ポケモンGOのトラブルや危険性は?位置情報や写真投稿にも注意!

 

ポケモンGOTOP

連日ポケモンGOのニュースが流れていて、各局何かと事件、事故などがたくさん耳に入ってきますよね。

それ故に「危険なんじゃないのか?」というイメージが先行してしまっているような感じがします。

ただ、きちんと気をつければ本当に楽しいゲームですしポケモンを探しにあちこちに歩きまわると運動不足の解消にもなります。

今回の記事では日本でポケモンGOが配信されてから起きたトラブルなどについてのまとめや、プレイする際に注意したいことなどを記事にしてみました。

ぜひご覧下さい♪

スポンサーリンク

ポケモンGOの日本でのトラブルは?

ポケモンGO関連でのニュースが連日流れていますが、どうやら現在取り締まり件数が71件、人身事故が4件、物損事故が32件だそうです。

ポケモンGO事件

海外でも様々なトラブルが報道されていましたが、日本でも心配されたトラブルが起き始めています。

■写真撮影されたと勘違いして暴行

路上でゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」をしている女性の腕をつかんだとして、警視庁渋谷署が千葉県の職業不詳の男(27)を暴行容疑で逮捕していたことが25日、同署への取材で分かった。男は自分がスマートフォンで女性に撮影されたと勘違いして暴行したとみられるという。

撮影に関しては上記の逆パターンで盗撮される可能性もありますので気をつけたほうが良いと思います。

■他人の敷地内に無断で侵入

警察によりますと、22日午後3時ごろ、大崎市三本木の団地の敷地内で、男性2人が「ポケモンGO」のプレーをしているのを住民が見つけました。住民の男性が「何をしているんだ」と2人に声をかけたところ、驚いた2人と口論になったということです。

これは知らず知らずのうちにやってしまったパターンが多いと思います。

現在、ポケモンGOの配信にともなって「立ち入り禁止」「ポケモンGOのプレイ禁止」になっている場所も出てきています。

禁止と掲げられている場所では絶対にプレイしないようにしましょう。

■運転中の事故

23日午後3時すぎ、岡山県倉敷市の国道で、総社市に住む34歳の男性がスマートフォンの画面を見ながら軽ワゴン車を運転しているのを交通違反の取締りをしていた警察官が見つけ、道路交通法違反の疑いで検挙しました。
警察によりますと男性は「ゲームアプリのポケモンGOをしていた」と話しているということです。

24日朝早く、佐賀県武雄市でスマートフォンを見ながらミニバイクを運転したとして、20代の男性が道路交通法違反の疑いで検挙されました。警察によりますと、男性は「ゲームアプリのポケモンGOをしていた」と話しているということです。

25日、大津市で車3台が玉突き事故が発生。1人が怪我をした。警察によると、最初に追突した車を運転していた
男性は「運転しながらポケモンGOをやっていて夢中だった」と話している。警察は過失運転傷害の疑いもあるとみて捜査している。

スマホの画面を見続けてることでの事故がやはり一番多いですね。

上記の例はいずれも運転者の不注意となっていますが歩行者側もついつい飛び出してしまうこともありますので充分に注意をして下さい。

スポンサーリンク

ポケモンGOの危険性は?歩きスマホや偽アプリに注意!

ポケモンGOのプレイにあたって危険が伴いそうな事柄についてまとめてみました。

歩きスマホに注意!

やはりポケモンGOで一番の危険性といえば「歩きスマホ」が増えることです。

どうやらポケモンGOの配信で歩きスマホの割合がおよそ3倍に増えたんだとか。

そもそもスマホを見ながら歩いているということ事態に危険性が非常に高いです。

これはスマホが普及してきた現代ではずっと課題にされてきたことですが、今回のポケモンGOのブームでさらに歩きスマホが加速してしまったことは否めません。

実は実際に画面を見ながらプレイする必要は無く、バッテリーセーバーをONにしてスマホを下に向けていれば振動でポケモンの出現を教えてくれます。

特にポケモンGOはゲームの性質上「捕まえなきゃ!」という気持ちが前に出てしまい思わず飛び出したりしてしまうこともあります。

普段は歩きまわって、振動したら落ち着いて立ち止まってプレイ。

これだけでだいぶ安全性は確保されると思います。

偽アプリに注意!

現在ではポケモンGOのアプリを探すときにはランキング1位のところにありますし間違えて他のアプリを入れてしまう危険性は低いと思いますが、それでも注意して下さい。

悪質なアプリになると個人情報を抜かれてしまったりします。

ポケモンGOの偽アプリだけでなく、例えば攻略に役立つアプリだとかそういうものも信用のおけるもの以外は絶対に入れないほうが良いです。

こうして流行していることに乗じて色々と悪事を考えている人もいるということを忘れないようにして下さいね。

おびき出しに注意!

日本ではまだこういう事例はありませんが、アメリカではポケモンGOを使って人をおびき寄せて強盗するという事件が起きたそうです。

ポケモンGOにはルアーモジュールというアイテムがあり、このアイテムを使うと一定時間ポケモンが出現しやすくなります。

ポケモンGOルアー

このルアーモジュールをポケストップに配置してプレイヤーをおびき寄せて駐車場など人気の無い場所に訪れる人を確認していたんだとか。

日本は安全な国とはいえ、これが夜の時間帯で全く人気の無い場所だったりするとやはり危険だと思います。

ポケモンGOプレイする時の注意点!位置情報や写真投稿、プレイヤー名の付け方に注意!

ポケモンGO地図
さらに、ポケモンGOをプレイするにあたって心がけていたほうが良い注意点をいくつかご紹介します。

位置情報に注意!

すでにご存知の通り、ポケモンGOは携帯のGPSを使い位置情報を使ってゲームをします。

GPSをONにしておくことで、例えばiPhoneでの友達を探す機能やそれに準じたアプリなどで居場所を特定されることもあったりします。

もちろんGPSを設置しているからといって自分の居場所が即座に相手にわかるということはありませんが、注意しておいて損は無いと思います。

写真投稿に注意!

どちらかというとこちらのほうが注意したほうが良いかもしれません。

例えば珍しいポケモンを見つけたりして写真撮影した場合、その画像に位置情報が含まれたりする場合があります。

これは位置情報をOFFにするほうが良いです。

撮影した画像をSNS(インスタグラム、ツイッター等)にアップした場合、その画像から位置情報が判明したりします。

設定方法は以下の通りです。

■Androidの場合
カメラアプリ→メニュー→設定→GPSタグをオフ

■iPhoneの場合
設定→プライバシー→位置情報サービスのカメラ→OFF

これは別にポケモンGOに限ったことではなく写真に位置情報がついてしまうことは危険ですので普段から注意しておいたほうが良いと思います。

プレイヤー名の付け方に注意!

そして意外と気をつけるほうが良いのがプレイヤー名の付け方です。

他のSNSなどですでに使っている名前をつけたりする方が一般的かもしれませんが、できれば別の名前にしておいたほうが良いでしょう。

また、名前にメールアドレスなどが推測できるものも付けないほうが無難です。

これらは個人の特定を避けるためにも役立ちます。

特にゲームの性質上、例えば通勤・通学コースなどでのプレイが増えると思いますが写真や名前から個人を特定されてしまう可能性がありますのでご注意下さい。

ポケモンの関連記事

ポケモンに関する記事はこちらからまとめてご覧頂けます♪
ポケモンのまとめ

管理人のまとめ

いかがでしたでしょうか?

海外で配信されてから日本でも配信されたら何か起こるんじゃないかと色々と危惧されてきましたが、やはり色々とニュースが流れてきていますよね。

ただこれらに関しては基本的に歩きスマホということが大きな原因となっています。

ポケモンGOをプレイした方ならわかる方も多いと思いますが、常に画面を見ている必要が絶対にあるというわけでは無いゲームです。

危険性など色々指摘してきましたが決してポケモンGOが悪いということは無く、やはり使う人のマナーが問われるものだと思います。

あなたもポケモンを見つけた時には落ち着いてプレイしてGETしてくださいね♪

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. モンスト
  2. バレンタインデー2016
  3. 台風進路
  4. 夏フェス
  5. クリスマスプレゼント2016女の子・4歳5歳6歳
  6. 進撃の巨人01
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです