が覚醒する前はまっすぐな性格がピッチングにあらわれているということも書かれていたことがありましたからね。

岩貞投手の弟さんは地元の熊本大学の野球部に所屬されており、岩貞投手が2013年の時点で大学1年生だったのだったので2016年現在4年生かと思われます。プロ志望かまではわかりませんが、兄弟対決もあり得るかもしれませんね!

岩貞祐太(阪神)の中学・高校・大学時代の成績は?

岩貞投手は今となっては、阪神に欠かせないピッチャーですが、アマチュア時代をまとめていきます~!

野球を始めたのが熊本市立若葉小学校4年の時で、4年生のときには全国大会で準決勝の成績を残しています。当時は投手ではなくて外野手だったそうです。

東野中学校に入学して軟式野球部に所屬していますが中学時代の詳しい情報はありませんでしたね。

「熊本市立必由館高校」に進学すると、1年生の秋からベンチ入りして、一塁手と投手を兼用しますが春夏ともに甲子園に出場することはありませんでした。

岩貞投手が開花したのは横浜商科大学時代で1年春からベンチ入りして、2年生のときには日本代表に選手されて日米大学野球選手権大会にも出場されています。

大学時代は投球フォームが同じ阪神の能見投手のようだと周囲からもスカウト陣からも高い評価を受けて、4年時には最優秀投手賞とベストナインを獲得しました。

その岩貞投手は阪神タイガースにドラフト1位で入団するわけですが、当時能見2世って言われていたことを覚えています。

能見投手は今でも先発ローテーションですし、阪神の投手陣の歴史を辿っても上位に入るくらいのピッチャーです。

能見投手がプロになってブレイクしたのが2009年で当時30歳を超えていたので、岩貞先発はまだまだ若いのでそう考えると秘めた可能性がありますよね。

左のエース、そして阪神のエース、日本を代表するくらいの投手になってもらいたいですね。

阪神タイガースについての記事はこちらでまとめてご覧になれます~
阪神タイガースのまとめ

管理人のまとめ

岩貞投手は2013年ドラフト1位で阪神に入団していますが、二度クジを外してからだったので外れ外れ1位ということになります。

しかも入団する1年前には既に藤浪投手が高卒ルーキーとして二桁勝利を挙げていたので何かと比べられることも多かったとおもいます。

何かと悔しい時期もあってこうして今大きなチャンスを得られているので将来的には阪神のエース級だけじゃなくて、侍ジャパンにも選出されるくらいの投手になってほしいですね。というか慣れそうですね。

とにかく怪我だけは気をつけてほしいと思います。今後の岩貞祐太投手の活躍に期待しています~

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

  1. 畠山愛理
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA