長野久義(巨人ジャイアンツ)究極のオープンスタンス!?守備でも強肩!!妻は下平さやか!?

スポンサーリンク

長野久義選手は、巨人入りを熱望し、2006年日本ハムから4位指名されるも入団を拒否、2008年千葉ロッテマリーンズが2位指名も入団を拒否。2009年読売ジャイアンツが、ドラフト1位単独指名し、相思相愛となりようやく読売ジャイアンツへ入団となった。

出典:http://read2ch.com (2133691590163688101_0)

<!–

–>
読売ジャイアンツの指名を待っている間に社会人野球で技術が更に向上し、プロ野球選手としての礎を築きあげた。非常に守備範囲も広く強肩の為、セカンドランナーは正面の当たりだと足の速いランナーでも本塁突入をサードコーチャーは躊躇する。ノーバウンド返球が来て、本塁突入をはかった、ランナーを度々刺している。

スポンサーリンク

長野久義選手プロフィール

1984年12月6日
佐賀県出身
Hondaからプロへ最終学歴は日本大学卒
年俸2億2500万円
2009年ドラフト1位
甲子園出場歴なし
読売ジャイアンツ所属

長野久義究極のオープンスタンス!?

長野久義選手はホームベースからかなり離れた所で独特のオープンスタンスで構えています。大学時代、外角のスライダーに手を出す癖がありそれを克服するために、今のスタンスがあります。

出典:http://www.sanspo.com (2133691590163688101_1)

<!–

–>
内角の球が長野久義選手の場合ど真ん中のボールになります。外角は見極めることが出来、手が届かない所はボールなので、このスタンスにしてから飛躍的に打率が上がりました。

極端なオープンスタンス

プロ野球の世界では色んな選手がいますが長野久義選手の様な極端なオープンスタンスの選手は外国人選手を含めても長野久義選手ただ一人です。かなり独特の構えです。

出典:http://blog.goo.ne.jp (2133691590163688101_2)

<!–

–>

ライトヒッティング

ホームベースからかなり離れて立っている為、外角の球に弱い印象がありますが、しっかり踏み込み強引に引っ張らず、ライトヒッティングをします。調子が悪い時は引っ張り内野ゴロになります。

出典:http://yakiusoku.blog.fc2.com (2133691590163688101_3)

<!–

–>
1年目は新人王を獲得。2年目は首位打者のタイトルを獲得。3年目は最多安打のタイトルをチームメイトの坂本勇人選手と分け合いました。以降も今日に至るまで、読売ジャイアンツの中心選手として活躍し、数多くの殊勲打を放っています。非常にバッティングセンスの良いバッターで、ツボに嵌れば長打も打てます。

アベレージが残せるバッター

典型的な中距離バッターです。そしてアベレージが残せるバッターです。その証拠に2年目には首位打者に輝いています。3年目は最多安打もマークしています。

故障が少し多いのが気になりますが、プレー中の故障が多いので致し方ない部分もあります。しっかり準備運動などはサボらずこなす選手なので、試合中の故障は防ぎたくても防げず、不可抗力です。

長野久義守備でも強肩!!

長野久義選手は非常に肩が強いです。基本的にライトを守る事が多く、ライト前ヒットだと、セカンドランナーを回すかどうかは3塁コーチャーが躊躇します。一瞬の判断が明暗を分けます。

出典:http://sportiva.shueisha.co.jp (2133691590163688101_5)

<!–

–>
基本的にストライク返球がかえってくるので、余程俊足のランナー以外は3塁ストップです。強肩と言うのはプロ野球選手の中でも大きな武器になっています。

ライトの安定感

様々なタイプの強肩の選手がいますが、長野久義選手の場合はライトを守る事が多いので1番バックホームしやすい角度です。センターからもバックホームでランナーを刺していますが、やはりライトの方が安定感は光ります。

強肩強打が売りの長野久義選手。強肩も売りですが、守備範囲も広いです。打球に対しての反応が鋭く、素早く落下地点に回り込みます。落下地点に素早く回り込むことでヒット性の当たりを凡打に変えてしまうので投手は非常に楽です。

出典:http://www.giants.jp (2133691590163688101_6)

<!–

–>
足も速いので如何にも外野手向きの選手です。フェンスに激突し怪我をする事が何度かありましたが、それでも臆する事無く、フェンス際の難しい打球を冷静沈着に処理します。この辺りが長野久義選手の守備面での持ち味です。

フェンス際の打球もしっかりと処理

通常フェンスに激突して怪我を経験していると自然とフェンス際の打球に対して消極的になりがちですが、長野久義選手の場合は常にアグレッシブで、積極果敢にフェンス際の打球もしっかりと処理します。

出典:http://digishot.exblog.jp (2133691590163688101_8)

<!–

–>
また、ツーベース性の当たりを素早く回り込みヒットに抑えてしまう、打球に対しての反応の良さと強肩を持ち合わせています。ツーベースとシングルヒットでは投手の負担は大きく違ってきます。この辺りもチームに貢献しています。

長野久義妻は下平さやか!?

長野久義選手の妻はテレビ朝日アナウンサーの下平さやかアナウンサーです。年来は下平さやかアナウンサーの方が10歳年上の姉さん女房です。プロ野球選手とアナウンサーの結婚は本当に多いですね。

出典:http://digishot.exblog.jp (2133691590163688101_9)

<!–

–>

下平さやかアナウンサー

下平さやかアナウンサーは特にスポーツを近年担当していないので、現場で長野久義選手と知り合ったと言う訳ではないので、今までのプロ野球選手と女子アナウンサーの結婚のケースとは少し異なります。

長野久義選手も良い姉さん女房をもらった事で、成績が下がらないように頑張らないといけません。今年で結婚2年目を迎えます。2人には末永く幸せでいて欲しいですね。長野久義選手は男気溢れる選手なのでどんな時も守ってくれる事でしょう。

長野久義選手画像

出典:http://www.zakzak.co.jp (2133691590163688101_4)

<!–

–>

出典:http://blogs.yahoo.co.jp (2133691590163688101_7)

<!–

–>

スポンサーリンク

1 2 3

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA