田口麗斗(巨人)伝説の広島県大会決勝再試合!!若手ナンバー1成長株!!2年連続二桁勝利達成へ!!

スポンサーリンク

田口麗斗選手は、1読売ジャイアンツ若手ナンバー1成長株で昨年はローテーションに定着した。初完封勝利もマークし、左の時期エース候補となっている。規定投球回数にも初めて到達。読売ジャイアンツで昨年二桁勝利を挙げた唯一の投手である。エース菅野智之投手は、最優秀防御率と最多奪三振のタイトルを獲得したが、打線との巡り合わせが悪く9勝止まりだった。投球内容は15勝以上に相当する内容だった。

<!–

–>
エース菅野智之投手が勝ち星がなかなか伸びない中しっかり勝ち星を伸ばしたのが、田口麗斗投手だった。非常に負けん気の強いピッチングで小柄の体から切れの良いストレートを繰り出す。これまでのキャリアの中で、最速は147キロだが、読売ジャイアンツに入団してからは徹底してコントロールに磨きをかけた。最速でも140キロを少し上回る位で、130キロ後半のストレートが多い。

スポンサーリンク

出典:http://mop-upguy.cocolog-nifty.com (2142836942820067701_6)

<!–

–>
それでも強烈なクロスファイヤーは威力十分で、バッターは全く反応が出来ず、見逃し三振に斬って取る。小柄な体から勢いよく放るストレートは右バッターのインローに食い込む球は、先ず打たれない。これがクロスファイヤーボールである。左バッターだとアウトローになる。巨人は生え抜きの高卒選手がなかなか育たない事で有名だが、田口麗斗投手は見事に素質を開花させた。

出典:http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp (2142836942820067701_7)

<!–

–>
非常にマウンド度胸満点で、強心臓の持ち主。まだ21歳の投手である。これまで読売ジャイアンツにはいなかったタイプの投手で、今後の飛躍も大きく期待される。将来的には投手の主要タイトルを獲る事が出来る逸材である。7月5日現在、セリーグトップの防御率を誇っている。このままペナント終了まで維持できればタイトル獲得となる。

今年の読売ジャイアンツの投手陣の左投手を見て見るとキチンと結果を出しているのは、田口麗斗投手だけである。内海哲也投手は非常に不安定な投球で登録抹消を繰り返している。杉内俊哉投手も未だ今季の1軍登板を果たしていない。完全に今年、後半戦も大きく崩れる事がなければ田口麗斗投手が来季からは完全に左投手のエースになるのは確実な情勢である。

田口麗斗選手プロフィール

1995年9月14日
広島県出身
広島新庄高等学校卒
甲子園出場歴なし。
2013年ドラフト3位
年俸5000万円
読売ジャイアンツ所属

田口麗斗伝説の広島県大会決勝再試合!!

2013年全国高等学校野球選手権広島大会決勝では、昨年のドラフト会議でオリックスから1位指名され入団した山岡泰輔投手擁する瀬戸内高校と球史に残る死闘を繰り広げた。延長15回両者1歩も譲らず0対0の引き分け再試合になった。再試合では1点を失うも完投したがその1点が決勝点になってしまった。

出典:http://matome.naver.jp (2142836942820067701_8)

<!–

–>

守護神として活躍

甲子園に出場していないのにも関わらず、第26回AAA世界野球選手権大会日本代表に選出されたそうそうたる顔ぶれだった。高校時代は東の松井西の田口と言われる程、左腕投手として有名だった。東の松井とは現在東北楽天ゴールデンイーグルスの守護神として活躍する、松井裕樹投手である。第26回AAA世界野球選手権大会日本代表で顔を揃えた。

<!–

–>

田口麗斗若手ナンバー1成長株!!

読売ジャイアンツの若手をヤングジャイアンツと呼ぶ事が多いがそのヤングジャイアンツの中で1番の成長株で出世株が田口麗斗投手である。これ以上ないくらいの活躍を今年は見せている。このままいけば昨年マークした数字を塗り替えキャリアハイになるのは確実な状況。このままの活躍で行けば来季の年俸は倍増の1億円は間違いない。大苦戦を強いられているチームの中で大幅アップ組み。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp (2142836942820067701_9)

<!–

–>

タイトル取得

タイトルも取れば本来なら3倍増と行きたい所だが、今年の順位だと3倍増は難しい。良くて2.5倍増の1億2500万円。ここまで。今年はこれ以上は無理。そうは言っても21歳の若手選手がこれだけの給料を手にする可能性があるのだから、プロ野球選手は本当に夢のある職業である。成功するのは一握りの選手ではあるが、成功すれば収入は大きい。

<!–

–>

田口麗斗2年連続二桁勝利達成へ!!

正にここが田口麗斗投手が必ず達成しなければいけない数字である。二桁勝利達成は今シーズン必達しなければいけない数字。チームがこれだけ停滞する中、何とか起爆剤にしたい所。今の読売ジャイアンツの投手で勝ちが期待できるのは、菅野智之投手と田口麗斗投手の2人だけである。それ以外の投手が投げて見ないと全く分からない状態で何点リードがあっても安心出来ない状態。

<!–

–>

チームの戦力へ

その点、田口麗斗投手は勝ちが十分計算出来る投手。絶対的エースの菅野智之投手と右と左のエースを担っている。プロ野球の世界は食うか食われるか?どんなに華やかな実績がある投手でも試合で投げられなければ意味がない。しっかりマウンドに上がらないといけない。その点、田口麗斗投手はここまで故障らしい故障もしないでしっかりとチームの戦力になっている。

<!–

–>
後はこの活躍を継続的するだけで、それさえできれば文句なしで読売ジャイアンツの左のエースになる。

スポンサーリンク

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA