電力自由化の仕組みは?一般家庭の電気料金が値下げ?参入企業一覧も!

今回は電力自由化の情報を発信します。

今までなら電気料金は各地域の電力会社10社でしか電気代を払うことが出来なかったのが2016年4月からは電力会社以外の企業も電気を販売できるようになります。

電力自由化をビジネスチャンスとみる企業が電気の販売に名乗り上げいます。

その数がなんと200社以上と言われています!

消費者はどの会社から電気を買うのが注目されていますね!

そんな電力自由化の仕組みやメリット、参加企業の料金プラン、電力会社への影響について迫っていきます!

スポンサーリンク

電力自由化の仕組みって?

2016年4月に、法律の改正により家庭などに向けた電力小売りが全面自由化されます。これにより、従来の地域ごとの電力会社だけでなく、さまざまな会社が電力を消費者に直接販売できるようになります。
電力自由化の仕組み
引用元:http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/fee/stracture/

皆さんの電気料金は今までならなら各地域の電力会社からの請求になっています。

その電気料金を様々な企業で支払うことができ、料金プランも企業によって変わってくるのでそこから支払窓口を決めれるということです。

誰でもわかることが今までの電力会社の経営が難しくなってくるんじゃないの?ってなりますよね。

はい、ずばり電気の販売も新たな競争になるということで電力会社も当たり前のように一般家庭から電気代を徴収できたのが料金プランによって、他の企業に乗り移れることになります。

電力会社は公務員ではありませんが、電気は生活するのには必要不可欠ということもあり、ある意味公務員のようなものでもありましたのでイメージ的には民営化になったとでもいいましょうか。そんな気がします。

それに伴い、電力会社も地域の枠を超えてサービスを提供することなっていますね!

東京電力はソフトバンクと全国規模で提携し、携帯電話サービスとセット販売されることも決まっています。

そういう電力会社が他の商品とのセット割引などで一般家庭にあわせた料金体系が期待されます。

スポンサーリンク

電力自由化で参加する企業は例えばどこ?

2016年4月から電力自由化が実施され、そろそろ電気料金を既存の電力会社のままでいくのか新たな電力会社に乗り換えるのか考えている家庭も多いことだと思います。

電気販売に参入する主な企業とサービス内容を紹介します。

ソフトバンク

参入企業の中で最も注目されています。

「ソフトバンクでんき」として東京電力と提携

【戸建て3人家族の場合】
・電気料金で月500円、年間6,000円程度安くなる
・携帯電話や固定通信サービスとのセット割で合わせて年間8,920円お得になる。
・通信と電気料金を合算して支払い可能
・電気料金に応じてTポイントも付く

東京ガス

東京電力の最大のライバル。ガスと電気を同時に契約でのセットで契約すると年間4000円~5000円安くなる可能性。電気を使えば使うほど、東京電力よりも料金が安くなる予定。東京ガスの顧客は1100万世帯いると言われており、電気販売の営業も実施されており、東京電力と激化が予想されます。
東京ガス
引用元:http://www.tokyo-gas.co.jp/

ローソン

大手コンビニチェーンの参入はローソンが初めて。
電気代でポイントカードを貯め、ローソンの店舗で使用することも可能になる。

東急電鉄

「東急パワーサプライ」として料金プランを発表
・40A以上の契約であれば使用量にかかわらずオトクになる
・ケーブルテレビとのセット割
・電気代をTOKYU CARD払いにするとオトク
東急電鉄
引用元:https://www.tokyu-ps.jp/news/20151228-01.html

JX日鉱日石エネルギー

116店舗のノジマでJX日鉱日石エネルギーの「ENEOSでんき」が買えるようになります。
既に、「電力自由化の相談カウンター」設けており、一般消費者は電気代の支払いと同時に電気料金の相談ができるという利点があります。

電力自由化が実施されたら東京電力管内であれば、その場で「ENEOSでんき」の申し込みができる。

楽天

丸紅と業務提携し、ネット通販に出店してる事業者向けに丸紅が供給する電力を販売。
楽天市場には約4万2000の事業者と楽天トラベルに約3万の宿泊施設が加盟しており、こうした事業者を対象に割安の電力を販売し、一般家庭には楽天ポイントの付与を検討中。

電力自由化で電力会社に与える影響は?

普通に考えて、電気料金を今までの電力会社から新規参入企業に乗り移ることで電力会社の経営にも影響が受けます

今までなら自動的に契約となっていた世帯からの利益の計算ができなくなりますよね?

そのため将来的には既存の電力会社が消滅する可能性も十分にあり得ます。

もちろん、仮に各地域の電力会社10社から潰れる会社があったとしても電気販売に参入してる企業が200以上もあれば消費者からしても困ることはありません。

このように一番の電力自由化で影響を受けるのは電力会社であると言って良いでしょう。

料金プランの選択が増える消費者にとっては見直しが効くため、良かったと言えますがこの電力自由化が実施されて痛手を追うは電力会社ですね

問題視されているのが原発の再稼動です。

原子力発電所の建設と維持には相当な費用が必要となり、その資本が調達できないことで再稼動が今後難しくなると言われております

今までは政府のバックに電力会社がいて、今後は参入企業と政府が一緒になるということなので今後の課題になると言えると思います。

管理人のまとめ

2016年4月から実施される「電力自由化」

発表されている参入企業はありますが、まだ国民にはそれほど認知されてされていないようにも感じますね

ほとんどの世帯は「電気代が安くなる」ということだけに興味があると思います。

電力会社から電気が分離されることで本当に今まで安定供給はされるのかというのが心配ではあります。

結果的に電気料金が安くなる方を選びますが、電気代と何かの条件での契約になるので消費者はその辺しっかり確認しておく必要がありますね!

楽観的に、乗り移りして場合によって電気代が上がることもあるので注意しないといけませんね!

「電力自由化」の動向をチェックしておきます!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ポケモンGO捕まえ方
  2. 台風
  3. iPhone7
  4. ポケモンGOTOP
  5. ポケモンGOplus
  6. ポケモンGO
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです