藤浪晋太郎(阪神タイガース)甲子園春夏連覇!最速160キロのキャノンボール!!大谷世代!!

スポンサーリンク

藤浪晋太郎投手は、英語が得意で英検準2級を持っている。大阪桐蔭高校でも進学コースを選ぼうとしたが、野球部は全員芸能体育コースに入らないといけない為、仕方なく進路変更をした。2年春からエース投手となった。

3年の春に優勝。夏にも優勝春夏連覇を達成した。夏の甲子園決勝では光星学院を相手に剛腕が唸りを上げ、最速153キロを計時決勝史上最速のスピードを記録。史上7校目の春夏連覇に大きく貢献した。

出典:http://prcm.jp (2135245984136944001_1)

<!–

スポンサーリンク

–>
子供の頃は読売ジャイアンツのファンだった。ドラフト会議では阪神タイガース・東京ヤクルトスワローズ・千葉ロッテマリーンズ・オリックスバファローズの4球団が競合し、阪神タイガースが交渉権を獲得した。

藤浪晋太郎プロフィール

大阪府出身
大阪桐蔭高校卒
甲子園出場歴アリ(春夏連覇)
2012年ドラフト1位
年俸1億6000万円
阪神タイガース所属

藤浪晋太郎甲子園春夏連覇!!

「浪速のダルビッシュ」の異名で高校時代は名をはせた。1年秋からベンチ入り。2年からはエースになった。3年春の選抜甲子園では、史上初の全5試合150キロ超えを記録し。選抜優勝に大きく貢献した。

出典:http://www.sanspo.com (2135245984136944001_2)

<!–

–>
夏の甲子園大会でも大阪府予選を力の違いで他校を圧倒し、1枚しかない甲子園の切符を手にした。春夏連覇がかかる夏の甲子園では、準決勝・決勝と完封し、20年振りの快挙達成となった。また決勝では153キロを計時し、決勝の最速スピードを記録した。

超高校級レベル

76回 防御率1.07・90奪三振が甲子園での通算成績で、イニングより多い三振を奪っている。超高校級レベルの投手として、プロのスカウトからかなり注目されていた。12球団のスカウトが足を運んだ。10年に1人の逸材と言われていた。

出典:http://www.47news.jp (2135245984136944001_5)

<!–

–>
甲子園では数々の伝説を作った藤浪晋太郎投手。後に思い出の地甲子園を本拠地にする阪神タイガースに入団する事になるが、まだ夏の甲子園が終わった段階ではどこのチームが1位指名をするかは不透明な状況であった。

破格の条件で契約に合意

即戦力ルーキーとして大きな期待をかけられていた。最終的には4球団が1位指名し抽選の結果・阪神タイガースが交渉権を獲得し、契約金1億円。出来高5000万円。年俸1500万円の破格の条件で契約に合意し、阪神タイガースに入団した。

新人年俸の1500万円は上限で1500万円は即戦力で期待していると言う阪神タイガースサイドの期待値が込められていた。高卒で1500万円は即戦力を意味する金額であり、契約金・出来高ともに上限金額だった。

藤浪晋太郎最速160キロのキャノンボール!!

プロ入りして3年連続2桁勝利を挙げ、ローテーションの一角をもなっており、年々ストレートの威力が増し、昨年は最速160キロをマークした。

出典:http://www.hb-nippon.com (2135245984136944001_4)

<!–

–>

投げ下ろすストレート

197センチの長身から投げ下ろすストレートは威力抜群。海千山千のプロ野球の選手たちもバットが空を切った。超大物新人の肩書通りの活躍を1年目から見せた。

高卒新人で開幕3戦目での登板は、松坂大輔・涌井秀章の4戦目を塗り替える高卒新人最短登板となった。開幕カードの3戦目での登板6回3安打・2失点(自責点1)奪三振7と高卒新人としては堂々たる最初のマウンドだったが援護がなく敗戦投手となった。

2度目先発登板となった横浜戦では6回無失点でプロ入り初勝利を甲子園球場で挙げた。1年目は10勝6敗と2桁勝利を挙げたが、僅かに規定投球回数に届かなかった。防御率は2.75と高卒新人ルーキーとしては十分すぎる成績だった。

出典:http://www.nikkansports.com (2135245984136944001_6)

<!–

–>

最多奪三振のタイトル

2年目は11勝。3年目は14勝。221個の三振を奪い最多奪三振のタイトルをプロ入り3年目で獲得した。常時150キロ以上を計時し、そこにスライダーフォークを投げ分ける。

長身から同じ振りで、変化球を投げるので、バッターは最後まで変化球かストレートか分からない。非常に打ちにくい投手。しかし、昨年は4年連続2桁勝利を逃してしまった。今年は巻き返しに燃えている。

今シーズンは昨年の借りを返すべく気迫のピッチングで、巻き返しをはかりたいところだが、故障もあり、勝ち星は多くない。故障を完治させるのが先。

藤浪晋太郎・大谷世代!!

黄金の大谷世代。大谷翔平選手を始め、広島東洋カープの若き4番鈴木誠也選手、そして藤浪晋太郎投手も勿論含まれている。この3人は第一線で活躍しているが、1番体が強いのは広島東洋カープの若き4番鈴木誠也選手。

出典:http://sky.geocities.yahoo.co.jp (2135245984136944001_3)

<!–

–>

故障をしない事

故障しないと言うのが1番プロ野球の選手としては非常に重要。故障をしてしまったら、どんなに凄い選手でも故障をしていたら、試合に出る事が出来ない。故障をしない事がプロ野球選手として成功する1番の秘訣とも言える。

藤浪晋太郎投手も故障には強いほうだったが、今シーズンは上手くいっていない。如何に毎年活躍するのが難しいのかが、分かる。大谷翔平選手も故障した今年。藤浪晋太郎投手も故障。鈴木誠也選手だけが故障をしていない。

出典:http://prcm.jp (2135245984136944001_7)

<!–

–>

エースピッチャー

阪神タイガースに取って藤浪晋太郎投手は優勝には欠かせない投手。エースピッチャーになってもらわないと困る存在の選手。今年はあまり無理せず来季勝負でもいいかも知れない。

藤浪晋太郎 選手画像

出典:http://sportiva.shueisha.co.jp (2135245984136944001_8)

<!–

–>

出典:http://www.tadijanovic.com (2135245984136944001_9)

<!–

–>

出典:http://www.sanspo.com (2135245984136944001_10)

<!–

–>

スポンサーリンク

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA