高山俊(阪神タイガース)全国制覇!!6大学安打新記録を更新!!新人最多安打をマーク!!

スポンサーリンク

髙山俊選手は、高校時代は名門校日大三高(西東京)で、全国制覇を成し遂げた。西東京は、非常に強豪校が多い中勝ち上がり全国制覇を成し遂げた。西東京大会の予選を勝ち上がる方が難しいと言われる程。甲子園でも打ちまくった。当時から打撃センスは卓越したものがあった。その後、明治大学に進学し、大学通算安打を従来の127安打の記録を131安打に塗り替えた。甲子園でも神宮でも活躍した印象に残る選手。

出典:http://www.hochi.co.jp (2146380792295523701_1)

<!–

–>

スポンサーリンク

髙山俊(阪神タイガース)プロフィール

生年月日1993年4月18日
千葉県出身
日大三高→明治大学
甲子園出場歴アリ(優勝)
2015年ドラフト1位
年俸4000万円
阪神タイガース所属

髙山俊(阪神タイガース)全国制覇!!

高校は名門校の日大三高に進学。日大三高は(西東京)に所属する。西東京は早稲田実業など、強豪校が多い。夏の甲子園は東京は東東京と西東京に分かれる。東京からは2校選出される。これは北海道の北北海道代表と南北海道代表の2校選出される、東京都と北海道だけ2校甲子園に行ける。毎年夏の東京の予選会の抽選会は遅い時間までかけて行われる。

出典:http://www.sanspo.com (2146380792295523701_3)

<!–

–>

甲子園切符を掴む

春季大会で好成績を残したチームがシード校となる。ノーシードで決勝まで上がるのは西東京も・東東京もかなり厳しいものがある。そんな中、高山俊選手が在籍していた日大三高は西東京。しっかりと西東京予選を勝ち抜いて甲子園の切符を手にした。シード校とは言え、1回も負けが許されない、西東京大会。日大三高は投打のバランスがしっかり噛み合い甲子園切符を掴んだ。

出典:http://prt.iza.ne.jp (2146380792295523701_11)

<!–

–>

ヒットメーカー

その中でも打撃の中心は高山俊選手。甲子園でもヒットを量産した。ヒットメーカーとして、高校の時から大活躍をしていた。高校卒業後はプロには進まず、明治大学に進学した。高校の時にプロ志望届を出していればドラフト上位で消えた選手だったのは間違いない。抜群のバットコントロールは高校の時から建材だった。甲子園で頂点に立った時も打率は500であった。

髙山俊(阪神タイガース)6大学安打新記録を更新!!

明治大学に進学し、1年の時から外野のレギュラーを獲得3番を任せられた。春季リーグ戦で20安打を放ち、打率417でベストナインに選出された。その後通算6度のベストナインに選出されている。リーグ戦では、102試合に出場。324・8本・45打点をマークした。そして高田繁氏(元読売ジャイアンツに)が持っていた通算安打記録127本を更新し、131本の安打を記録した。

<!–

–>

守備に若干の不安

高校時代から卓越した打撃センスが魅力の選手で、守備に若干の不安はあるものの、その分は十分打撃で返せる選手。打撃でしっかり返してくれるので、守備力が向上すれば何も言う事がない選手になる。高校・大学時代と常にトップを走ってきた高山俊選手。プロの世界でもトップになる事が出来ればもう本物。高校時代は高校時代。大学時代は大学時代である。

タイガースが交渉権

ドラフト会議では東京ヤクルトスワローズと、阪神タイガースが1位指名し、最初にガッツポーズをあげたのは東京ヤクルトスワローズの真中監督。高山選手に大学時代に慣れ親しんだ神宮球場で一緒に野球をしましょうと語り掛けたが、実は本当に交渉権を引き当てていたのは、阪神タイガースだった。ドラフト会議では珍しい出来事が起きた。事務局が最終確認をして阪神タイガースが交渉権を得ていた。

出典:http://daily.c.yimg.jp (2146107479470302901_1)

<!–

–>
その為、今度は阪神タイガースの金本監督が、高山俊選手に一緒にプレーしようと語り掛ける前代未聞の出来事が起きた。この年の抽選に使われた紙に日本プロ野球機構の印字があり、東京ヤクルトスワローズの真中監督は勘違いしてガッツポーズをしてしまった。この紛らわしい抽選用紙は同年で廃止された。翌年からは分かりやすい用紙を使っている。この様なエピソードも珍しい。

髙山俊(阪神タイガース)新人最多安打をマーク!!

これまで阪神の新人野手の最多安打記録は坪井智哉氏が持っていた135安打だった。阪神入団後金本監督は長打を打てるバッターになって欲しいと長打力を身に着けさせた。長打力を身に着けるとホームランの数も必然的に多くなって来るが、逆に打撃が雑になりやすい傾向があるので、諸刃の剣とも言える。しかし、1年目はそんなに強引な打撃はしなかった。

<!–

–>

アベレージヒッター

1年目のホームランは8本。アベレージヒッターらしい数字を残している。そして坪井智哉氏の135安打を、1本差ながら塗り替え136本に新記録を塗り替えた。年俸も2500万円アップの4000万円になった。シャープな打撃がやはり合っている。後々長打力がついてくれば文句のないバッターになる。とにかく高山俊選手は、記録をことごとく塗り替えてしまう。今度は打撃タイトルで塗り替えて欲しい選手。

出典:http://amd.c.yimg.jp (2146107479470302901_7)

<!–

–>

ポテンシャルは高い

非常に潜在能力が高い選手なので、しっかり、故障さえしないで試合に出続ければ、記録は残せる選手。後はどの様な記録を塗り替えるのかが非常に楽しみな選手である。ポテンシャルは相当高い選手なので十分期待が出来る。

出典:http://www.sankei.com (2146107479470302901_11)

<!–

–>

出典:http://hanshin-takayama9.blog.so-net.ne.jp (2146107479470302901_17)

<!–

–>

出典:http://www.sanspo.com (2146107479470302901_19)

<!–

–>

出典:http://www.hochi.co.jp (2146107479470302901_21)

<!–

–>

出典:http://amd.c.yimg.jp (2146107479470302901_23)

<!–

–>

出典:http://nextbreak.hajimeteyukun.co (2146107479470302901_26)

<!–

–>

出典:http://image.news.livedoor.com (2146107479470302901_31)

<!–

–>

出典:http://www.sankei.com (2146107479470302901_35)

<!–

–>

スポンサーリンク

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA