金子千尋(オリックス)フォアボールが少ない!!パリーグを代表する投手!!沢村賞投手!!

スポンサーリンク

金子千尋選手は、オリックスバファローズの絶対的エース。他球団の選手からは「スーパーエース」の異名で恐れられている。とにかくどのボールを取っても天下一品。カーブ・スライダー・カットボール・ツーシーム・チェンジアップ・SFF・シンカーと多彩な変化球を投げられる。・ストレートは最速154キロ。

出典:http://sportiva.shueisha.co.jp (2140179668592203801_1)

<!–

–>
154キロのストレートを武器に多彩な変化球とのコンビネーションで相手打線を翻弄する。相手打線は毎回投球パターンが違うので狙い球を絞れない。そしてコントロールが絶妙である。とにかくフォアボールが少ない。フォアボール狙いで行くとあっさり三振に終わってしまう。積極的に打っていくしかない。

スポンサーリンク

しかし、ストレート・変化球どれをとっても超1流の為、打ち崩すのは非常に難しい投手の1人である。パリーグを代表する投手の1人。ここまで安定した投球をする投手はなかなかいない。パリーグの顔とも言える投手。非常にオリックスバファローズにしてみれば勝ちが計算できる投手。

出典:http://sportiva.shueisha.co.jp (2140179668592203801_22)

<!–

–>
相手打線からしてみたら、何とか得点を先に挙げて逃げ切りをはかりたい投手だが、そう簡単にはいかせてくれない投手。とにかくマウンド度胸が良い。どんな場面でもポーカーフェイスで味方のエラーも顔に出したりしない。どんなに良い投球の時も悪い投球内容の時も表情一つ変えない。

相手打線は表情が全く変わらないので、打ってもダメージを与えている感覚がもてない。非常にクールな投手である。非常にチームからの信頼が厚く、金子千尋が登板する試合は勝つ確率が1番高い試合と首脳陣・ファンも思っている。それだけの存在。「スーパーエース」と言われる事だけの事はある。

出典:http://m.sponichi.co.jp (2140179668592203801_50)

<!–

–>
オリックスバファローズにしてみたら、とにかく先に得点を挙げてしまえば逃げ切れる確率が高いので、とにかく先制点を挙げられるように積極的に打っていく。大概、金子千尋投手の登板試合は相手チームもエース投手をぶつけてくるので、オリックスバファローズ打線もそう簡単には得点を挙げる事は出来ない。

その為、金子千尋投手の登板試合はロースコアーでの決着が多いのが特徴。大量点で決まる試合は少ない。金子千尋投手はフォアボールで自滅する事が非常に少ない投手なので、野手も守備についている時はリズム感が生まれる。その為、好プレーが良く飛び出す。非常に良いサイクルになっていて、投打が噛み合う試合が多い。

金子千尋選手プロフィール

1983年11月8日
新潟県出身
長野県長野商業高等学校→トヨタ自動車
甲子園出場歴アリ
2004年自由獲得枠
年俸5億円+出来高(2015年から4年契約)
オリックスバファローズ所属

金子千尋フォアボールが少ない

とにかくフォアボールが少なく抜群の制球力を誇る。ほぼキャッチャーが構えたところにボールを投げ込む抜群のコントロールを誇る。甘い球が少ない投手でもある。針の穴を通すかの如くコントロールは抜群に良い。コントロールの良さは日本球界のなかでの3指の中に入る好投手。

出典:http://blog.livedoor.jp (2140179668592203801_10)

<!–

–>

勝ちが計算できる投手

年俸をみれば分かるが、オリックスバファローズに取っては絶対にいなくてならない存在の投手。とにかく勝ちが計算できるのはオリックスバファローズに取っては非常に大きい。勝ちが計算できる投手はどのチームも少ない。オリックスの先発投手陣はかなり手薄なので、絶対的エースの金子千尋投手の登板試合は勝っておきたい。

全ての試合に勝てるわけではないが、明らかに他の投手が先発する時よりも首脳陣とファンの期待度は飛びぬけて高いものがある。そこにはフォアボールを殆ど出さない金子千尋投手の存在がある。金子千尋投手の登板試合で落とすとチームとしては痛い。しかし、全ての試合に勝てるわけではないでここは致し方ない所。

パリーグを代表する投手!!

金子千尋投手はパリーグを代表する投手の1人ストレートの切れ、変化球のバリーエーションが豊富で様々な組み立てが出来る投手。変化球が多彩ではあるが、ストレートあっての変化球。ストレートは最速154キロを誇る。変化球はどれをとっても1級品で、相手打線からは非常に嫌がられている。

出典:http://kininaruuwasa.blog.fc2.com (2140179668592203801_16)

<!–

–>

現在は4年契約

オリックスバファローズ一筋の道を選択し、現在は4年契約をしている。その年俸は5億円である。勿論、パリーグの投手でトップの高額年俸を誇る。オリックスバファローズファンも金子千尋投手の生涯オリックスバファローズ宣言に、非常に心を打たれたファンも多い。

金子千尋沢村賞投手!!

2014年に投手に取っては最高の栄誉である沢村賞を受賞した。沢村賞は該当者なしの年もある。それだけ顕著な活躍をしないと取れない賞である。狙って取れる賞ではない。かなり獲るのが難しい賞。エース投手と言えども獲得できない投手の方が多い。沢村賞を複数回獲得するのは非常に難しい。

沢村賞を受賞

とにかく沢村賞を狙って取れる賞ではないので、巡り合わせも重要になって来る。一定の選考基準はあるが、全てクリアをしなくても沢村賞を受賞する事はできるが難易度は非常に高い。

スポンサーリンク

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA