一体なにを贈ればいいの?無難に済ませたいホワイトデーのお返し選びのポイント。

スポンサーリンク

バレンタインデーにもらったチョコレートのお返しをする日となるホワイトデーは男性にとって悩ましい日でもあります。チョコを贈るバレンタインデーとは違い、明確にあげるものが決められていないホワイトデーは相手に贈るものから決めなくてはならず、一旦迷いはじめると深みにはまってしまいます。そんなホワイトデーに迷っている人へプレゼント選びのポイントをいくつか紹介していきます。

提案その1「もらったものと同程度の金額で」

ホワイトデーに何を贈ればいいかまるっきり分からないという方でもお返しを選ぶポイントはすでに用意されています。ホワイトデーは基本的にはバレンタインデーのお返しという位置づけであるため、プレゼント選びの指標としてもらったものの金額に合わせていくということができるはずです。

義理チョコにもかかわらずお返しがあまりにも高額なものだと、いくら良いものとはいえかえって相手に気をつかわせてしまうことになるため、もらったものの金額に見合った範囲で贈り物を選ぶ方が無難といえます。

スポンサーリンク

提案その2「消えものには消えものが無難か」

バレンタインデーにもらうチョコレートは食べれば無くなってしまうものだからこそ、ちっとしたプレゼントとして義理チョコから本命まで相手に気持ちを伝えるための贈り物として幅広く利用されている商品といえます。そう考えるとお返しとなるホワイトデーにも感謝の気持ちとともに食品を贈る方が、バレンタインデーと同様にささやかな気持ちを伝えるうえでは役に立ちます。

いつまでも残ってしまうものを贈ると贈られた側が恐縮してしまう可能性もあるので、贈る相手が恋人や、よほど気ごころの知れた相手ではない限り、クッキーやマカロンなどのお菓子類が無難といえます。食べ物を贈る際には相手の好みをさりげなく聞いておくことや、紅茶やハーブティーなども一緒に添えてセットで贈るという方法もあります。

提案その3「大人の場合はより実用性のあるものも」

社会人へのお返しとなると好みなども多様化し、甘いものよりも実用性のあるものを好む女性もいます。また多くの人にチョコを配っている女性の場合はお返しをもらう機会も増えていくため、多くの人から同じようなスイーツをもらうばかりでは困ってしまうことも考えられます。

重くならない程度に実用性のある贈り物となると入浴剤やハンドクリーム、社会人の必須アイテムであるハンカチなどがあり、値が張らないようなちょっとしたアイテムであることが重要です。ただしこれらも食べ物に比べると重さが増してくるので、普段の付き合いの中で相手との距離感がどの程度なのかを測ることが大切です。

ホワイトデーについてネットの反応

ホワイトデーの贈り物についてネットの反応を紹介します。

まとめ

バレンタインデーにチョコをもらうことは男性にとってうれしいことですが、そのぶんホワイトデーに悩まされる人も多くいるようです。
贈られるものの内容よりも気持ちを大切にしてくれる女性も多くいるので、日頃の感謝の気持ちをメインに考えてみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ホワイトデー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA