浅村栄斗(西武ライオンズ)頂点を知る男!!守備力も抜群!!打点王にも輝いた勝負強い打撃!!

スポンサーリンク

浅村栄斗選手は、大阪桐蔭高校時代甲子園に出場し、同校の優勝に貢献しています。特に高校時代からその卓越した守備能力はずば抜けたものがあり、甲子園においても度々美技を披露した。非常に打球判断に優れており、先の塁でアウトを取るのが上手い。普通の野手なら1塁に投げる所を3塁に投げる。

出典:http://sportiva.shueisha.co.jp (2133493075298752701_5)

<!–

–>
プロに入ってからも守備力はピカイチと言われていたが、送球に難がある。その為、近年はファーストを守る事が多いが打球判断は流石の物がある。イップス寸前の状態からスローイングの負担の少ないファーストにコンバートされた経緯がある。ここ2年は主にセカンドを守っている。

スポンサーリンク

出典:http://ja.wikipedia.org (2133493075298752701_6)

<!–

–>
非常に勝負強い打撃で打点王に輝いた事もある。チャンスに強く、勝負ところでしっかり仕事をする。本人は打点王に輝いた年に当初は打点王になるとは思ってなかったが、シーズン中盤からは大分意識するようになった。その結果、2013年の打点王に輝いている。本人に取っては念願の打撃タイトルである。

浅村栄斗選手プロフィール

1990年11月12日
大阪府出身
大阪桐蔭高等学校卒
甲子園球場歴あり(優勝経験者)
2008年ドラフト3位
年俸1億5500万円
埼玉西武ライオンズ所属

浅村栄斗頂点を知る男!!

プロ野球の世界に入ってはまだ優勝の味を味わっていないが、高校時代、大阪桐蔭高校で第90回全国高等学校野球選手権記念大会において大阪桐蔭高校は優勝を果たし浅村栄斗選手は1番・ショートで29打数16安打と打率5割を超える大活躍を見せた。またショートの守備でも再三好プレーを連発しチームの優勝に貢献した。

出典:http://www.sponichi.co.jp (2133493075298752701_3)

<!–

–>
この甲子園での活躍で、多くのスカウト陣が偵察に訪れ、高い評価を受ける。3位以内でいなくなる選手と言われており、実際埼玉西武ライオンズがドラフト3位で指名している。高校野球の頂点に立つ事は非常に難しく優勝校に在籍していてもベンチ入り出来ない選手も数多くいる。

出典:http://yakyu.tv (2133493075298752701_4)

<!–

–>

1番ショートのスタメン

特に大阪桐蔭高校のような大所帯では試合に出たくても出られない選手が多い。そんな中1番ショートのスタメンで使われ続けた。非常に控え選手からしてみれば羨ましい限りだが、実力勝負の世界だけにここは自力でレギュラーを掴まないといけない。自分自身の実力が全ての世界。それが勝負の世界である。

出典:http://matome.naver.jp (2133493075298752701_11)

<!–

–>
野球は仲良しゲームではない。試合に出場できる選手は。9人。当然チームに100人もいる大阪桐蔭高校の様な強豪校ではレギュラーになる事すら大変な事である。レギュラーを取るとよく簡単に言われるが、100人中の9人しかレギュラーはいない。甲子園のベンチ入りは18人まで。ここまでに何とか入ろうと高校野球人生にかけている。

浅村栄斗守備力も抜群!!

内野ならどこでも守る事が出来る。しかし、打球に追いつくのは早く、グラブさばきも軽快なものがあるが、送球に難がある。しかし、守備力は高く定評はある。2013年にゴールデングラブ賞を受賞している。送球にやや難はあるものの、ゴールデングラブ賞に輝いているように守備力は非常に高いものがある。

出典:http://unkar.org (2133493075298752701_7)

<!–

–>

一時期イップス気味

確かに平凡なゴロを捕球し1塁に悪送球する事も過去には何度かあった。今はかなり改善されてきている。一時期イップス気味になったが見事立ち直っている。この辺りはハートの強さを感じる。ただでは終わらないと言ったプロ野球選手には必要不可欠な要素を持っている。勝負根性は相当な物を持っている。

出典:http://matome.naver.jp (2133493075298752701_9)

<!–

–>
これはプロ野球に取っては1番肝心な事でこれが出来るのと出来ないのとでは雲泥の差である。プロである以上常に競争意識を持っていなければいけない。その点はかなり熱い選手なのでファンも首脳陣もそれ程心配していない。守備の凡ミスを逆転ホームランで帳消しにする事もしばしばある。

浅村栄斗打点王にも輝いた勝負強い打撃!!

バッティングセンスに関しては何も言うことはない。時には豪快にそして時にはコンパクトなスイングで打点を稼ぎまくった。ホームランバッターではなく、典型的な中距離バッター。ホームランは20本前後で十分合格点が与えられるバッターである。キャリアハイは2013年の27本である。

出典:http://number.bunshun.jp (2133493075298752701_8)

<!–

–>
この年は打点王にも輝いた年でもあり、打撃は絶好調だった。これ以上ないくらいのシーズンだった。しかし、浅村栄斗選手の今後の野球人生を考えた場合まだ能力は伸びる可能性がある。未知の魅力が非常に多い選手である。これからどのようにもうワンランクアップしていくのかが非常に楽しみな選手である。

パワースラッガーぶり

埼玉西武ライオンズは良いバッターが揃っている。浅村栄斗選手の高校の先輩、中村剛也選手は大阪桐蔭高校を選んだ理由が自宅から歩いて5分が決め手だった。甲子園出場歴はないが、そのパワースラッガーぶりはプロ野球のスカウトの目にとまった。高校野球の場合、甲子園に出場していない選手でかなりいい選手がいる。

出典:http://matome.naver.jp (2133493075298752701_10)

<!–

–>
浅村栄斗選手は甲子園で大活躍をしたので、プロのスカウト陣の目に止まった。甲子園組みと甲子園出場歴ない選手の実力差はそんなになく、甲子園に出場していない選手の方がレベルが高い事があるのは日常茶飯事である。

<!–

–>

浅村 栄斗(あさむら ひでと、1990年11月12日 – )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(内野手)。

投球・打席 右投右打
ポジション 内野手、左翼手、右翼手
プロ入り 2008年 ドラフト3位

<!–

–>

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA