菊池雄星(西武ライオンズ)最速157キロの速球が武器!!高校時代はメジャーも注目の選手だった!!埼玉西武ライオンズのエースへ!!

スポンサーリンク

菊池雄星選手は、高校は岩手県の名門高校花巻東高校出身。甲子園で優勝こそできなかったものの、大きく沸かせた黄金左腕である。高校時代にストレートの球速が約10キロ速くなった。甲子園での最速は154キロ。左投手の145キロは右投手の150キロ以上に感じるとプロの世界でも言われている。

出典:http://www.sanspo.com (2136589113938766001_1)

<!–

–>
高校時代に154キロのストレートを投げていたので、バッターはとてつもなく速く感じたに違いない。ストレートがこれだけ速い上にスライダー・カーブ・チェンジアップを投げるが、ストレートとスライダーで投球の約8割を占めている。ストレートとスライダーで相手打線を翻弄する事が出来る。

スポンサーリンク

プロ野球志望届を出し12球団全てとの面談に応じ更にはメジャー8球団とも面談に応じた。実に面談に応じた球団は国内外の球団を含めて異例の20球団である。注目度の高さは非常に高い事を物語っている数字である。多くの球団からドラフト1位で指名すると宣言されていた。

ドラフト会議当日、菊池雄星投手を指名したのは、埼玉西武ライオンズ・阪神タイガース・東京ヤクルトスワローズ・東北楽天ゴールデンイーグルス・中日ドラゴンズ・北海道日本ハムファイターズの6球団。抽選の結果埼玉西武ライオンズが交渉権を獲得。契約金1億円・出来高5000万円・年俸1500万円で契約合意した。

菊池雄星選手プロフィール

1991年6月27日
岩手県出身
花巻東高等学校卒
甲子園出場歴アリ
2009年ドラフト1位
年俸1億円+出来高
埼玉西武ライオンズ所属

菊池雄星最速157キロの速球が武器!!

昨シーズン自身初となる規定投球回数クリアと、初の二桁勝利をマークした。高校の時の豪快なイメージが強いので三振を多く奪っている印象もあるが、実際はそれ程多くは三振を奪っていない。しかし、プロに入り更にストレートに磨きをかけ最速は157キロになった。左投手の157キロはとてつもなく速く感じる。コントロールも安定してきており、フォアボールで崩れる事が少なくなった。

出典:http://kuro-puli.blog.so-net.ne.jp (2136589113938766001_6)

<!–

–>

ストレートは大きな武器

なんと言っても157キロのストレートは大きな武器になっている。ストレートは投手に取って生命線とも言える。ストレートあっての変化球である。変化球だけで交わせる程、プロ野球は甘くない。そのストレートが菊池雄星投手は最速157キロ。勿論日本球界の左腕投手では最速の数字である右投手は高校の後輩でもある大谷翔平投手の165キロである。

出典:http://blog.livedoor.jp (2143645241249310801_1)

<!–

–>
花巻東高校出身の2人の投手が右で最速。左でも最速投手を輩出している。大谷翔平投手も当初は大リーグ志望だった。結局、北海道日本ハムファイターズが強硬指名し、大谷翔平投手の説得に成功し、現在は北海道日本ハムファイターズの中心選手として活躍している。菊池雄星投手に取っては頼もしい後輩選手。

菊池雄星高校時代はメジャーも注目の選手だった!!

メジャー8球団が獲得の意思を示し、その8球団とも面談を行った。最終的には日本球界を選択する事になるが、メジャーも獲得に動くなど、その才能は国内にはとどまらず、野球の最高峰であるメジャーリーグからの誘いも8球団からあった。熟考の末、国内を選択している。結果的には正解だった。

出典:http://www.sanspo.com (2136589113938766001_12)

<!–

–>

二桁勝利

きっちり2軍で基礎体力をつけさせ、剛速球を投げるのには、細かった体も随分がっしりと太くなった。その成果もあって昨年は自身初の二桁勝利に規定投球回数をクリア。今シーズンもこのまま故障なく順調に行けば、二桁勝利は確実。ここに来ていよいよ本領を発揮してきた。

出典:http://number.bunshun.jp (2143645241249310801_6)

<!–

–>

メジャーリーグ

15勝以上は出来る投手。メジャーに行っていたら活躍できたかどうかは分からない。しかしメジャーからの注目度はかなり高かった。実際に獲得に動いた球団も多く、メジャーで成功していれば高卒からの本当の意味でのルーキー投手になっていた可能性がある。今後はメジャーに挑戦する時が来るかも知れない。

その時にはかなり完成された投手になっているはず。メジャーリーグは中途半端な気持ちでは務まらない。勿論、日本球界もそれは同じ。手を抜いたら簡単に弾き返されてしまう。甘い球を逃してはくれない。それがプロ野球の世界である。かなりバッターも成績があるのでどんな投手相手でも必死に来るので、真剣勝負は当然の事である。

菊池雄星埼玉西武ライオンズのエースへ!!

昨年オフにエース右腕岸孝之投手がFAで楽天ゴールデンイーグルスに移籍した為、現在のエース格筆頭候補が菊池雄星投手である。今年も昨年と同水準の12勝前後は挙げてくれそうだ。後はそこからどれだけ白星を増やせるか?ここが大きなカギになって来る。いずれにせよ菊池雄星投手の黄金時代はやってくる。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp (2136589113938766001_19)

<!–

–>

エース投手

来年あたりは、15勝はクリアして欲しい。今年もクリアできる可能性もあるが、1年ずつしっかり勝負をして欲しい。来年はロケットスタートを決めて欲しい。そして15勝をクリアし正真正銘の埼玉西武ライオンズのエース投手になって欲しい。ファンも首脳陣も待ち望んでいる。

菊池雄星選手画像

出典:http://sportiva.shueisha.co.jp (2143645241249310801_16)

<!–

–>

スポンサーリンク

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA