山崎康晃(横浜ベイスターズ)横浜のクローザー!!康晃ジャンプ!?独身?

スポンサーリンク

出典:http://prcm.jp (2143529745145025301_7)

<!–

–>

出典:http://prcm.jp (2143529745145025301_8)

<!–

スポンサーリンク

–>

出典:http://www.iza.ne.jp (2143529745145025301_19)

<!–

–>

マウンドでは強気な投球が売りの山崎だが、ファンへの対応はものすごく優しい。5月20日、神宮球場でのヤクルト戦前、練習場からクラブハウスへ向かう途中で山崎はファンに囲まれ、続々とサインを申し込まれていた。

 山崎はサインや写真を一度も断ることなく、すべての人に「ありがとうございますー」と笑顔で対応。売店のオバちゃんに声をかけられても、「応援してくださいー」と気さくだった。

<!–

–>

ファンが「さっき撮った写真がぶれていたので、もう一度取り直してもらっていいですか?」と聞いても、「いいですよー」と快く対応。関係者が「17時からミーティングだから」と急かすまで、丁寧すぎるほど丁寧にファンに対応していた。

<!–

–>

山崎は、時間がなくなった後も、すべての人ときちんと握手をし、最後はファンの向けたカメラに対して、サムアップポーズを取った。

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

昨年10月のドラフト会議で有原航平(北海道日本ハム)の外れ1位として指名され、阪神との競合の末にDeNAに入団した。

<!–

–>

日本人の父とフィリピン人の母を両親に持つハーフ。

<!–

–>

ルーキーながら守護神に任命された22歳右腕・山崎康晃。

<!–

–>

3月28日の巨人戦でプロ初登板を果たすと、同31日の広島戦でプロ初セーブ。

<!–

–>

交流戦前までにセ・リーグトップの17セーブを挙げ、新人のセーブ記録も次々と塗り替えている。

<!–

–>

180センチを超す大男たちが並ぶプロ野球界にあって、身長177センチの山崎は「小柄」な部類に入る。

<!–

–>

伝説の“大魔神”佐々木主浩氏が身長190センチ、98キロだったのに比べ、線の細さは否めない。

<!–

–>

キヨシ監督は「大魔神に近い雰囲気が出てきた」と、日米通算381セーブの佐々木主浩氏を引き合いに絶賛

<!–

–>

本人もヒーローインタビューで公言していた“小さな大魔神”へ、着々と歩みを進めている。

<!–

–>

人一倍の母親思いだ。山崎が小学校3年時に両親は離婚し、母のベリアさんが一人で朝早くから深夜まで工場や飲食店で働いて育ててきた。

<!–

–>

女手1つで育ててくれたフィリピン出身の母・ベリアさん(45)の「人生は楽しい。だから笑顔でいなさい」との教えを守り、爽やかな笑みを絶やさない。

<!–

–>

絶対おっかさんを幸せにするっていう強い気持ちをもってプロ入りしている。

<!–

–>

ファンサービスにはできる限り協力し、取材対応でも笑顔を絶やさない。

<!–

–>

山崎はサインや写真を一度も断ることなく、すべての人に「ありがとうございますー」と笑顔で対応。

<!–

–>

この光景を目の当たりにしたファンからは、「神対応」の声が上がっていた。

<!–

–>

24日・阪神戦で上本の頭部に死球を与え危険球退場となった。

<!–

–>

試合後、三塁側の阪神ロッカー室へ直接謝罪に向かった山崎康は「力んでしまいました。上本さんには本当に申し訳ないことをしてしまった」と沈痛な面持ちだった。

<!–

–>

試合直後に出来なかった上本への謝罪は、三浦の携帯電話を介して直接伝えることができた。「『こっちこそ、ごめんな』と言っていただいて。お互い次は晴れた気持ちで対戦出来るように、頑張らないといけないと思った」と、気遣いに感謝した。

<!–

–>

シーズン前、山崎が掲げた目標は「新人王」。セーブ数が増えるのと同時に、その目標も近づいてくる。

<!–

–>

山崎がDeNAのクローザーとして君臨している限り、この快進撃はまだまだ続くだろう。

<!–

–>

横浜DeNAの救世主、山崎の勢いは止まりそうにない。

<!–

–>

東京・帝京高の2年夏と3年春に甲子園で8強入り。150キロ前後のストレートを武器に、亜大3年時の日米大学野球選手権で最優秀投手賞を獲得した。

<!–

–>

最速151キロ、球種はスライダー、ツーシーム、カーブ、ナックルを操り、スタミナも抜群で先発完投タイプの実力派。

<!–

–>

横浜DeNAは早稲田大学の有原航平投手を1位で指名。 広島・阪神・日本ハムと競合、くじ抽選の結果、日本ハムが交渉権を得た。その後亜細亜大の山崎康晃投手を指名、阪神と競合、くじ抽選の結果交渉権を得た。

<!–

–>

DeNAの守護神候補、三上朋也投手(25)が右肘の張りを訴え、実戦登板のメドが立っていないことが27日、分かった。

<!–

–>

その後「右肘筋肉の炎症」と診断され、現在もノースローで調整中。開幕1軍は絶望的。

<!–

–>

抑え候補:新外国人助っ人として獲得してきたヨスランエレラ投手はオープン戦はピリッとしない成績。

<!–

–>

国吉は相変わらず投げてみないとわからない。

<!–

–>

中畑清監督が「ちょっとわからないピッチャー。先発するとたいしたボールを放らない。こいつダメだなと思って短いイニングで放らせると、とんでもなくいいボールを放る。なんで使い分けているんだ?」と“公開質問”した。

<!–

–>

新人の山崎康がファンの前でストッパーを直訴した。「厳しいところで投げるのが好き。抑えをやりたいです」。

<!–

–>

ドラフト1位の山崎康と掛け合い。ベンチ裏の生々しい雰囲気をファンへ伝えるように「抑えやりたいのか?」と問いかけた。山崎康も即答し、キャンプから固定できなかった守護神も“公開指名”で決定。

<!–

–>

神宮大会での山崎の投球には、目を見張るものがあった。メンタルが安定しており、「絶対に打ち取る」という気迫が前面に出ていた。クローザーとしてイニングまたぎもたくましくこなし、リーグ戦よりも充実した内容だった。

<!–

–>

大学日本代表として日米大学選手権に出場し、救援で4試合(計6回)を無失点に抑えて最優秀投手賞を受賞。

<!–

–>

代表で2年間、抑えを任せた山崎康晃(亜大)は、とにかく打者に向かっていく姿勢がいい。短いイニングでの集中力は素晴らしいものがある。

<!–

–>

150km/hの速球を外角低めにコントロールできる投手で、リリーフでは抜群の安定感を見せるが、先発すると変化球が多くなり、特に今年はナックルを始め緩いボールも駆使しようとしていたが内容はリリーフよりも落ちるため、リリーフでの適正があると評価されている。

<!–

–>

山崎は先発・抑えをこなせる投手で、抑え投手としての適性が高い。現在、横浜DeNAのクローザーは三上 朋也だが、山崎もセットアッパークラスの役割を任されることになるだろう。

<!–

–>

DeNAのドラフト1位指名を受けた山崎康晃君は母と姉の3人家族。母・ベリアさんは19歳にフィリピンから来日、母親一人で子供2人を育て上げました。

<!–

–>

母・ベリアさんは日本語を学ぶために19歳で来日し、母国で国の仕事に就くはずだった。日本人男性と恋に落ち2人の子どもを出産。康晃は小学1年生で野球を始めたが小学3年の時に両親が離婚。ベリアさんは康晃の「野球を続けられる?」の一言で帰国せず日本で生きていく決意を固めた。

<!–

–>

夕方5時まで工場に勤務し深夜まで飲食店に勤務。康晃は母の仕事が原因で謂れのないいじめを受けた事もあった。

<!–

–>

母が昼夜問わず働いていたのですが、その姿を見て、プロ野球選手になって母を幸せにすると決めて、今まで必死に練習してきたんだそうです。

<!–

–>

速球は最速151km/hで、ツーシームを投げることもでき、変化球はカーブ、ナックルボールなどを使う。

<!–

–>

「最初に投げたのがナックル。一番しっくりきましたね」。初めて硬球を持った帝京高時代に習得。亜大でも1試合に3球程度は使っていた。握りは2種類で球速も100キロと140キロ前後。「あまり打たれてないと思います」と胸を張った。

<!–

–>

本人も“開幕からストッパーとして活躍します”とファンに堂々と公言。いいじゃないですかこの度胸!打たれてもいいから、へこたれずガンガン強気で投げて行ってもらいたいです。

<!–

–>

試合後、ヒーローインタビューのお立ち台に上がった山崎康は「とても勢いのあるカープ打線。すごく緊張してマウンドへ上がりました。今日の経験を生かして、今シーズンでしっかり“小さな大魔神”になります」とお立ち台で宣言した。

<!–

–>

記念ボールは「お母さんにプレゼントしたいと思います。ここまで一生懸命、育ててくれてありがとうございました!」とスタンドから見守ったベリアさん(44)に感謝した。

<!–

–>

4月28日から5月6日にかけて9連戦を戦ったチームが多い。ルーキーの山崎康晃(DeNA)が6セーブが両リーグのトップになっている。特に山崎は6試合に登板して6セーブ。1度も失点を与えない投球を見せた。

<!–

–>

山崎康晃投手は、1回を無安打無失点に抑え、試合を締めた。これで9試合連続セーブとし、プロ野球新人投手の最多記録とした。

<!–

–>

小さな大魔神ことDeNA山崎康晃投手(22)が、マツダオールスターゲーム2015ファン投票で、新人投手としては球団史上初めて選出された。抑えの新人としては90年の中日与田以来2人目となるファン投票トップだ。

<!–

–>

DeNAの山崎康晃投手(22)が18日、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦で今季31セーブ目を挙げ、90年に中日・与田がマークしたプロ野球新人最多記録に並んだ。

<!–

–>

DeNAの山崎康晃投手(22)が今季32セーブ目を挙げて、1990年の与田剛(中日)がつくった新人のプロ野球最多記録を更新。2-1の九回に登板し、三者凡退で試合を締めた。

<!–

–>

ウイニングボールは「本当は石田健大に渡したいんですけど…」と、6回1失点で2勝目を挙げた同期・石田への労いも見せつつも、「記念のボールなのでお母さんに渡したいと思います。

<!–

–>

12日のドミニカ共和国戦でプレミア12初登板を果たし、3者凡退で好発進。同大会終了後に迎えるオフ期間も時間を有意義に活用し己を高める。

<!–

–>

プロ野球の新人記録となる37セーブを挙げた山崎康も、救援陣の一角として計3試合を無失点。「選ばれた選手、チームの中でプレーできた。財産になると思うし、この経験を力に変えていきたい」と声を弾ませた。

<!–

–>

<!–

–>

<!–

–>

スポンサーリンク

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA