カテゴリー:プロ野球

  1. 堂林翔太選手は広島東洋カープの中でも人気の高い選手です。2012年は高い素質を見込んだ野村謙二郎監督の方針で、1年間レギュラーで使い続けた。プロ初の1軍のシーズンでありながら144試合全試合使われ続けた。成績はお世辞にも良いとは言えない、2…

  2. 福留孝介選手は、高校時代超高校級スラッガーとして大きな注目を集める。3年夏の地方予選ではホームランを7本も放った。甲子園に出場し、この大舞台でもしっかりとホームランを放っている。プロのスカウトが甲子園球場や地方予選大会の会場に数多く集まる。…

  3. 澤村拓一投手は、佐野日大高校は3番手投手で最後の夏は登板機会がなく終わった。その後、中央大学に進学し、素質が開花する。ストレートも東都大学リーグ史上最速となる157キロをマークした。読売ジャイアンツに入団してからは1年目から、ローテーション…

  4. 田中広輔選手は高校・大学時代は読売ジャイアンツのエース菅野智之投手と同期でチームメイトでした。大学時代大きくクローズアップされたのは菅野智之投手。最速157キロをマーク、大学人離れした鋭いスライダーにツーシームにスピリットを操り、他の大学の…

  5. 西岡剛選手は、PL学園のセレクションに落選し大きなショックを受けたが、もう一つ強豪校である大阪桐蔭高校からの熱烈なアプローチを受けて、大阪桐蔭高校に進学した。高校3年間では、PL学園に負ける事は1度もなかった。高校3年生の時に第84回全国高…

  6. 田口麗斗選手は、1読売ジャイアンツ若手ナンバー1成長株で昨年はローテーションに定着した。初完封勝利もマークし、左の時期エース候補となっている。規定投球回数にも初めて到達。読売ジャイアンツで昨年二桁勝利を挙げた唯一の投手である。エース菅野智之…

  7. 佐藤達也投手はオリックスバファローズを代表するセットアッパーである。最速155キロの剛速球が何と言っても魅力の投手。若干荒れ球ではあるが、フォアボールを連発するタイプではない。ストレートが速く、カーブ・スライダー・フォークを操る。特にストレ…

  8. 球界屈指の鉄腕投手山口鉄也投手。9年連続60試合登板の新記録を昨年樹立しました。非常にタフな左腕ですが、昨年から勤続疲労が見受けられるのが少し心配です。現在(2017年6月27日現在)登録抹消中です。 出典:http:…

  9. 美馬学選手は、169センチとプロ野球選手としては小柄ながら最速153キロのストレートにカーブ・スライダー・フォーク・シュートを投げる。非常にコントロールが良く、フォアボールが非常に少ないプロ入り後、二桁勝利はないが、今年は故障なく順調に行け…

  10. 牧田和久選手は、埼玉西武ライオンズの投手のなかで、牧田和久投手は非常に使い勝手が良く非常に重宝されている。先発でも抑えも中継ぎもOK。どの場面で登板してもきっちり仕事をしてくれるので非常に大きい。十分自分の役割をそのシーン事に自覚している投…

RETURN TOP