生田斗真はジャニーズの誰と同期?主演映画が1本公開済み!秋にはまた主演映画!

スポンサーリンク

SMAPやKinki や嵐など
人気のアイドルグループを
擁しているジャニーズ事務所。

そのジャニーズに所属しながら、
歌わず踊らず演技の世界で勝負をしている
異色のジャニーズ俳優の生田斗真さん。

多くいるジャニーズの中で
彼は誰と同期なのでしょうか?

スポンサーリンク

更には、2017年に主演映画1本が既に公開済みで
秋には再び主演映画の公開を控えていると、
絶好調な俳優の生田斗真さんを特集します!

生田斗真

生田斗真さんのプロフィール

名前:生田 斗真(いくた とうま)
生年月日:1984年10月2日
出身地:北海道室蘭市
血液型:A型
身長:175㎝
所属事務所:ジャニーズ事務所
職業:俳優

生田斗真はジャニーズの誰と同期?
1996年に、SMAPの大ファンだった母親が

「息子がジャニーズ事務所に入れば・・・
もしかしたらSMAPに会えるかも?」

という、ちょっと不純w?
な気持ちで勝手に事務所に履歴書を送ったことで合格し、
ジャニーズ事務所に入所したことになった生田斗真さん。

この年に入所した彼と
同期のアイドルは誰なんでしょうかね?

調べてみると、
凄すぎるメンバー揃いで驚きました!

松本潤さん/二宮和也さん/
相葉雅紀さん/渋谷すばるさん/
横山裕さん/村上信五さん/山下智久さんでした。

やばくないですかww?

嵐の3人に関ジャニ∞の3人。

更には山ピーが同期だなんて♡

なんて、黄金過ぎる同期なんでしょうか!

特に、山ピーに関しては
お互いに11歳の頃から仲良しで、
家族ぐるみでも交流があるほど
気心の知れた親友のようです♡

イケメンの山ピーと生田斗真さんが親友って
ちょっと想像するだけで、ご飯が3杯はいけそうです(;´∀`)♡

主演映画が公開済み!
2017年2月に公開された、
生田斗真さん主演の
映画「彼らが本気で編むときは、」。

“小学5年生のトモは、
荒れ放題の部屋で母と2人で生活していた。

しかしある日、母が男を追って急に
家を出て行ってしまい一人ぼっちになってしまった
トモは叔父であるマキオの家にやってくる。

母が家を出ていくのは今回が初めてではなかった。

でも、以前と何が違うというと、
マキオの家にリンコという美しい彼女が
一緒に生活していたことだった。

家族ではないけれど、
3人で生活している内に
トモの母になりたいと強く感じるようになってきた
リンコだったが、ある日トモの本当の母親が帰ってくる。”

主演の生田斗真さんは、
トモの叔父であるマキオを演じているんだな。

と、思われるかもしれませんが
実は今回彼が演じているのはなんと、リンコ。

えぇ?

リンコって美しい女性なんでしょ?

と驚きますよね。

実は、リンコって
トランジェスターの元男性なのです。

トランジェスターというのは、
性同一障害の一種で、
身体の性と心の性が一致しないが
外科的手術を望まない人の事を言います。

なので、リンコという人物の身体は
男性なのですが心は女性ということなのです。

本作品は、差別や育児放棄など
社会に潜む問題を定義している映画になっていて
公開前には大きな話題を集めました。

今回の映画ではかっこいい生田斗真はおらず、
美しい女性の心を持つリンコを演じている
生田斗真がそこにいるのです。

是非、ご覧ください。

生田斗真のこれまでのイメージが覆る作品です。

秋にはもう一作の主演映画が公開予定!
2017年10月28日公開予定の
生田斗真さん広瀬すずさんダブル主演の映画「先生!」。

1996年から2003年まで、
マーガレットで連載されていた
河原和音さんの漫画を実写化。

“高校生の島田響は今までに恋愛経験のない女の子。

そんな響の親友である千草恵は、
恋愛体質の女子で担任の関谷先生に片思い。

でも、恥ずかしいけど気持ちを伝えたいと決意し
響に関谷先生の下駄箱にラブレターを入れてくれるように頼む。

しかし、響は間違えて世界史の教師である
伊藤先生の下駄箱にラブレターを入れてしまい・・。

そこから始まる、響と伊藤先生の恋愛が始まる。”

このヒロインである響を、
今や映画に引っ張りだこの
大人気女優の広瀬すずさんが。

響と恋愛を始める世界史の教師である
伊藤先生を生田斗真さんが演じます。

よくある、少女漫画の教師×生徒の禁断の恋ではなく
響達の高校生のリアルな心情を描いていて、
奥深いちょっぴり切ない物語になっています。

あんまり、原作の伊藤先生のイメージはない
生田斗真さんですが映画オリジナルの
伊藤先生をどのように演じてくれるのかがとても注目です!

スポンサーリンク

関連記事

  1. 画像 永山絢斗
  2. 伊藤淳史さん
  3. 高橋一生
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA