バレンティン(ヤクルトスワローズ)スカウトは好打と強肩を買った!?規定打席未到達で本塁打王!!シーズン本塁打記録更新!

スポンサーリンク

出典:http://livedoor.blogimg.jp (2137926843550423901_10)

<!–

–>

出典:http://i.imgur.com (2137926843550423901_11)

<!–

スポンサーリンク

–>

出典:http://www.sanspo.com (2137762854091475201_1)

<!–

–>

出典:http://digishot.exblog.jp (2137762854091475201_9)

<!–

–>

出典:http://zenback.itmedia.co.jp (2137762854091475201_15)

<!–

–>

出典:http://tomotaroukun.blog116.fc2.com (2137762854091475201_25)

<!–

–>

ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が27日、中日19回戦(神宮)の七回に今季50号本塁打を放った。

<!–

–>

シーズン50本塁打の達成は2003年のローズ(近鉄)カブレラ(西武)以来10年ぶり

<!–

–>

チーム111試合目での50号到達はプロ野球史上最も速い記録

<!–

–>

序盤は故障で離脱していたため、出場試合なら98試合目という異次元の量産ペース

<!–

–>

月間16本塁打のプロ野球記録にも並んだ。

<!–

–>

111試合時点で50発は144試合に換算すると65発ペース。記録更新の可能性がますます高まってきた。

<!–

–>

<!–

–>

「狙っていたボールではなかったが、自分でもびっくりするくらいうまく対応できた。チームが苦しい展開の中で打つことできてよかった」

<!–

–>

「自分のスイングができた。いいスイングだった」

<!–

–>

<!–

–>

「バットがコンパクトに出るようになったと感じますね。すごいと思います」。

<!–

–>

「出ている以上、一生懸命やってもらわないと。打つだけという姿勢に見えてしまう」と引き締めを求めた。

<!–

–>

伊勢ヒッティングコーディネーターは「10試合くらい残していくやろう。パワーはローズの比ではない」

<!–

–>

「またもや妨害に遭って、達成できないのではないか?」という意味で注目を集めている

<!–

–>

バースが王監督時代の読売巨人軍に、ローズとカブレラは王監督時代の福岡ダイエーホークスに、すべての打席で敬遠され、打たせてもらえなかった

<!–

–>

「相手があること。勝負をしてくれるかどうか」と気になる言葉も漏れた。

<!–

–>

注目されるのが「王選手超え」の壁です。「この記録は破らせない」。日本の野球界にそんな暗黙の合意があるのではないか、との見方が昔からあります。

<!–

–>

最終戦を前に「記録達成は無理だろう、私はガイジン(外人)だから」と語っていた。

<!–

–>

「王・長嶋(茂雄)は野球の象徴。いずれ彼(=ローズ)はアメリカに帰るのだから、オレたちが配慮して監督の記録を守らなければいけない」と発言

<!–

–>

王氏はスポーツ報知の取材に「おれは一切、選手に任せている。勝負を避けろ、というのは一切ない」と断言していた。

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

スポンサーリンク

1 2 3

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA