福留孝介(阪神タイガース)近鉄入団を拒否!!松井秀喜の三冠王を防ぐ!!強肩強打!!

スポンサーリンク

<!–

スポンサーリンク

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

5月に左膝手術を受けるなど故障に泣き、63試合で打率1割台にとどまった。

<!–

–>

「若手をもっと起用して欲しい。福留は正直いらないです」(東京・20代男性)

<!–

–>

「福留と西岡の故障、久保の不調、コンラッドの活躍しなさ…」(兵庫・30代男性)

<!–

–>

阪神・福留、留まれるか? 球団OBからは「何で起用続ける」の声

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

和田監督救った福留CS“虎の子”ソロ弾の計り知れない価値

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

阪神が圧巻の下剋上、CSファイナルS初の4連勝で決めた! 打線爆発で9年ぶり日本シリーズ進出

<!–

–>

中日時代に首位打者を2度獲得し、球界を代表する選手だった福留孝介。07年オフにFA権を宣言し、海を渡った。メジャーの舞台で5年間プレーした後、13年に阪神に入団。阪神入団後は打撃不振や故障などで、中日時代のような成績を残せていなかったが、今季復活の兆し

<!–

–>

攻守で存在感を見せている福留。阪神に入団してから目立った働きをすることができなかったが、日本球界復帰3年目の今季、昨季以上の活躍

<!–

–>

阪神福留孝介外野手(38)が1試合2本塁打で、12試合連続安打

<!–

–>

阪神は4日に行われたDeNA戦で7-6で勝利。福留が2本の本塁打で4打点と爆発すると、先発した2年目左腕・山本が5回2失点でプロ初勝利を挙げた。

<!–

–>

1点リードの4回に先頭で打席に立つと、DeNA山口の140キロを強振。「前の打席ではチャンスで打てなかったので、この打席は何とかしたいと思っていました。風に助けてもらいました」と高々と上がった打球が、右翼スタンド最前列に

<!–

–>

さらには1点差に迫られた6回2死一、二塁で、DeNA2番手小杉からバックスクリーンに14号3ラン。

<!–

–>

福留孝介!
もう絶好調です笑。
打球の勢いが速い速い笑

今日のホームランも見事なホームランでした。これはもう、怖かった時の福留孝介

<!–

–>

甲子園球場近くにいた50代の男性ファン2人組は、そんな東京モンの指摘を「フフン」と笑い飛ばした。

「福留? あんな疫病神みたいな暗~い顔しとる奴、おらんなった方がええんちゃう? 若手もノビノビできるやろ。それに最近ちょっと頭のテッペンが薄くなりすぎてて、正味な話いじりづらいねん。髪も体もしっかり休ませといたれや」

<!–

–>

福留は8月を終わった時点で打率・223、5本塁打と低迷していたが、9月に入って打率・333、4本塁打と絶好調。
「今すごくいい状態で打席に入れてバットが振れていると思います」と胸を張り、逆転2位へ「残り4試合、自分たちが
勝つだけです」と力を込めた。

<!–

–>

阪神・福留孝介外野手(37)が21日、鳥谷の残留によって浮上した3番起用構想に前向きな姿勢を示した。中日時代に“定位置”だった打順のやりがいを問われると、「やりがいがあるというか、それはボクらが決めることじゃない。任されたときにしっかりとそういうところで仕事ができるように、やれるように準備をするのがボクらの仕事」と語った。

<!–

–>

中日時代は出場1074試合中、先発では3番は最多の571試合。その役割は十分に理解している。ベテランはチームの勝利のためなら、託された仕事を全うする構えだ。

<!–

–>

開幕から復調の兆しを見せていたが、その勢いが加速したのは、3番に打順変更してからだ。6月16日の日本ハム戦から3番で出場すると同日に猛打賞を記録するなど、3番に座ってから打率.481、3本塁打4打点と絶好調。『3番・福留』は中日時代に定位置だった打順。06には、打率.351、31本塁打104打点をマークし、リーグ優勝に大きく貢献。自身も同年のリーグMVPを受賞している相性の良い打順

<!–

–>

1999年   1300万年  率.284  本16  点52

・2000年   4200万円  率.253  本13  点42

・2001年   4200万円  率.251  本15  点56

・2002年   4200万円  率.343  本19  点65

・2003年 1億2200万円  率.313  本34  点96

・2004年 2億0000万円  率.277  本23  点87

・2005年 2億0000万円  率.328  本28  点103

<!–

–>

・2006年 2億5500万円  率.351  本31  点104

・2007年 3億8500万円  率.294  本13  点48

<!–

–>

福留はヒーローインタビュー後、好調の理由を改めて問われると「寝ること」とキッパリといった。深い睡眠については「あまり」と苦笑いしたが、やはり、疲労回復にはこれが一番

<!–

–>

「体調を整えることを優先的に考えてきて、頭も体もリフレッシュできた。この期間、個々にいろいろ思いながらやってきたと思う。明日からそれをグラウンドで出したいね」

<!–

–>

今季で3年契約が切れるが、球団幹部は「衰え?まだまだ。先の話になるけど、現状では(契約を結ばない)理由がない」と、39歳になる来季の契約も視野に

<!–

–>

「3番・福留」が快進撃の始まりだった。交流戦最終戦となった16日の日本ハム戦(甲子園)から座ると、チームは1分けを挟んで6試合負けなし。この間27打数13安打、打率・481と打ちまくり、和田監督も「3番で決めるところは決めるし、つなぎもできる。打線のリズムが良くなった」と効果を実感する。

<!–

–>

昨年のリーグ戦再開時は、不調による2軍調整から1軍復帰したタイミングだった。当時の打率は1割8分8厘。どん底を経験したからこそ、今年の福留は力強い。

<!–

–>

中日、楽天で活躍したプロ野球解説者の山崎武司氏は、福留の中日時代からの“盟友”。オフには毎年、ハワイで一緒に自主トレを行ってきた。

<!–

–>

山崎氏が指摘するのは、38歳の福留が精神面で余裕を見せているということ。それは、シーズンに入る前から感じていたという。

「自主トレも毎年見て、(一緒に)やってるけど、今年はすごく気を楽にして、切羽詰まらずにやってたから。練習もそんなに追い込んでいかったもんね。その前の年は、怪我してでも追い込んで、追い込んで、追い込みまくってたけど。35歳を過ぎて40歳近くになったら、オーバーワークは良くないよね。そういうのに気づいたんじゃないか」

<!–

–>

スポンサーリンク

1 2 3

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA