仮面ライダー1号のストーリーネタバレ感想!藤岡弘、の変身が凄い!

 

仮面ライダー45周年記念ということで発表当時から大きく話題になっていた映画「仮面ライダー1号」
仮面ライダーファンならば見逃さないわけにはいきませんよね。
4週連続で来場者特典があるということもあり、管理人も2週目を観に行ってきたばかりです(笑)
今回は映画の内容も含めて感想を記事にしてみました♪
よければご覧下さい☆彡

※本記事には仮面ライダー1号の重要なネタバレが含まれています。
映画をまだ観てない人はご注意下さいm(_ _)m

1号1

仮面ライダー1号のストーリーネタバレ感想・前半部分

今回の仮面ライダー1号の物語はいわゆる「ショッカー壊滅後も本郷猛が戦い続けている」という設定です。
本郷猛もショッカーも同じように45年の年月が流れ、本郷猛は映画冒頭ではタイで戦っていました。
自分に降りかかる火の粉を振るうと言わんばかりに悪党をなぎ倒します。

警察が悪党を捕まえに来る中、野次馬が言います。

「すごい男だな、あれは誰だ?」

「知らないのか?あいつが・・・本郷猛だ」

そして仮面ライダー1号とタイトルが表示されます。
導入部分としてはかなりカッコいいです。

そして舞台は日本へ。

大天空寺でなぜかカラオケの採点勝負をしているタケルと御成とアカリ。
ここだけでは無いのですがこの映画には

「このシーン何の為にあったんだ?」

というシーンがたくさんあります。
このシーンもそのその一つです。
おそらく色々なレビューサイトでも言われていると思います(笑)

そして割り込んでくる仙人こと竹中直人さん(笑)
カラオケ採点で100点を叩き出しますが時すでに遅し、みんな街に現れたショッカーの元へ向かっていました。

ショッカー戦闘員と毒トカゲ男、シオマネキング、ガニコウモルが暴れています。
狙いは一人の少女。それがあの立花藤兵衛の孫である立花麻由です。

立花麻由はショッカー戦闘員に襲われますが間一髪で何者かの攻撃で難を逃れます。

タケルの到着?と思いきやそこに現れたのはノバショッカーという組織。

WS000045

ノバショッカーの戦闘員はショッカーの戦闘員よりもスーツがちょっとだけカッコいいです(笑)
ノバショッカーはショッカーを離反したウルガ、イーグラ、バッファルの3人で構成されており彼らもどうやら立花麻由を狙っている様子。

いきなりショッカーとノバショッカーの抗争が始まります。
この敵組織同士の戦いというのはなかなか新しいと思いました。
制作インタビューでもあったのですが今回ライダー同士が争うことは無く、その役目はショッカー同士の争いにシフトさせたそうです。

正直、毎回オールライダーが出演する映画になるたびに色々な理由をつけていがみ合い戦うライダー同士はちょっと・・・と思っていました。

だからこのショッカー同士の対立は良かったと思います。

ノバショッカーのウルガとバッファルは怪人対に変身するのですがイーグラは実は最後まで怪人体にならないままです。
イーグラを演じる長澤奈央さんの復帰作が今作なので、ファンにとっては嬉しいかもしれませんけどね。私も含めて(笑)

ショッカーとノバショッカーの抗争に到着したタケルは仮面ライダーゴースト・闘魂ブースト魂に変身して戦います。
立花麻由を逃がそうとしますが多勢に無勢、立花麻由はピンチになります。

絶体絶命の時、いきなりバッグが横から飛んできて足止めされるショッカー。
駆けつけてきたのはもちろん本郷猛。
70歳という年齢なんて忘れてしまうほどの立ち回りを見せて立花麻由を救い出します。

この時タケルはウルガに付き飛ばれててしまうのですがそこで場面転換し、いきなり大天空寺で治療を受けてました。
ここがまず最初の???となる場面でしょうね。
おそらくどこのレビューでも書いてあるように「シーンがぶつ切り」なんです。

タケルやアカリは立花麻由がなぜ狙われているかを調査するためになんと立花麻由の通う高校へ教育実習生として潜入します。
よく簡単に潜入できると思いますがそこはまあご愛嬌でしょう。
それよりも立花麻由の通う高校の名前が「城南大学付属高校」だということにニヤリとしてしまうファンは多かったのでは?

学校帰りにショッカーに襲われる立花麻由。
アカリと一緒だったのですがここでいきなり麻由が「心得がある」ということでショッカー戦闘員と戦います。

WS000039

・・・そんな心得があるなら最初に襲われた時にもう少しなんとかなったのでは?と勘の良い人はツッコミたくなると思いますよね(笑)
ですがやはり怪人相手にはかなわずピンチになったときに本郷猛が駆けつけてくれます。

立花麻由「猛・・・」

本郷猛「ライダー・・・変身ッ!!」

WS000047

WS000046

この力の入った変身シーンはここまでの少々の矛盾なんか吹き飛ばしてしまうくらいのかっこよさでした。
今回の仮面ライダー1号はスーツのデザインが太く力強くなっており、オリジナルのスーツという印象から鎧のような印象になっています。
動きも若い時の戦い方ではなく歳をとって経験を積んだクレバーな戦い方になっており無駄な動きを省いているとのこと。

ショッカーの怪人から麻由を救い出すも麻由からはビンタをされてしまう本郷猛。
ビンタに微動だにしないその肉体のほうにどうしても意識が行ってしまうと思いますが(笑)
どうやら本郷猛はおやっさん(立花藤兵衛)から麻由が一人前になるまでお願いされていたのに麻由を置いて戦いに行ってしまったことがどうしても許せなかったようで。

大天空寺での本郷猛を観て、心頭滅却の境地だと御成は言う。
そして簡単にタケルが今死んでいることまで見抜く本郷猛。

WS000043

生命とは何か。

どうして生命が大切なのか?

生命についてタケルに問いかけ、宿題だと言う猛。

仮面ライダー1号のストーリーネタバレ感想・中盤部分

どうしても麻由のそばに居させて欲しいという本郷猛。
それに対して「何でも言うことを聞いてくれたら」と条件を出し、OKする猛。

一緒に食事をして、洋服を買ってあげて、ゲームセンターで一緒に遊ぶ。

こんな普通のことだけどきっと麻由が望んでいたのはこういうことなんだろうなと思いました。
麻由も許してあげるきっかけが欲しかっただけなのかもしれませんね。

それにしても本郷猛の太鼓の達人の叩き方がちょっと斜めに構えて本格的だったのはちょっと笑いました(笑)

一方、ノバショッカーの策略は着々と進んでいました。
ノバショッカーは普通に街を荒らすのではなく結構真面目に日本を征服するような策略を考えてました。
ショッカーのような組織と違ってノバショッカーは会社のような組織になっているのが印象的でした。

日本中の電気を奪ったノバショッカーは電気を失った状態で日本政府にこう持ちかけます。

我がノバショッカーのノバエネルギーを買えば大丈夫だ

そして仕方なくノバエネルギーを受け入れる日本政府。
電力が戻って一安心・・・と思いきやノバエネルギーを最大出力にして今度は電気を過剰に供給して停電させる。

どういうことだ!契約違反だ!と激高する日本政府に冷ややかな顔で再度提案するノバショッカーのウルガ。

ノバショッカーの技術力が無いからノバエネルギーが扱いきれない。
だからノバショッカーに全ての管理を任せてもらおう。

電力を提供するまでは結構理にかなっているかなと思いましたがそこから先の要求はちょっと強引かなと思いました。

日本中が停電になり交通事故などで街は大パニック。

タケルとマコトがノバショッカーに対抗するためにも本郷猛=仮面ライダー1号の力を借りようとする。
だが、麻由は猛に戦ってほしくない一心で止める。
本郷猛も麻由のためだからと戦うことを拒否。

仕方なくタケルとマコトだけでノバショッカーと戦うことに。
しかしやはりウルガ、イーグラ、バッファルには勝てずに敗北
この敗北後もまたシーンがいきなり変わってしまうのが困ったところです。

電力が失われてどうしたかと言えば本郷猛と立花麻由は山小屋で暮らしていました。
薪割りをする本郷猛は絵になりすぎていてたまらないですね(笑)

ここで偶然タケルは本郷猛の身体がかなり悪いことを知ってしまいます。
倒れて横になっている本郷猛。
医者に見せたところ「生きているのが不思議なくらい」だそうで。
医者って誰に見せたのか・・・改造人間だけど・・・と思ったのは私くらいでしょうか(笑)

一方ショッカーではあの地獄大使が復活。
立花麻由を探して山小屋にやってきます。
そしてさらわれる麻由。

なぜショッカーもノバショッカーも麻由を狙うのか?

それはなんと麻由の身体の中に埋め込まれている「アレクサンダー大王の眼魂」を手に入れようとしていたようで。
地獄大使は復活前にこのアレクサンダー大王の眼魂のことを謎の人物から聞いています。
この謎の人物、結局この映画では明かされません・・・。

アレクサンダー大王の眼魂を取り出そうとする地獄大使。
その場にタケル達が辿り着いたとき、ノバショッカーも現れます。

なぜノバショッカーがこの場所を知っていたのか?

なんとショッカーのガニコウモルがショッカーを裏切っていたのです。

WS000044

結局アレクサンダー大王の眼魂はウルガに奪われてしまい、そのすさまじい力で皆がふっとばされます。
そして麻由をかばって本郷猛は生命を落としてしまいます。
この生命を落とす場面が少しあっさりしすぎていましたが、もう生きてるのが不思議なくらいだということでしたからこれは仕方ないでしょう。

悲しみにくれながらも生前の願いどおり木を組んで火葬をされる本郷猛。
街にはまたノバショッカーが現れたとの報告。
ウルガはアレクサンダー大王の強大な力を押さえられずに身体を支配され、暴走しイーグラを手にかけてしまいます。

タケルとマコトはノバショッカーの元へ向かい、麻由は一人燃え盛る炎に包まれる本郷猛を見つめ、涙していた。

スポンサーリンク

仮面ライダー1号のストーリーネタバレ感想・後半部分

街で暴れるアレクサンダー大王に支配されたウルガ。
その力は凄まじく、タケルもマコトも満身創痍。

燃え盛る炎に包まれる本郷猛を見て涙する立花麻由。

まだ死んで欲しくない

帰ってきて・・・

・・・猛!!

その麻由の想いに呼応するかのように開く本郷猛のベルト。
風車が回転し、風と共に炎を吸い込み巻き上がった炎の形は「不死鳥」

WS000040

正直!

いままでシーンがぶつ切りだとか何だとか

散々言いたい事はありますが

この復活シーンだけは最高だと思います

復活した本郷猛=仮面ライダー1号。

猛の口から発せられる「麻由・・・」

その言葉に猛が帰ってきたと涙する麻由。

最高でしょう。

そして本郷猛は立花レーシングクラブに訪れます。
予告編でもあったあのシーン

「帰ってきたよ、おやっさん」

最高でしょう。

そして立花藤兵衛の写真を懐に入れ、ネオサイクロンに跨がり言うのです。

「一緒に行こうね、おやっさん」

最高でしょう。

間違いなくこの一連のシーンは胸に来ます。

絶体絶命のピンチに陥っているタケルとマコト。
それを助けたのは意外にも地獄大使でした。

WS000042

戦いの地に辿り着いた本郷猛。

WS000048

この地球を支配するのはショッカーだ。
それをむやみに破壊するノバショッカーは許せない。

猛「一緒に戦うというのか、地獄大使よ」

地獄大使「今だけはな。」

最高でしょう。

地獄大使

仮面ライダーゴースト

仮面ライダースペクター

仮面ライダー1号

この4人が並んで変身するなんて思いもよりませんでした。

WS000038

WS000037

ここで仮面ライダーゴーストとスペクターは歴代平成ライダーの眼魂を使って戦います。
Web版の配信を観てないとちょっと唐突かなという印象はありますが見ていればまあ許容範囲かなと。

アレクサンダー大王の力で暴走するウルガを地獄大使のムチが足止めし、ゴーストとスペクターのライダーキック。
それに続き仮面ライダー1号のライダーキックのトリプルライダーキックで見事ウルガを撃破するのでした。

ウルガを足止めするために深手を負った地獄大使。
本郷猛に「俺と最後に戦え!」と言いながらも本郷猛は「身体をいたわれよ」と言い去っていきます。
そしてそのまま力尽きたように倒れる地獄大使。
ここは人によって賛否両論かも知れません。

海岸に佇む麻由。
本郷猛はまた戦いに世界へ旅立つという。

タケル「俺わかったんです。」

タケル「仮面ライダー1号、本郷猛は、オレの永遠の英雄だって…」

バイクで去っていく本郷猛=仮面ライダー1号。

WS000049

ここからだんだんとイントロがレッツゴーライダーキックになって歌が始まるのは良かったですね。

ラストに本郷猛からのメッセージが流れます。


ライダーはいつも君たちのそばにいる。

生きて生きて生き抜け。

このメッセージは目頭が熱くなりました。
このメッセージがこの仮面ライダー1号という映画のすべてを語っているといっても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

まず前提として平成仮面ライダー映画のストーリーは本編と関連しておらずパラレルワールドの設定になっていることがほとんどです。
ですが時折本編の最終回のその後の物語、または前日譚などのストーリーが展開されるようにもなってきました。
正直、平成ライダーの映画は食傷気味になっている人がほとんどだと思います。
今回の仮面ライダー1号も場面転換などがあまりにも唐突ですし難はあります。
ですがそういう細かいことは放っておけるほどの熱い何かがこの映画にはあると思います。
特に子供の頃に仮面ライダーを見ていた方などはもう家族もできていることでしょう。
作品の中で本郷猛が言った言葉「生命とは愛の連鎖だ。先祖から紡がれて今の君がいる」
この言葉が胸に来るものがあると思います。
初代から好きだった方は必ずどこか心に訴えかけるシーンはあると思います。
ぜひご覧になってみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ラピュタ
  2. あぶない刑事
  3. セーラー服と機関銃-卒業-
  4. ちはやふる01
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです