カテゴリー:プロ野球

  1. 角中勝也選手は首位打者に2度輝いているが、2012年は西武ライオンズ在籍していた、中島裕之でほぼ確定していた状況だったが9月以降故障の影響もあって打率が急降下。一方上がり調子の角中勝也選手が遂に猛打賞の固め打ちで、中島裕之の打率を上回った。…

  2. 大谷翔平選手は、規格外とはまさに大谷翔平選手を指す言葉。高校時代にアマチュア野球史上最速の160キロをマークし、大きな注目を集また。気になる進路はメジャー挑戦だった。 出典:http://www.officiallyj…

  3. 2015年にトリプルスリーを達成した柳田悠岐選手。この年はヤクルトスワローズの山田哲人選手もトリプルスリーを達成し、同一年にトリプルスリー達成者が2人出た事は史上初の出来事だった。非常に卓越したバッティングセンスを持っており、特大ホームラン…

  4. 金子千尋選手は、オリックスバファローズの絶対的エース。他球団の選手からは「スーパーエース」の異名で恐れられている。とにかくどのボールを取っても天下一品。カーブ・スライダー・カットボール・ツーシーム・チェンジアップ・SFF・シンカーと多彩な変…

  5. 山田哲人選手は、ドラフトではオリックスバファローズとヤクルトスワローズが競合。ヤクルトスワローズが交渉権を獲得し、ヤクルトスワローズに入団。入団1年目からその打撃センスは光るものがあり、コーチと二人三脚で確実性の向上をはかってきた。 …

  6. カープの4番を完全に実力で掴み取った鈴木誠也選手。大谷世代で打者としては1番出世している。また、大谷世代では今季1番調子が良い選手。甲子園経験はないものの、抜群の野球センスがスカウトの目に止まり、ドラフト2位指名をカープから受けた。 …

  7. 梶谷隆幸選手は非常に喜怒哀楽が激しい選手。しかし、プロ野球選手はこれくらいが丁度良い。あるインタビューで、「ホームランを打ったらめちゃくちゃ嬉しいです」と語っている。 出典:http://wikiwiki.jp (…

  8. 荒木雅博選手は、1995年のドラフト会議で1位指名されたが、当初は4位指名の予定だった。福留孝介を抽選で外し、ハズレ1位の原俊介も外し、激昂した星野仙一監督はもう勝手にせい!!と怒りをあらわにし、困った首脳陣が4位指名の予定の荒木雅博選手を…

  9. 2003年自由枠で阪神タイガースに入団した鳥谷敬選手。読売ジャイアンツ・西武ライオンズ・横浜ベイスターズも獲得に動いていましたが、天然芝の球場の甲子園を本拠地とする、阪神タイガースを逆指名。 出典:https://da…

  10. 球界屈指の人気を誇る坂本勇人選手。球界の盟主、読売ジャイアンツのショートの座に君臨する。シャープな打撃と堅実な守備力そして、足も速く積極的に盗塁を仕掛ける3拍子揃った選手。反対方向にもホームランを叩きこむ事が出来る長打力も兼ね備えている。ま…

RETURN TOP