美馬学(楽天)抜群のコントロール今シーズン絶好調!!2013年日本シリーズMVP

スポンサーリンク

美馬学選手は、169センチとプロ野球選手としては小柄ながら最速153キロのストレートにカーブ・スライダー・フォーク・シュートを投げる。非常にコントロールが良く、フォアボールが非常に少ないプロ入り後、二桁勝利はないが、今年は故障なく順調に行けば初の2桁勝利は確定的。この2桁勝利を機に上昇気流に乗りたい。

出典:http://www.tokyo-np.co.jp (2138347866283502501_4)

<!–

–>
中学時代に横綱の稀勢の里と対戦した事がある。かなりの巨漢と線の細い美馬学投手との対決だった。稀勢の里は相撲が本業なので野球は応援で参加したような形。嵌れば一発長打が打てる稀勢の里はかなり威圧感があったはず。当然、その後大相撲に稀勢の里が進み横綱まで登り詰める事など当時は予想も出来なかったはず。

スポンサーリンク

2013年東北楽天ゴールデンイーグルス対読売ジャイアンツの日本シリーズではMVPに輝いている。この年24勝0敗1Sの田中将大投手が唯一この年敗戦投手になったのが日本シリーズ第6戦。ここで五分の3勝3敗で、7戦目で登板し巨人打線を封じ日本シリーズ2勝目を挙げ、東北楽天ゴールデンイーグルスの初の日本一に貢献

今まで、二桁勝利がないのが不思議な位の良い投手で、今年は悲願の二桁勝利を達成しそうだ。ようやくと言う感じだが、ここを境に今後は毎年2桁勝利を挙げられるようにならなければいけない。今年だけでは意味がなく、しっかりと、来年以降も今年の感触を忘れないで欲しい。

とにかくコントロールが良い投手なだけに、ストライクとボールの出し入れで勝負できる投手。ストライクからボールになる球で勝負が出来る。コーナーの四隅を突く事が出来るので、投球の幅が広がる。とにかくフォアボールが少ない投手。フォアボールが少ない投手と言うのは非常にアドバンテージになっている。

美馬学選手プロフィール

1986年9月19日
茨城県出身
藤代高校→中央大学→東京ガス
甲子園出場歴アリ
2010年ドラフト2位
年俸5000万円
東北楽天ゴールデンイーグルス所属

美馬学抜群のコントロール

今年は7月4日現在、96イニングを投げてフォアオールは僅か16個である。フォアボールで崩れる事が先ずない投手である。10試合9イニングを投げてフォアボールは10個程度なので、1試合でフォアボールは出しても1個。2個出すと多いと言う事になる。非常にコントロールに関しては長けている投手である。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp (2138347866283502501_37)

<!–

–>

コントロールが良い

投手にとってコントロールは命とも言える。その生命線のコントロールがここまで良い投手はそんなにいない。非常にコントロールが良いので、相手打線に的を絞らせない投球が出来る。しかし、ここまで二桁勝利がないのは本当に不思議な投手。今シーズンようやく二桁勝利達成となる可能性が高い。

美馬学今シーズン絶好調!!

先述の通り、今シーズンは絶好調。とにかく抜群のコントロールでここまで7勝。残り試合を考えれば二桁勝利は間違いない。故障をしない限り、初の二桁勝利を達成する。本人に取っても二桁勝利と9勝とではかなりの差。雲泥の差と言える。気持ち的にも二桁勝つのと9勝止まりでは大きく違う。

ピッチングの幅が広い

自信に繋がる2桁勝利。これを達成出来れば非常に大きい。かなり投手としては自信になるのは間違いない。二桁勝利は選手の心を大きくする。自然とピッチングの幅が広がっていく。投球のリズムも良くなるので守備につく野手陣にも良い影響を与える。いい影響は与えても悪い影響を与える事はない。リズム感が出る。

そうなると野手の動きも自然と良くなってくる。自然と守備範囲が広くなるのでアウトになる確率が高くなる。飛躍的にアウトになる打球が増える。これを野手にしてもらうためには、テンポの良い投球をしなければいけない。美馬学投手はそれが出来る投手なので、ここはしっかりテンポ良くなげれば野手の動きも良くなり、打ち取る範囲が広くなる。

美馬学2013年日本シリーズMVP

2013年、東北楽天ゴールデンイーグルスは悲願のリーグ優勝を果たしクライマックスシリーズもしっかり勝ち抜き、日本シリーズにコマを進めた。この年は田中将大投手が驚異の24勝0敗1Sという神がかり的な活躍をした年。文句なしでパリーグMVP選出されるなど、投手タイトルを総なめにした。それ程、凄まじい活躍だった。

出典:http://www.nikkansports.com (2138347866283502501_43)

<!–

–>
何せ1人で貯金を24個も作ってしまうのだから、相手チームからしたらお手上げ状態。1人で24個も貯金を作る事は近代野球ではありえない数字で、驚異的としか言いようがない。この年の日本シリーズの相手は読売ジャイアンツ。相手に取って不足はない。闘将星野仙一監督だったので読売ジャイアンツが相手で燃えない訳がない。

あれから4年

日本シリーズでも東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一に輝いた場合は田中将大投手がMVPの最有力候補と見られていたが、6戦目で読売ジャイアンツが逆襲して、田中将大投手に執念で負けをつけさせ、最終7戦目にもつれこんだ。ここで巨人打線を翻弄したのが美馬学投手。日本シリーズで2勝を挙げ、日本シリーズのMVPに輝いた。あれから4年成長した美馬学選手が進化を遂げる。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA