129497roomの記事一覧

  1. 山崎康晃投手は帝京高校→亜細亜大学と野球のエリート街道を進み高校では甲子園出場を果たし、大学では優勝を経験。高校卒業後はプロ転向を考えていたものの、どこの球団から指名がなく、亜細亜大学に進学。 着実にキャリア・アップをして、ドラフト1…

  2. 岩瀬仁紀投手は入団1年目に10勝・防御率1.57と普通の年なら間違いなく新人王に輝く成績を上げたが、読売ジャイアンツの上原浩治投手が20勝を挙げた為、新人王を逃した。 運が悪いとしかいいようがない。20勝を新人で挙げる投手は近年ではい…

  3. 藤浪晋太郎投手は、英語が得意で英検準2級を持っている。大阪桐蔭高校でも進学コースを選ぼうとしたが、野球部は全員芸能体育コースに入らないといけない為、仕方なく進路変更をした。2年春からエース投手となった。 3年の春に優勝。夏にも優勝春夏…

  4. 阿部慎之助選手は、安田学園から中央大学に進み、レベルアップをはかる。ドラフトの目玉選手だった。読売ジャイアンツを逆指名した。後に契約金を大きく超える10億円契約をしていた事が判明するも、球団も阿部慎之助選手もお咎めなし。 …

  5. 茂木栄五郎選手は、高校は神奈川県の強豪校桐蔭学園高校に進学。しかし、茂木栄五郎選手は高校3年間で甲子園出場は果てしない。3年間の神奈川県は非常にレベルの高い高校が神奈川県には集まっていた。神奈川県予選が全国で1番し烈と言われている通り、茂木…

  6. 秋山翔吾選手は、高校時代は無名の選手だった。八戸大学で素質が開花する。大学1年からレギュラーでベストナインを春秋ベストナインに選出された。4年の時は、4番に座り、首位打者・最多打点・ベストナイン・優秀選手賞の4冠に輝き、プロ注目の選手になっ…

  7. 福浦和也選手は、千葉ロッテマリーンズ一筋のフランチャイズプレーヤーである。千葉ロッテマリーンズを愛し、ファンからも絶大な人気で愛される選手。2000本安打まで全盛期なら余裕で、今シーズン中に達成できる数字だが、現在はレギュラーでは代打やたま…

  8. 今では、北海道日本ハムファイターズの主砲になった中田翔選手。高校時代から、長打力はずば抜けたものがあり、推定飛距離170Mと言うとてつもない大アーチを高校時代放っている。 出典:http://happpy777.wp-…

  9. 内川聖一選手は、究極のクラッチヒッターと言える。とにかくヒットをいとも簡単に放つ。大体どんなバッターでも弱点はあるものだが、内川聖一選手の場合殆ど穴がない。内角は強烈に引っ張り、外角はキレイな流し打ちをする。走力はそれ程ないので内野安打はそ…

  10. 平野佳寿投手は即戦力ルーキーとして入団1年目から非常に大きな期待をされていました。1年目は新人王を目指すも負けが先行してしまい新人王を逃す。しばらくは先発投手として起用されていました。しかし、2010年からはセットアッパーに転向し。チームの…

RETURN TOP