129497roomの記事一覧

  1. 牧田和久選手は、埼玉西武ライオンズの投手のなかで、牧田和久投手は非常に使い勝手が良く非常に重宝されている。先発でも抑えも中継ぎもOK。どの場面で登板してもきっちり仕事をしてくれるので非常に大きい。十分自分の役割をそのシーン事に自覚している投…

  2. 井口資仁選手は、高校時代は甲子園出場歴なし。青山学院大学に進学し、大学時代に打撃が覚醒する。東都大学リーグで、初の三冠王に輝いた。東都大学リーグ史上初めての三冠王で未だ、三冠王になったのは井口資仁選手だけ。東都大学リーグの記録に燦然と輝いて…

  3. 斎藤佑樹投手は、甲子園の優勝投手であり、汗をハンカチで拭くことからハンカチ王子の愛称で親しまれた。甲子園での駒大苫小牧戦の伝説の決勝戦がクローズアップされるが、そこに辿り着くまでが大変だった。早稲田実業学校は西東京に所属し、強豪校がひしめく…

  4. 今宮健太選手は、明豊高等学校時代、高いポテンシャルで1年からショートのレギュラーポジションを奪う。非常に肩が強く、高校生離れした、ショートの深い位置からノーステップでノーバン送球が出来る。非常に肩の強さは高校入学した時からずば抜けたものがあ…

  5. 川端慎吾選手はヤクルトスワローズの中でも人気は上から数えた方が早い人気選手。若い女性ファンが多い。ファンに対して優しく、子供のファンも多い。気さくにサインに応じてくれる。 神宮球場で試合がある日に、神宮の室内練習場からクラブハウスまで…

  6. 大瀬良大地投手は、高校時代は線の細い投手だったが、大学時代に様々トレーニングをした事によって体重が14キロも増えた。体重が増えた事で、球速も大幅にアップした。大学時代最速154キロをマークしている。 出典:http:/…

  7. 久保康友選手は高校3年の選抜甲子園では『平成の怪物』松坂大輔選手擁する横浜高校と決勝戦で激突。横浜高校の壁は厚く敗れた。尚、横浜高校はこの夏の甲子園大会も制し、史上7校目となる春夏制覇を達成している。 出典:htt…

  8. 平田良介選手は、大阪桐蔭高校では1年生からレギュラー。かなりの大所帯の大阪桐蔭においてその素質は高く評価されていた。同期に鳴り物入りで読売ジャイアンツに入団した辻内崇伸がいる。 ストレートが左腕で最速156キロをだした怪物左腕と騒がれ…

  9. 能見篤史投手は遅咲きのエース。軌道に乗ったのは5年目から、非常にリリースポイントが見えにくく、ストレート変化球が同じ軌道で来る。スライダーとチェンジアップを得意としており、スライダーは左打者には外に逃げていく球。 右バッターには鋭く食…

  10. 巨人は外国人選手を取るのが何故か下手なのですが、スコット・マシソン投手は久々に当たりを引き当てました。入団当初はコントロールにバラツキがありストレートは物凄く速いのですが、如何せんストライクが入りません。 出典:htt…

RETURN TOP