西勇輝(オリックス)内角を強気に攻めるピッチング!!3年連続2桁勝利中!!ブログをしている?

スポンサーリンク

西勇輝投手はとにかく強気のピッチングでデットボールを恐れず内角を大胆に攻める投球が持ち味。内角の球はバッターからすると打ってもファウルにしかならない球が多い。甘く入ると痛打をされる危険性もあるが、ここはバッテリーと打者の究極の駆け引きが行われる非常にシリアスな場面。

出典:http://www.sanspo.com (2133558768048943901_1)

<!–

–>
打者も内角を突いて来るのは分かっているので、それに備えているが、勝負球は、基本的に外角の球になる。ズバズバ内角を突いておき、勝負球は外角のスライダーやフォークボールと言った変化球になってくる。この辺りはパリーグの打者は何度も対戦しているので、大体配球パターンも読めてくるが打つのは難しい。

スポンサーリンク

出典:http://sportiva.shueisha.co.jp (2133558768048943901_2)

<!–

–>
勝負球は外角と決めつけているとインロー(内角低め)にズバッとストレートを投じられ、全く反応も出来ないまま三振に倒れてしまう事もある。非常にホームベースを上手く活用した投球を披露する。ホームベースを少しでもかすめればストライクになるので後は高さ低さだけの問題になってくる。

出典:http://www.nikkansports.com (2133558768048943901_3)

<!–

–>
どんなに良い球でもストライクゾーンよりわずかに低めであれば審判の手は上がらない。特に構えたミットと逆球になってしまった場合は非常に際どいコースでも審判はボールと判断する事が多い。この辺りは紙一重である。ストライクとボールで大きく展開が変わってくるので、1球1球が非常に重要になってくる。

出典:http://matome.naver.jp (2133558768048943901_4)

<!–

–>
ストライクとコールされれば若干ボール気味の球でもストライクに変わりはない。ストライクとボールとでは雲泥の差である。特にカウントツースリーの場面では、ストライクかボールかで大きく違ってくる外角一杯のスライダーをストライクとジャッジする審判とボールとジャッジする審判がいる。

出典:http://matome.naver.jp (2133558768048943901_5)

<!–

–>
審判は先入観を持ってジャッジする傾向にある。投手の傾向は審判は良く分かっているので、狙い通りのコースに投げればストライクとジャッジされ、狙いと違うと際どくてもボールとジャッジされてしまう。この辺りは審判によって大きく分かれる。本来なら同じコースの球は全ての審判が同じジャッジをしなければいけないが実際は審判によって大きく変わって来る。

出典:http://ja.wikipedia.org (2133558768048943901_8)

<!–

–>
自主トレを近年は読売ジャイアンツのエース菅野智之投手と共に行っている。球界を代表するエースピッチャーの菅野智之投手との自主トレでは学ぶべき点も非常に多い。投球の参考にしている。自身も現在3年連続二桁勝利を継続中であり、今シーズンは少し勝ち星に恵まれていないが、今後の巻き返しに大きな期待を首脳陣とファンは期待しているシーズンとなっている。

西勇輝投手プロフィール

1990年11月10日
三重県出身
三重県立菰野高等学校卒
甲子園出場歴アリ
2008年ドラフト3位
年俸1億3000万円
オリックスバファローズ所属

西勇輝内角を強気に攻めるピッチング!!

デットボールを恐れる事無く強気に内角を攻めていくのが、西勇輝投手の真骨頂と言える。シーズンで2度最多死球(デットボール)の記録がある程、遠慮なく内角をズバズバ攻めていく。たとえ、外国人バッターが相手でも物怖じする事はない投手。外国人選手相手に内角を投げるのは勇気がいる。

出典:http://matome.naver.jp (2133558768048943901_6)

<!–

–>

内角をズバズバ

外国人プレイヤーはデットボールに過剰に反応し一触即発ムードになる事が多い。両軍ベンチから選手が飛び出し乱闘寸前になる事もある。それだけデットボールは外国人選手には与えたくないと考えるのが普通だが、プロの世界で、食べていくには外国人選手相手でも内角をズバズバつかない投手としてはやっていけない。

リズムに長けた投手

その為、相手がどんなバッターであろうと内角をトコトン攻めていく。これが真骨頂の投手なので、見ていて非常に気持ちが良い投球内容を披露してくれる。内角一杯のストレートが決まると投げていても気分が乗ってくる。投手に取ってはリズムも重要で、この辺りには非常に長けた投手である。

西勇輝3年連続2桁勝利中!!

2014年から2016年まで3年連続二桁勝利をしており、今シーズンも二桁勝利を挙げると4年連続になる。近年は非常に安定した投球内容で着実に勝ち星を積み重ねている。今シーズンは前半戦苦しんだが、後半戦での巻き返しに大きな期待がかかる。非常に前向きな選手なだけにチームの期待も大きい。

出典:http://blog.shueisha.net (2133558768048943901_7)

<!–

–>

モデルチェンジ

自主トレの効果がそろそろ出てくる。筈。読売ジャイアンツのエース菅野智之投手から、変化球の投げ方を教わっているので、後半戦はモデルチェンジする事が考えれる。今までにない配球パターン相手打線を翻弄するのが狙い。その効果が後半戦は大いに期待される所で、ファンも声援送り続ける。

西勇輝はブログをしている?

西勇輝のニコニコ日記と言うオフィヤルブログを開設しているが、最近は更新されていない。一応ブログは開設したが、現在は開店休業状態になっている。プロ野球選手がブログを更新するのは大変な事であり、試合で疲れた日に更新するにはかなりの体力を消耗する。普通ブログを更新する位と思うが、プロ野球選手は試合で命をかけてたたかっている。

スポンサーリンク

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA